【女体化5】睾丸摘出手術について

スザみ
こんにちは、みさきです。
ここでは金玉を取る手術(睾丸摘出手術)について体験談含めて書いています。
手術について知りたい情報もガッツリ書いています。

もし、睾丸摘出するなら病院選びや術式に注意しましょう

この記事があなたの参考になれば嬉しいです

睾丸摘出手術とは?

男性ホルモンを作り出している睾丸(金玉のこと)を取る手術のこと

陰嚢(たまたまの袋)の中身だけを取り出すので、皮は変わらず残ります。

しかし、睾丸を取ると皮は縮んで行き、2年ほどでかなり目立たなく小さくなっていきます。

睾丸摘出手術については無料でダウンロードできる資料もあるので、参考にどうぞ→【無料】睾丸摘出手術についての詳細レポートをダウンロード

なぜ睾丸摘出するのか?

睾丸摘出をする理由は男性ホルモンの分泌を抑えるためです。

男性は睾丸(きんたま)で男性ホルモンを作り出しています。

睾丸摘出をすると、身体で男性ホルモンがほとんど作られなくなるので、より女性らしい身体になるため、男性化を抑えるために手術します

そのほか、身体から少しでも「男らしい部分」を消すために睾丸摘出をする人もいます。

わっささん
それなら性別適合手術をすればいいのでは?
スザみ
性別適合手術はだいたい120~250万円するけど、睾丸摘出手術は30万円以下でできるからお金がなくてSRSの代わりにする人もいますよ(私がそうでした)

睾丸摘出の欠点(デメリット)

・子供が作れなくなる
・ホルモンが分泌されないので身体に悪影響がある
・将来の性別適合手術がS字結腸法しかできない可能性

局所麻酔での手術だと痛みが強い

子供が作れなくなる

睾丸(きんたま)は男性ホルモン以外にも精子を作り出している臓器です。

睾丸摘出をすると精子がつくられなくなるので、子供を作ることはできません。

MTFさんの中には結婚している人もいます。

奥さんの了解が得られれば、子供を作ってから睾丸摘出される人もいらっしゃるようです。
その場合、奥さんにはキチンとMTFであること、将来は女性で生活することを伝えておかないとトラブルの原因になったりします。

「奥さんはいないけど、子孫は残したい!」

ということで、精子バンクに登録したり、精子保存をするMTFさんもいます

身体に悪影響がある

自分の身体でホルモンを作り出せなくなるので、放っておくと「更年期障害」になる可能性が高いです。

MTFさんの場合は睾丸摘出後も女性ホルモンを続けるだろうから問題はないと思いますが、MTXなどのセクシャリティによっては女性ホルモン投与を望まない人もいるようです。

身体には悪影響があることを十分理解して最終的に判断しましょう

そのほか、手術後すぐは体調不良になることもあります。

局所麻酔での睾丸摘出手術の場合は、手術中も痛みがともないます。

病院によっては麻酔が効かないのに無理やり手術を進める所もあるようです。(私の知人が手術を受けた病院はひどかったそうです)

睾丸摘出をしたらもう後戻りはできません。

今後は死ぬまでずっとホルモン療法を続ける必要があります。

しかし、女性ホルモン投与をせずに生活してるMTFさんもいらっしゃるので、ホルモン投与しなくても重大な副作用はないのかもしれません。

個人的な意見ですが、女性が更年期になる60~70代まではホルモン投与を続けたほうがいいとは思います

性別適合手術に影響が出る

睾丸摘出手術をすると陰嚢(たまたまの皮)が縮んでいくので、反転法での性別適合手術ができなくなる可能性があります。

※「反転法」とは陰茎(竿の皮膚)や陰嚢(玉の皮)を反転して膣(穴)を作る術式のこと。

しかし、「S字結腸法」などの性別適合手術はできるのでご安心を。

また、睾丸摘出をしたからといって100%反転法の手術ができなくなるわけではなく、陰嚢の縮み具合によっては問題なく手術できることもあります。

カンタンにいうと、「たまたまの皮が縮みすぎると反転法でのSRSできなくなるかもよ?」ということです。

※陰嚢の皮膚は数年かけてゆっくり縮んでいくので、手術から2年以内程度ならあまり影響ないかもしれません(個人差があります)

局所麻酔での睾丸摘出は痛みが強い

ネットでこのような体験談を見つけました↓↓

「片方終わりましたよー」という声が振ってきて、私は小さく頷いて見せた。やっと半分か……というのが正直な感想だった。摘出手術は初めの方が一番痛い。後半になると幾分かマシになるけど。私は「またさっきの痛みが来るのか……」と身構えて、下唇を思いっきり噛み締めた。力んだ顎がブルブルと震える。こんな対応をとらねばならない程度には手術はきつかった。一部とはいえ身体を切り開くんだから当たり前かも知れないけど。でも他のブログでは「眠っている間に手術が終わった」とか書いてる人もいて、それが素直に羨ましかった。

睾丸摘出を受けまして エピクロスの楽園 より引用

睾丸摘出手術は
1.局所麻酔での手術
2.全身麻酔での手術

以上、大きく2種類あります

局所麻酔での手術は意識がある状態で手術するため、手術中に痛みや苦痛を感じることがあるようです。

私の友達も局所麻酔で手術しましたが、痛みや鈍痛があったと話していました。

特に睾丸を摘出する瞬間が一番痛かったと話していました。

局所麻酔は全身麻酔での手術に比べて少し金額が安いんですが、その分デメリットがあるようです

睾丸摘出手術の利点(メリット)

・股間がスッキリしてショーツからオイナリがはみ出ない
・股間ぶつけても男性特有の「あの痛み」がおそってこない
・ホルモン投与量を減らせる
・身体がより女性っぽくなる

オイナリはみ出ない

睾丸摘出手術をすると物理的に股間のボリューム感が減るので、女性用の下着(ショーツ)を履いてもタマタマや皮がはみ出なくなります。

もちろん、竿は残っているので少しモッコリをします。

とはいえ、以前よりはかなりマシになった下着姿に自分の努力を感じるようになるかもしれません。

この勢いで一気にSRSまで進んでいこう!って気持ちが高まるはずです

男性特有の痛みがない

金玉がなくなるので、股間をぶつけた時におそってくる「男性特有の痛み」が消えます。

私は睾丸摘出から10年過ぎたのですが、文章にしながらも「男性特有の痛み」ってどんなだったっけ?と感じるくらいになりました。

それだけでも男からまた一歩抜け出したと感じることでしょう。

金玉ぶつけたら痛いの? どういうふうに痛いの? なんで痛いの? そんなに痛いものなの? って本気で感じるようになっていきます。 もう男じゃないんだなぁ。って実感が湧いてきます

ホルモン量を減らせる

これは手術をした病院の先生から教えてもらったんですが、睾丸摘出前の半分の量までホルモン投与量を減らせるとの話でした

私は2週間に1回2アンプルのプロギノンデポー注射をしていたのですが、睾丸摘出後は2週間に1回1アンプルの注射に減らしました

睾丸摘出後はホルモン投与しなくても男性化したり、「男に戻る」という感覚がなくなると思います。

身体がより女っぽくなる

女性ホルモン開始1年以内であれば、身体の急激な女性化に気づくと思います。

私は女性ホルモン開始1年半後の睾丸摘出だったので、変化はゆっくりでしたが、それでも身体が女性らしくなったのは感じられました。

睾丸摘出はどこでやるべきか?

私は愛知県名古屋市にある「フローブクリニック」という美容外科で手術しました。

フローブクリニックは全身麻酔なので手術中の意識はなく、痛みや苦痛もありませんでした。 そのため手術を中断することもなくスムースに手術が進んだようで1時間程度で終わりました

別にフローブクリニックでやれとは言いませんが、手術中の痛みを考えると全身麻酔でやれるクリニックのほうが心理的ストレスも少なくていいんじゃないかなと思います。

フローブクリニックで睾丸摘出した人の体験談

参考までに、私の紹介で睾丸摘出した人の感想メールをご紹介します。

(本人には引用の許可を得ています)

みさきさん、こんばんわ、またまた ○○です。
 
先日会っていただいたときに、少しお話しさせていただいた、
フローブクリニックでの、たまとり の件、
あの後早速 院長先生に連絡させていただいたら、
とんとん拍子に話が進み、無事、
来週金曜日に、施術していただけることになりました~。
やった~ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
みさきさんのお名前出させていただいたら、
紹介の割引もしていただけることになりました。
 
これで男性化の呪縛が解かれると思うと、
じわーっと喜びが湧いてきます。
本当にありがとうございます。

 
これを機に、更に女体化 アクセル踏み込みまーす。
取り急ぎ、紹介お礼メールでした~。
m(._.)m

睾丸摘出手術をした方々の感想など-MTFサイト より引用

フローブクリニックはなぜ全身麻酔にこだわるのか?

※これはフローブクリニックの丹羽院長先生から直接目の前で聞いた話です。

フローブクリニックが全身麻酔での睾丸摘出をするのには理由があります。

一番の理由は「手術が早く終わり、患者の負担が少ないから」だそうです

局所麻酔の場合は手術中に痛みを感じることもあります。

人によっては痛みのために麻酔量を増やしたり、手術を中断しながら進めていく必要もあるんだとか

そうなると患者さんのストレスも多く、手術も長引くので結果的に患者さんの負担が大きくなるようです。

手術後の傷の治りやダウンタイムにも影響するので、全身麻酔で睾丸摘出すると決めているんだそうです

フローブクリニックで睾丸摘出するには?

もし必要だったら紹介できますので、スザンヌみさきまでご連絡ください。

詳しくは「睾丸摘出手術を割引価格でやりたい人向け情報」という記事を読んでからお願いします

※睾丸摘出は必須じゃないし、SRS手術にも影響があります。十分悩んで考えてから最終的に決断しましょう

自分が性同一性障害かわからない場合は?

睾丸摘出を考えているけど、自分が手術していいのだろうか?

まだ性同一性障害の診断書もされていないし…

そう悩むこともあると思います。

その場合は「【GID】性同一性障害の診断方法と診断基準を日本一わかりやすく解説してみたよ【セルフチェック】」を参考にしてみてください

睾丸摘出手術:まとめ

睾丸摘出手術は金玉を取って、男性ホルモンが作られないようにする手術。

手術をすると精子が作られなくなり、子供を作ることはできない。

手術後はホルモンをずっと続ける必要があり、デメリットがある

術後2年以上過ぎると、反転法での性別適合手術はできない可能性がある

(S字結腸法での性別適合手術はできる)

しかし、身体の女性化が加速したり、女らしくなる

股間をぶつけても「男の痛み」がなくなり女性用ショーツを履いてもお稲荷様がはみ出なくなる。

女性の身体にまた一歩近づいた実感が出る手術でもある

手術は「局所麻酔」と「全身麻酔」の2通りがあり、局所麻酔は痛みが強い。

痛みや身体の負担を考えると全身麻酔での手術のほうがいいかもしれない

手術代金は30万円程度かかるが、紹介で割引になるクリニックもあります(スザンヌみさきはフローブクリニックならご紹介できます)

スザみ
当然ですが、一度手術をすると後戻りできません。じっくり慎重に考えて決めましょう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

下の関連記事もあわせてご覧ください