ネットビジネス初心者が初報酬を得るまでのシンプルな流れを解説しました。

こんにちは、みさきです。

これからネットでアフィリエイトしたいんだけど〜稼ぎたいんだけど〜

どーしたらいいの?

という意見が多かったので、アフィリエイトで報酬を得るまでのカンタンな流れを紹介しますね

細かいことは省略してますが、だいたいこの流れでやっていけば小学生でも報酬を出すことはできますよ

 

 

とりあえず資金稼ぎをする

アルバイトで稼いでもいいですよ。

アルバイトかったるい!って場合はハピタスなどのポイントサイトで稼ぐのもアリです。

ハピタスでどうしたら稼げるのか?

ってのはこちらの記事で解説してます

リスクなし、お金も使わず一瞬でお金を稼ぎ、資金をつかみましょう

自分の(メディア)媒体作りましょう

ブログでも、メルマガでもSNSアカウントでもOKなので、とりあえず自分が言いたいことを言える媒体を作りましょう。

オススメはブログです

なぜ?

TwitterやFacebook、InstagramというSNSの場合、タイムラインが流れてしまって、過去の投稿を見返すのが面倒ですよね。

投稿している自分自身だって見にくいんだから、見てくれてる人は更に見にくい。

というわけで見られない。

なので、ブログメインで更新していって、補助的にSNS使うのがいいかなと思います。

とりあえずブログ作りましょう。ブログ。

お金がない人は無料ブログでもいいんだけど、本気で稼ごうと思っているのなら今すぐワードプレスやるべきです。

なんでかっていうと、無料ブログは使い勝手が悪いのと、無料ブログ運営会社の広告が勝手に載ったりして邪魔だからです。(特にアメブロ)

それに無料ブログの場合は、削除リスクがあるので、1年かけて作り込んだブログがある日突然削除みたいな危険性もあります。

怖いですよね。

だから自分の命綱であるブログはワードプレスで作りましょう。

ちなみにこのブログもワードプレスで作ってますけど、使い勝手いいし、見た目もおしゃれで好きです(笑)

運営していて気分が上がるのもワードプレスのメリット(笑)

 

 

 

ASPに登録。商品を紹介する環境を作る

ブログ記事をある程度作ったらASPというものに登録します。

ある程度?

最低でも5記事くらいです。

といっても、1つの記事あたり文字数が500文字くらいあったほうがいいですね。

10文字とか30文字の記事だと5つじゃ足りません。

とりあえず最低でも500文字くらい書いてる記事を最低5つはブログに書きましょう。

「そうか!じゃあコピペしよう!」

ってのはダメです(笑)

自分で書いた文章で最低500文字以上です。

どこかの誰かが書いているブログ記事の文章をコピーしてブログに貼るってのはナシでお願いします。

これはれっきとした「盗作」という犯罪になりますんで、犯罪はダメよ、ダメダメ。

「えー?500文字も書かなあかんの?」

って感じますよね。

私も最初は感じてました。

でも、ネットビジネスといえど「ビジネス」ですからね。

コンビニ店員が

「えー?1日3時間以上働かななあかんの?」

「レジ打ちせなかんの?」

「接客せなかんの?めんどー」

とか、言ってたら仕事にならんでしょうに。そういうことです

面倒ですけど、人間ですから慣れますよ。

ほんと。

空気を吸うかの如く、余裕でできるようになります。

小学生が九九覚えるように、1週間もしないうちに覚えます。

で、どんどん楽しくなっていきます。

ブログで文章書くのが楽しくなって、書かないとやってられない!

ストレス発散に最高!ヒャッホウ!

みたいになるんで安心してください。

ならなかったら、それは固い文章書かないとダメなの??って思い込んでるからですね。

テキトーに書きたいこと書けばいいんですよ。

最初なんだから

 

で、ブログがあるていどできたらASPに登録します。

ASPというのは、色々な広告を取り扱っている問屋さんみたいなものです。

例えば、わたしはサバゲーとかエアガンとかが好きなんですけど。

自分のブログでエアガン紹介したい!

と、思ってアフィリエイトしようとする。

でも、アフィリエイトするには販売者と話を付ける必要があるわけです。

人脈もないし、どうやって交渉したらいいかわからない

そんな状態でエアガン販売会社に行って「アフィリエイトさせて!」って伝えても門前払いに合うかも知れません。

合わなかったとしても、正直面倒だ。

というわけで、ネット通販大手のAmazonに代理で話を通してもらおう

そうしたら直接販売元に行かなくてもアフィリエイトできると。

そういうことやってるのがASP業者です。

とにかく、このASPに登録しないとそもそもアフィリエイトできないと思ってください。

金がほしけりゃASPに登録せな始まらんで!

っつうわけです

 

私がオススメしてるASP一覧はこちら

ASP一覧|アフィリエイトするならまずはASPに登録しよう

 

■追記

ASPについての説明がわかりにくいとの意見頂いたので、動画で説明しました

かなりシンプルに話したのでわかると思います。

これでわからなかったら、アフィリエイトを諦めるか、私のブログ読むの辞めてください(涙)

 

メディア、ブログの方向性を決める

ブログ作った当初は日記ブログでもOKです

このブログも開設当初はほんとしょーもないことばかり書いてましたし、文字数もテキトーでした。

ブログの方向性も決まってなくて、とりあえずつくるかーって感じで書いてました。

過去記事読んでもらえればわかると思います(笑)

でも、ずっとそのままじゃダメなんですね。

なので、ある程度ブログ書くのに慣れてきたら方向性を固めていきましょう。

例えば、このブログの方向性は脱サラして自由になりたいとか、自分の力で稼ぎたい!

って人に向けて、ネットを使って自力でお金を稼ぐ方法や、稼げる人間になる方法を伝えているブログになってます。

参考:ブログ管理人自己紹介と、スザンヌみさきの生きるコンセプト

 

このテーマや方向性を決めるのはブログに限らずTwitterやメルマガでも同じです

というか「メディア」ではどのメディアでも重要です。

「え?メディアってなに?」

という疑問が飛んできそうなので、簡単に説明すると「自分の言いたいことを言える場所」のことをメディアといいます。

Twitterとかブログとか、メルマガとか、Facebookにインスタグラム。

すべて、自分の書きたいことを自由に書けますよね。

自分のUPしたい写真も上げ放題ですよね。

YouTubeも自分のメディアです。

そんな風にメディアを運営する上で「テーマ、方向性」は超重要なので、必ず意識しておきましょう。

ちなみに、最初から方向性を決めるのは難しいと思うし、「しっかり作ろう」と思えば思うほど動けなくなってしまうと思います。

なので、完璧主義にならないように、テキトーでもいいので、とりあえず決めるくらいの感覚でOKです。

方向性ってのは、ブログ運営しながら決めて行けばいいのですから。

完璧主義は敵ですからね。

 

誰に向けて話をするのか?決める

メディア運営の方向性と同時進行で決めてもらいたいのが「誰に向けて話すのか?」という部分。

話すでも書くでも伝えるでもOKです。

とにかく、誰に向けてあなたはブログを書くのか?Twitterを運営するのか?

メディアを運営していくのか?

って部分を決めていきましょう。

 

たとえば、私のこのブログでは私と同じく男→女になったMTF(性同一性障害当事者)が多いので、MTFさんに向けて書いている部分も多いです。

また、趣味のサバゲーつながりで訪問されている人も多いので、サバゲー好きな人に向けて書いている部分もあります。

あと、友達も見ているので、友達に向けて書いてもいます(笑)

 

「ブログ何書いたらいいかわかりません!」

 

って相談は鬼のようにいただくのですが。

まず、「誰に向けて、何を伝えるのか?」って部分を決めてないと書きようがないですよね。

私も書けないですよ。

でも、誰に向けて何を伝えるのか?何を書くのか?ってのがわかっていれば、ブログも書きやすいですよね。

 

そーいうことです。

誰に向けて書くのか?

ってのは、メディア運営で重要なんですけど、自分が書きやすくなるためにも重要です。

 

例えば、私がブログを始めた当初は「社会に対する不満をぶちまける場所」として運営していました。

ただの愚痴を吐くだけブログだったんですが、とりあえずはそれでもOKです。

 

で、ある程度ブログに慣れてきてからは「自分と同じようなMTFさんに自分が学んだこと、やったことを伝えるブログ」に方向転換していきました。

過去の自分。

情報がなくて困っていた自分に対して、「こうしたらいいよ」とか「私はこうしたよ」って話をするブログになっていったわけですね。

そうやって

「何を伝えるか?」

「誰に伝えるか?」

が、だんだん明確になっていきました。

 

そうすることで、見ている人も増えて、アクセスも増えていきました。

お問い合わせやコメントも増えていきました。

 

そんな感じでOKです。

 

他の例だと、私に連絡してくださったとある人は、趣味の釣りブログを運営されているんですけど。

その時点で「何を伝えるか」はだいたい決まってますよね。

「釣りの楽しさを伝える」ってこと

 

で、次に「誰に伝えるか?」を決めたらより面白いメディアになると思うんですよ。

例えば小学生に伝えるんなら

「釣りの時はおとなと一緒にやりましょう」

とか

「お父さんにお願いして買ってもらおう!」

みたいな発言になりますよね(笑)

決して「ダイワの釣り竿3万円するんだけど、これめちゃオススメです」

などとは書けない(笑)

 

だけど、大人向けだったら書けるわけです。

さらに、誰に書くかを明確にすると、より面白いブログになると思います。

 

例えば、私の兄は鹿児島県や、熊本県の芦北、水俣あたりで釣りやってるんですけど。

「水俣湾で釣りをするあなたにオススメな釣り竿5選」みたいな記事書いたら面白そうですよね。

関東在住の人には響かないけど、九州に住んでいる人、とくに熊本県に住んでいる人にとっては響くわけです。

そんな感じで、誰に向けて書くか?誰に伝えるか?を明確にしたほうが自分でもメディア運営しやすいし、響く情報発信ができるというわけです。

 

このときの注意点は、小学生に向けて書いちゃダメってことです(笑)

小学生ってどんな人かイメージしましょう。

お金あんまり持ってなさそう。

自分の都合で釣りに行けるか?いけなさそう

夏休みはいいけど、学校帰りに釣りにいくか?行かなそう。

釣り竿、リールなどなど、商品を自分の意志で買えるのか?

親の許可がないとダメとか言われそう。

というか、そのそもお金がないから買いたくても買えない。

 

そう思ったら、小学生向けメディアで商品を売るのは至難の業っぽいですよね。

小学生を持つ両親に向けて書いたほうが絶対いいだろと。

 

なのでターゲットは誰でもいいというわけじゃないです。

そこらへんはメディア運営しながらでも良いので決めていきましょう。

ネットで稼ぎたいのなら、必ず必要な考え方です。

こういうのを「ターゲティング」と言います。

テスト出るので覚えておきましょう

 

メディアに関連する商品を紹介、販売する

基本的にはメディアでやるのは「情報を伝える」ことです。

「商品を売る」ことがメインにならないようにご注意。

商品を売りたいからメディア運営するんだけど、商品を売ることばかりしない。

バランスが重要ですね。

イメージとしてはテレビ局かな。

テレビ局ではニュースとか、情報番組とかドラマとか放送してますよね。

で、

あいまあいまにCMが流れます。

マクドナルドとかコカコーラとか、保険とかビールとか。

テレビ局ではCMを流しているけど、CMを流すためのテレビ局ではないはず。

ドラマとかニュースとか、メディアとして情報をちゃんと伝えているわけです。

こういうのを「コンテンツ」と呼びます。

今はわからなくてOKなので、とりあえず「コンテンツっていうのかぁ。ほーーー」と思ってもらえたらOK

 

基本的には情報を伝えていく。

その中でCMみたいに商品紹介するって感覚ですね。

 

私が昔好きだった釣りマンガに「グランダー武蔵」ってのがあるんですよ。


(↑あ、別に買わなくていいですからね)

また「釣り」の話です(笑)

 

グランダー武蔵ではストーリーが展開されてて、ストーリーの中でルアーが登場するんですね。

で、そのルアーはマンガの世界だけの架空のルアーなんだけど、タカラトミーとかおもちゃ会社がそのルアーを販売しているわけです(笑)

マンガに熱狂している小学生としてはルアー欲しくなりますよね

「お母さん!ルアー買ってよ!」

「だめ!宿題しなさい!」

などなど、日本中でそんなやりとりが繰り広げられている。

 

小学生によっては、お小遣いを貯めてルアーを自力で買う人もいるでしょう。

私の兄は新聞配達のバイトを小学生ながらやっていたので、バイトで稼いだお金でそういうおもちゃとかゲームとか買ってました。

そういう子供もいるだろう。

脱線した。

つまり、グランダー武蔵の場合はマンガ(というメディア)を通して、釣りの楽しさなどを伝えているわけです。

釣りマンガとしてのストーリーも面白いですしね。

そのなかで、ルアーとか釣り竿とか商品をちらりと紹介する。

で、「欲しい!」って思った人は買うという流れ。

↑こういうルアーが登場するわけです。ていうか、未だに売ってるのがびっくりw

 

決して、ルアーや釣り竿だけを紹介するだけのメディアではないということ。

 

グランダー武蔵に限らず、大人向けの釣り雑誌とか見てみてください。

「渓流釣り特集」みたいな感じで、特集やってますよね。


で、その中で「渓流釣りに使うならこの釣り竿だ!」という感じで商品紹介している。

ブログ運営もそういう感じでやっていけばOKです。

で、

このときもやはり「ターゲティング」が重要です

小学生向けならグランダー武蔵みたいになるだろうし、大人向けなら釣り雑誌みたいになるでしょう。

ていうか、釣りブログ運営するなら釣り雑誌を研究しまくってください。

研究しまくったら、どういうメディア運営すればいいのか、どういう感じで商品紹介すればいいのか、答えがそこに書いてあるわけですから。

 

今回は「釣り」について話してますけど、別にこれは釣りに限った話じゃなくて、美容系のブログとか、ビジネスブログとか、アニメとか、趣味とか、FXとか・・・・

つまり、どのメディアにも通用する部分です

本気で稼ぎたいなら今すぐ書店で雑誌買ってきましょう(笑)

もしくはAmazonで(笑)

 

いや、冗談ですけど、何やればいいかわからないなら、それくらいやればとりあえず結果は出ます。

 

個人がメディア運営する時の注意点

個人がメディアを運営する時に気をつけてほしいことがあります。

それはテレビや雑誌のように大衆向けの情報発信しないことです。

なぜかというと大衆向けの情報発信はマスマーケティングというんですが、これはすでに大手がやっているからです。

大手企業というのは資本力もあり影響力もあり人間もソロッテいます。

個人が大手と戦うと確実に負けますなぜなら資本力人ですべてが負けているからです。

じゃあ個人が大手に負けないたみやどうしたらいいのか?

それは、大手がやらないようなマニアックな市場を狙うことです。

大手企業はマニアックな市場は狙いません。

なぜかというと稼げないからですね。

 

マニアック市場そもそもの人間が少ないので採算が取れない可能性が高くなります。

そうなると従業員に払う給料や利益が見込めないので手を出さないんです。

しかし、個人であれば大手企業のような人件費もかかりません。自分1人だけです

そこに食い込んでいくのが良いと私は思います。

 

大手企業ができないことをやる。

それが個人が生き残るための戦略かなと

 

例えば、釣りであれば大手企業は「釣り特集」を組むことができても、個人の体験談やストーリーを伝えるのは難しいですよね。

「先日海釣りに行ったんだけども、船酔いになってしまい、ゲロ吐きまくって釣りどころじゃなかった」

とか。

酔い止めの薬はどれがお勧めとか、の船長さんが背中をさすって介抱してくれた。

とか

そういう体験談をかけるのは個人の強みです。

読み手としてもそんなストーリーを読むのはおもしろいです。

大手ができないけど個人ができることはそういう部分ですね。

 

そこを狙ってメディア運営していけば、面白いメディアが作れるし、ファンも獲得できるし、商品も売れやすいかなと。

そんなメディアぜひとも作ってみてください。

きっと運営するだけでも楽しいと思いますよ

 

まとめ

まずネットで稼ぐためには最初に資金繰りが必要になります

アルバイトや給料を回すでもいいし、ハピタスなどのポイントサイトを使うのもOK

次にやるのは自分のメディアを作ることです。

メディアというのは自分の言いたいことを伝える環境のことですね。

例えば、ブログメルマガツイッターなどのSNSなどをメディアといいます。

メディアを作ることで自分が伝えたいことや、自分が好きなことを情報発信できるようになります。

メディアを作った後はASPに登録します。

ASPとは広告の本屋のようなもので、ここから紹介したい商品を探してきて自分のメディアで紹介することでアフィリエイトが出来るようになります。

逆に言うとPSPに登録しない限りアフィリエイトできないと思ってもらって結構です。

次にやることは、自分のメディアの方向性を決めることです。

どういうメディアを運営していくのか?

どういう情報を発信していくのか?

そういう部分を決めていきます

 

これは最初からがっつり決めなくてもオッケーです。

日記でもなんでもいいのでブログを更新していって、ある程度考えながら自分のメディアの方向性を少しずつ修正していけばそれでオッケーです。

そして同時進行でやってほしいのが「誰に伝えるか?」という部分ですね

誰に何を伝えるのか?

これは非常に重要です

誰に何を伝えるのかを明確に決めておくとメディア運営も簡単ですし、どんなブログを書いたらいいのかどんな記事を書いたらいいのかがはっきりわかっていきますので自分としての情報発信がしやすいです。

また明確に伝える情報を決めてもらえたほうが読み手としても面白いメディアになっていくので読みやすくなります。

そしてその次にやるのがメディアを運営しながら商品を紹介していく。

この時の注意点は「広告だけを紹介するメディアにしないこと」です

メディはあくまで情報を伝える情報提供するものです

商品を紹介するだけだと、ただのカタログになってしまいます。

なので、情報を伝えた上で関連する商品をたまにCMのように紹介する程度でオッケーです。

商品ばかり紹介しているとお客さんも嫌がりますし、メディアとしても面白くありません。

なので商品紹介はそこそこにしておいて、メインは情報を伝えるこれは絶対に忘れないように意識しておきましょう。

そして最後に注意点個人がメディアを植えするときに意識して欲しいのは「大手企業がやらない専門的なマニアックな情報発信をすること」です。

なぜマニアックじゃないとだめなのか?

それはありきたりの情報というのは大手企業がやっていますし面白みがあまりありません。

逆にマニアックな情報発信は大手企業もあまりやっていないし、読み手としてもおもしろいですね。

個人が大手に勝つためには、大手がやっていないことする必要があります。

マニアックな情報発信をすることで、あなたのファンも増えますし、ファンが増えることで商品がより売れやすくなります。

そいうことをやって行けばいいかなと思います

 

とりあえず個人がメディア運営で報酬を稼ぐまでの流れはこんな感じ。

細かいテクニックや運営方法、商品の紹介方法など、色々と重要なこともあるんだけど。

とりあえず全体像と流れはこんな感じです。

参考にどーぞ!

 

参考記事

小学生並みの文章しか書けなくて恥ずかしいと悩まれている読者さんに、悩まず文章書く方法を伝えました

ニューハーフでも起業家志望でも共通してるたった4つの成功法則。

===========================

私はネットを使って収入を稼いでいます。
なので会社にも住む場所にも縛られず自由に好き勝手生きてます。

「なにそれ超怪しくない?犯罪でもやってんの?」
って同級生に言われたんですが(苦笑)ほんと怪しいですよね

特殊な才能があるんだ!すごい!

とか言う人もいますけど、昔は借金苦でしたし、ブラック企業で会社の社畜となってました。
資格も技術も免許もないし、そもそも大学にも行ってません。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、住む場所や会社に縛られない自由な人生を手に入れました。

雪が見たいなと思ったら雪国の北陸に行ってスノボしたり。
海が見たいなーと思ったら沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。
友達と遊びたいなーと思ったら名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。
とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。
私は学歴もないし、資格や免許も持ってません。
そんな私でも日々コツコツやることの重要性を知ってから一人で稼げるようになりました。
同じようにやれば誰だってできる単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私がネットで稼ぐまでの話などを
こちらの記事で公開しています。

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

 


メルマガ登録よろしくです


私はインターネットだけで収入を稼ぎ生活しています。
なので、会社にも住む場所にも縛られず自由に生きてます。

自分次第で収入を増やすこともできるし、自動化してるので働かずにお金稼ぐことも普通にやってます

もちろん、最初からネットだけで生活できていたわけじゃないし、
最初はぜんぜん稼げなくて毎日くやしくてないてた時期だってあります(笑)

しかも、借金が100万円近くあり、銀行はすべてブラックで会社の給料をすべて借金の返済にまわす生活を送っていました。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、住む場所や会社に縛られない自由な人生を手に入れ人生が超楽しくなりました。

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。

日々コツコツやること。そして、学ぶこと。
この重要性を知ってから一人で稼げるようになりました。

同じようにやれば誰だってできる単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私が、ネットで稼ぐまでの話の詳細はプロフィール記事で公開しています。

これを読んだらあなたもネットで稼ぐ方法がわかるかも!
=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム