あすはせどりツアーに行ってきます★

どうも、こんばんは!みさきです。

私はお金が大好きなのですが、
いらんこだわりのせいで、「人からもらったお金」ていうのに、
結構な抵抗があります。

「人からもらったお金」っていうのは、
こっちが何の対価も支払っていないのに、

無償でもらえるもののことですね。

例えば、実家のおばーちゃんがなんかしらんけど、
久しぶりに故郷に帰ってきたから3万円封筒に包んでくれるとか

自分の自動車を買うために、おばーちゃんがローン組んで
お金を肩代わりしてくれたりなどなど・・・

そーいう「なんの努力もしてないのに自分にはいってくる収入」
のことです。

結構苦手。

あ、もちろん もらえるものはもらいますよw
でも、そこには罪悪感なり違和感なり存在するので、
できれば貰わない方向でいきます。

なので、たとえ仲いい友達だったとしても、
無償で何かやってもらうとか、無償でなにか貰うとか
そーいうことはあまりやりませんし、断ります。

もし「みさきさんだから特別に」と言ってくれる人には
じゃあ、代わりに○○をして差し上げますよ

と、お金じゃないけど、なにかして上げるようにしてます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【先に与えないともらえるワケないっしょ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何かをもらおうとしたら、
先に与えなさいってことは、けっこうビジネス会では常識です。

どれくらい常識かっていうと、信号の色は赤と青と黄色っていうのが
社会の常識であるのと同じくらい常識っす。

でも、それは「ビジネスをやってる人の常識」であって
社会の常識でも世の中の常識でもないので、
これ知らないで損ばっかりしてる人だらけで
正直唖然とします。

例えば、何か人にしてほしいって場合

例) 友達に優しくしてほしい

学校なり職場なり、友達がいると思うんですけど、
ある友達があなたに厳しいとします
(アバウトですいませんw)

その友達と仲良くなりたいと思ってるなら

「あーあの人もうちょっと性格がよかったら仲良くなれるのにな」

と、思っているだけじゃー現状維持で何も変わりません。

なんでかっつーと、相手はそこまあなたのことを
気にかけてもいないし、大事でもないからです。

人はどーやっても変えられません。
変えられるのは自分だけ。

なので、仲良くなりたいなって思ってる友達がいるとすれば、
自分から先に仲良くしていく必要があるわけです。

別の例

好きな人。 好きな人に振り向いてほしいなって思ったら
相手がこっちにラブレター贈るのを待ってるだけじゃ
恋には発展しませんよね。

自分からラブレター送らないと。

親へのカミングアウト

親に自分のこと認めてほしいなーって思ってても、
自分が親を認めなきゃ、親は認めてくれるワケありません。

親は万能でもなけりゃ、普通の人間です。

もしかしたらあなたより年上でも
性格や精神的には子供かもしれません。

ってことは自分が大人になるしかないっぽいです。

「先に与える」ってことはビジネスだけじゃなくて、
人間関係やコミュニケーションでも同じです。

なんで同じかっていうと、「ビジネス」がコミュニケーションだからです

・・・・

・・・

すんませんちょっと専門的過ぎましたね。

—————————

話は変わって明日のこと。

明日はちょっと知り合いのせどらーさんと一緒に
東京都でせどりツアーに行ってきます。

「せどりツアー」ってのは、
ブックオフとかそういう書店でお宝を発見してくるツアーです

例えるなら、大海原でズワイガニを探して見つけて
捕獲して市場で売る漁師みたいな仕事です。

私ももっとビジネスとか商売の勉強や体験を増やして、
ネタを増やしてからここで伝えようと思ってます。

ぶっちゃけ、
あすのせどりツアーがどうなるかわかりません。

もしかしたら利益でないで赤字になるかもしれないし、
もしかしたら苦労と手間とお金かけても、一切結果が出ないかも

もしかしたらツアー中に滑って転んで
頭打って怪我して入院してしまうかも

うーん どうなるかわかりませんが、
わからないからこそ、やってみるのです。

「お金」は大事ですけど、「お金」に目が眩んで
自己成長や自分を成長させてくれる経験や体験をしないってのは
お金を失う以上の損失に繋がると思ってます。

例えば、今回のツアーで1万円使ったとして、
1円の利益でなくても、1万円以上の経験と体験が得られるからです。

経験と体験があれば、ゼロからお金稼ぐこともできるんで。

まー それはおいおい話していきますw
今は難しいこと言いません。

という訳で明日の11時は東京都の中野に行ってきます。

ではまたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム