【マンガも可】本をたくさん読む人の平均年収800万円、本を読まない人の平均年収400万円という事実

こんにちはスザンヌみさきです。

私はマンガが大好きで小学生の頃からめちゃめちゃ読んでいました。

ハマって読んでたのは「学研のひみつシリーズ」や「らんま1/2」「ジョジョの奇妙な冒険」とか。

 

実は「年収が多い人ほど読書にお金使ってる」というデータがあるようです。

 

ってことは、読書すればするほど年収が増えるってことか?

 

逆に年収、月収が少ない原因って、私の読書量が少ないからなの!?

詳しく話していきます。

 

 

1年間に読んだ本の総数が年収と比例している

2009年の日本経済新聞社産業地域研究所の調査 (全国の20代から60代の男女1000人を対象 )によると 、年収の高い人ほど書籍や雑誌の購入費が高いという結果が出ました。
特に差が顕著だったのが20代 ~30代。
2006年次の調査と比較すると 、年収800万円以上の人は月額購入費として19%増の2910円、400万 ~ 800万円未満は23%増の2557円、 400万円未満は24%減の1914円という数字が出ているのです。
特に「20代と30代では 、年収800万円以上の人が2005年と比べて29%増である一方 、400万 ~800 万円未満は7%減 、400万円未満では30%減 」となっており 、さらに1年間に読んだ書籍と雑誌の総数も年収と比例しているのです ( 2009年9月24日、日本経済新聞より )。
つまり 、読書量は年収に正比例するということです。

苫米地英人 著 「年収が10倍になる速読トレーニング」 より引用

こちらは苫米地(とまべち)英人(ひでと)さんの著書に書いてあった文章です。

苫米地英人さんはオウム真理教信者の「洗脳」を解いた人として有名。

Wikipediaによると、アメリカの名門「カーネギーメロン大学」の博士とのこと。

 

カーネギーメロン大学は卒業するために1日30冊近くの本を読まないといけないレベルの大学。

苫米地さんはその経験もあり今までかなりの本を読み込んできたようです。

 

「株式会社ドクター苫米地ワークス」の代表もされていて、起業家でもあります。

 

苫米地さんが今の地位や、収入なのは今まで積み上げてきた知識量。

つまり「読書量」があるからじゃないかな。

と、私は思っています。

 

知識がないとお金は稼げない

お金を稼ぐには「知識」が必要です。

 

例えば飲食店の従業員として働くには、「料理のレシピ」を覚える必要があります。

レジ打ちをするなら、レジの操作方法を覚える必要がありますよね。

 

もし、飲食店を経営するなら、お金の管理や法律の知識が必要になります。

 

私も2012年から「個人事業主」として生計立ててます。

個人事業主なら「確定申告」をする必要あるので、やり方覚えました。

 

それまで確定申告のやり方なんて全く知らなかったけど、覚えました。

そんなふうに「知識」がないとできないことって沢山ありますよね。

 

 

東京大学に受験するなら、東大に合格するレベルの知識量が必要になります。

知識を持ってないと合格はしません。

 

東大に合格したら年収の多い企業に就職するのもハードルが下がりますよね。

絶対に就職できる保証はないけど。

可能性はあります。

 

 

これが高卒や中卒だったら、ムリです。

大卒以上じゃないと就職できない企業はたくさんあります

 

試しに「フジテレビ」の採用ページ(2020年)を見たら

2020年3月までに四年制大学(または大学院)を卒業・卒業見込みの方で、
1994年4月2日以降に生まれた方。

と書いてありました。

 

つまり、高卒以下はそもそも対象外ってことです。

フジテレビの平均年収を調べたら平成28年度が1485万円でした。

→データ元「平均年収.jp」

 

4年制の大学を卒業していれば、年収1485万円になれるチャンスがある。

 

そう考えたら、「知識量」が年収に影響してるって考えられますね。

 

大学によって受験のレベルや必要な知識量は変わります。

なので、大学卒だからみんな知識持ってるわけじゃないだろうけど。

 

大学受験するためには最低限の学力が必要なので、勉強したはずです。

東京大学に入るならそれなりに勉強が必要でしょう。

 

関連

ドラゴン桜レビュー&感想。数ヶ月で人生は激変する。ありえないがありえる

 

その経験もあって、収入を増やすには「知識が重要だ!」と感じていくのではないでしょうか

また、受験勉強を通して、本を読む習慣が身についたり、読書が好きになる事もありえると思います。

 

 

 

収入を増やしたいなら本を読めばいいのだ

結論。

お金を稼ぎたいなら本を読もう。

本は読めば読むほど良いです。

1冊2冊じゃなくて、10冊、100冊、と読みまくったほうがいいですね。

情報が多いにこしたことはないですから。

 

でも、読書の習慣がない人には、ハードル高いですよね(汗)

 

私もそう思ってました。

なので対策を考えました。

 

読書のハードルを下げて気軽に読む方法

読書が嫌なのは「ハードルが高い」からです。

1冊300ページもある本をイキナリ読み始めてはダメです。

文字が苦手な人はマンガから読み始めましょう。

 

マンガは好きですか?

もし、マンガが好きだったらラッキー!

マンガでも専門的な知識を吸収できるものはたくさんあります

 

例えば神田昌典さんの「非常識な成功哲学」というビジネス書にもマンガ版があります。

ビジネス書って難しくて読む気が出ないけど(笑)

マンガならサラッと読めそうです。

 

実際に私も読んでみたけど、マンガ版でも十分内容が理解できます

むしろマンガ版だけでもいいんじゃないかと思います。

 

マンガよりも多くの情報が欲しいなら活字の本も読めばいいけど。

最初はマンガでいいのです。

 

小学生向けのマンガ(学研のひみつシリーズ)も読んでて勉強になるし面白いですよ。

私は小学生の頃に30冊くらい読みました。

ただの娯楽で読んでたんだけど、小学校のテストの成績は良くなりましたね。

 

 

たった1冊の本が人生と収入を変えてしまう

私の体験談ですが「金持ち父さん貧乏父さん」という本に人生を変えられました。

内容をざっと説明すると「会社員にならなくてもお金を稼ぐ方法はあるよ」って本です。

 

私はそれまでお金を稼ぐには、会社に雇われて働くしか方法がない

そう思い込んでいたので、目からウロコの本でした。

 

え?

給料以外にもお金を稼ぐ方法があるの!?

私が今自営業やってるのはこの本の影響がデカイです。

ストーリー調になってて、難しい言葉もほとんどないので非常に読みやすいです。

 

興味湧いたら読んでほしいです。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」では、「従業員」ではなく、「ビジネスオーナー」として稼ぐことで年収を増やすことができる。

と解説してありました。

また、自分のポケットからお金を奪っていくモノとして「負債」についても書いています。

 

個人事業主や会社経営にとっては当たり前の知識だけど、サラリーマンとしての人生しか知らなかった私にとっては新鮮な情報がたっぷり。

「サラリーマン以外にも生きる道があるんだ!」

 

そうやって人生の選択肢を増やしてくれたのも「読書」をしたからです。

 

読書をすれば人生の選択肢は増えていきます。

知識がなくてできなかったことも、知識を増やすとできるようになるからです。

 

知識が多いほうが、いろんなお金の稼ぎ方を知ることができます。

お金を稼ぐには知識が必要だ。

 

そうわかっているから、稼いでる人は知識を増やすために読書をします。

 

 

年収増やすための読書量はどれくらい?

読書量は多ければ多いほど良いです。

知識が多いほうが、人生の選択肢も増えますから。

 

しかし。

いくら知識増やしても、実際に動かないと年収は増えません。

なので、最初は「1日1時間は読書する」と決めてみるのはどうでしょう。

1時間が難しければ5分でもOK

 

自分のスケジュールに合わせて取り組んで見たら良いと思います。

 

とりあえず読み始めること。

これが大事です。

1日たった5分でも読書する習慣が身につけば、10分〜30分〜1時間に増やすのはカンタンです。

 

読書に慣れてくると、本を読むスピードも早くなっていくので、1時間で読める本の数も増えていきます。

読書に慣れてないと1時間じゃ20ページしか読めない人でも、慣れたら1時間で300ページくらい読めるようになります。

もっと慣れると5分で350ページの本を読むこともできます。

 

慣れると人間はスピードが早くなります。

慣れるまでは遅くてOK

とにかくやることが大事っす。

習慣にすることが大事。

 

本を読む習慣がある人は年収も比例して増えていくでしょう。

 

 

本を読んでも年収増えないんだけど

「本を大量に読んでいるのに年収が少ない」

って反論はあると思います。

 

原因は大きく2つあると思います。

 

1つは、「これから年収が増えていく段階にある」こと。

例えば「東大受験をしてる人」

 

毎日5冊も10冊も本を読んでるけど、年収5万円とかかもしれません。

高校生でバイトもしてなければ年収0円かも。

なので、現段階では年収が少ないです。

でも、ここで学んだ知識を活かせば年収をこれから増やしていけます。

東大卒業後は、高卒、中卒の人よりは就職ハードルが低いはずですから

 

 

もう1つは「収入が増える行動をしていない」ことが原因です。

お金の稼ぎ方、資産の増やし方を勉強して、具体的なやり方もわかる。

でも、何も行動してなかったら年収はまだ少ない状態のはず。

 

対策としては、学んだ知識を活かして、収入を増やすために動けばOK

「どうやって動いたらいいかわからない!」

と、思ったら知識を増やしていけば解決します

 

その他、読書しまくってるけど、年収少ないよ!

って人もいるでしょう。

 

それはたぶん「お金を増やすための知識」が少ないからです。

既に読書の習慣もあるし、全く本を読まない人より本を読む能力があるので有利です。

 

あとは読書する情報の方向性を「お金稼ぎ」にしていくだけでOK

ためしに「金持ち父さん貧乏父さん」でも読んでみたらいいと思います。

 

 

稼いでる知人はぜんぜん読書しないんだけど

「私の知人は年収1000万円だけど、本1冊も読まないよ」

って反論もあるかも。

 

たぶんそれは「本」を読んでいないだけです。

本以外のものから「情報」や「知識」を吸収してるはず。

 

人と直接会って話したり、情報交換したり。

ネットで情報収集したり。

動画で学んだり、人から教えてもらったり。

 

知識を吸収する場所は「本」じゃなくてもOKです。

ただ、本の方が明らかに効率が良いので私は本をオススメしてます。

 

 

まとめ:年収を増やすために何をすべきか?

2009年の日本経済新聞社産業地域研究所の調査によると、年収が多い人ほど1ヶ月に読書に使う金額が多くなるとのこと。

なぜならお金を稼ぐためには知識が多い方が有利だから。

収入の多い仕事をするにも「知識量」が多くないとムリだから。

 

知識を増やすと、お金を稼ぐ方法が1つではないと気づく。

「お金稼ぎの選択肢」も増える。

 

読書量が多い人は、収入の多い仕事に就くことができる。

そして、お金をより多く稼ぐ方法を知っている。

だから本を多く読む人の方が年収が多くなる。

 

じゃ、私達は年収を増やすために何をしたら良いのか?

1つは「本をより多く読む」こと

もう1つは、本で読んだ知識をもとに「お金を増やす行動」をすること

 

これを続けていけば年収を今以上に増やすことができます。

 

 

コスパよく大量に本を読む方法は?

それは無料で大量の本を読める環境を作ることです

たとえば「図書館に行く」

各市町村には図書館が必ずあります。

自分が住んでいる知識の図書館は無料で利用できます。

私も図書館はよく利用してますよ。

 

ただ、図書館の欠点は「本が古い」ことです。

1995年のエクセルの本とか普通に置いてます(笑)

最新の本がなかなか読めない。

 

また、「地域によって差がある」のも欠点です。

都市部の図書館は大きいし本も大量に置いてあります。

これが田舎になると、図書館の規模も、本の数も減ります。

これは仕方がないですね…

 

そういう時は、キンドルアンリミテッドなどの月額サービスを利用してみるのも賢い方法です。

月額980円かかりますが、キンドルアンリミテッドに登録されている本はいくらでも読めます。

冒頭で紹介した苫米地英人さんの「年収が10倍になる速読トレーニング」もKindleUnlimitedで読みました。

 

1ヶ月2冊以上本を読めば月額980円はかなり安いと感じます。

書籍版だと実際に1200円などで販売されてる本が無料で何冊でも読めるのは、正直驚きますよ。

 

普通なら1000円以上する本何冊も読めるなんて・・・!

初めて利用した時のお得感はものすごいです(笑)

しかも「カイジ」や「ナニワ金融道」などのマンガ本も登録されてるから読み放題です。

 

マンガ好きな人にもオススメです。

 

読書に慣れてない時期は、1ヶ月で2〜3冊読むのがやっとですが…

 

速読ができるようになれば、1ヶ月で30冊読むのも平気になっていきますよ。

 

月額980円なのは同じなんだから、大量に本を読まなきゃ損ですよね。

それに、1冊読むのに2〜3時間かけるより、1冊10〜20分で読めるようになったほうが時間効率もいいです。

 

なので最初は「速読」に関する本を読むことをオススメします。

速読は技術なので、誰でもできるようになります。

才能や素質は全く必要ないから安心してください。

 

 

ちなみに、1ヶ月で3〜4冊本を読むだけで、日本のトップ10%になれます。

 

2009年の日本経済新聞社産業地域研究所の調査からわかるように、日本人の読書量はかなり少ないです。

1ヶ月に1冊も読んでない人の方が多いくらい。

 

だから、たった3〜4冊読むだけで日本のトップ10%になれるんですね。

 

そう考えたら年収も増えるし、日本の上位10%になれる読書ってすごくないですか。

 

今日紹介したキンドルアンリミテッドは初回30日間無料体験期間があるみたいですよ

 

 

======================================

私はインターネットだけで収入を稼ぎ生活しています。
なので、
会社にも住む場所にも縛られず自由に生きてます。

自分次第で収入を増やすこともできるし、
自動化してるので
働かずにお金稼ぐことも普通にやってます

もちろん、最初からネットだけで
生活できていたわけじゃないし、
最初はぜんぜん稼げなくて
毎日くやしくてないてた時期だってあります(笑)

しかも、借金が100万円近くあり、
銀行はすべてブラックで
会社の給料をすべて借金の返済にまわす。

という生活を送っていました。

 

高卒ですし、資格も持っていないので
就職できる会社や収入には限界があります。

更に、ニューハーフなので、
それを理由に就職が難しい部分もありました。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、
住む場所や会社に縛られない
自由な人生を手に入れました。

「雪が見たいな〜」と思ったら
雪国の北陸に行ってスノボしたり。

「海が見たいなー」と思ったら
沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。

「友達と遊びたいなー」と思ったら
名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。

とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。

日々コツコツやること

そして、学ぶこと。

この重要性を知ってから
一人で稼げるようになりました。

同じようにやれば誰だってできる
単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私が、
ネットで稼ぐまでの話の詳細は
こちらの記事で公開しています。

これを読んだら
あなたもネットで稼ぐ方法がわかるかも!

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム