【女体化リクエスト7】面接の時に性同一性障害であることどう言えばいいの?

GIDのこと面接でどんな風に伝えればいいですか?

と、質問頂きましたので動画にしてみました

↓  ↓  ↓


※視聴後は「動画見たよ~」の合図の意味も含めて、
「グッド!」ボタン押して頂けるとうれしいです♪

この動画で伝えたいこと、それは…

2014-05-13_011523.jpg

ようするに、何もかもGIDのせいにするな

ということですね。

オカマだろうがニューハーフだろうが、
落とされるやつは落とされるし、落とされない人は落とされないということ。

ただ、オカマ差別、ニューハーフ差別はまだまだある世の中ですので、
性同一性障害者をいろんな理由つけて面接落とす企業はあるだろう。

しかし、そーいう企業はそもそもクソ企業であるから、
そこまでして働く必要もないのかもしれない。

むしろ、そういうクソ企業で働くことにならずに済んだ

と、捉えて次に進んでいくことのほうが大事だと思う

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム