『言いたいこと』2019年4月8日ver

残された人生を楽しく生きようぜ。

 

こんにちは、スザンヌみさきです。

ちょっと久しぶりの更新

最近の私はメルマガをメインで活動しております。それでブログの更新がだいぶテキトーになってます(笑)

メルマガ興味あればこちらから登録どうぞ

 

さて、このブログですが、私は自由に生きていきたいと思って生きています。

自由ってのは、自分があれやりたい、コレやりたい。

そう思った時にその「あれ」なり「コレ」なりが実現できること。

これが自由だと思ってます。

たとえるなら、「明日韓国旅行したいなーって思ったらできる」それが自由ってもんじゃねーかと。

現状の私としては「あしたSRSしてーなー」と思っていますが、まだ実現できていないのでやはり「自由」ではないのかと思ってます(苦笑)

ですが、今年中にその「SRS(性別適合手術)」ができるように今は行動しています。

このブログでもSRSについてかける部分は書いていこうと思っているので、そのうち記事にすると思います。

どうぞお楽しみに。

で、現状としては

【1】SRSするなら1ヶ月前までにホルモン注射中断しといてね

【2】HIV検査と健康診断しといてね

という2点を改めて知って、ちょっと焦ってます(笑)

アテンド業者の方からメール頂いていたんですが、そのメールをしっかり読んでいなかったので昨日気づきました(笑)

昔から「お前は人の話を聞かない」と親に言われて育ったような気がしますが、まさにそのとおりですね。

人の話しはちゃんと聞こうと改めて思いました。

で、「自由」についての話

私がここまで「自由」を求めるようになったのはなぜだろうか?

思い返してみると、それは学生時代に大きな影響がありました。

中学、高校時代。

これが私の人生に大きな影響を与えています。

MTFなら多くの人が経験したと思いますが「男あつかい」された経験。

これが「自由」を追い求める原因になったんだと思います。

自分としては「女性扱い」されたい気持ちが強いです。

中学、高校時代はそこまで強く願っていたわけじゃあないけど「男扱い」されるのに強烈な違和感がありました。

なんで、でしょうね。見た目も体もDNAも男なのに、性格も男っぽいのに、男扱いされたくないって変ですよね。

でも男扱いされることに非常に抵抗がありました。

まるで牢獄に入れられて強制労働をさせられているような、そんな気持ちでした。

日本の学校は制服や校則で「男女」をハッキリ分けたがる傾向があるみたいなので、それに違和感を持ったのかもしれません

そういう経験があって私は「自由」を追い求めています。

それで、今はぼちぼち自由な生き方をしていると思います。

というのも、会社につとめているわけじゃないので、「出勤」はしなくていいし、「労働時間」「勤務時間」が決まってるわけじゃないです。

これは一見すると、ラクで素晴らしいことに見えますが、実際に自分がそうなってみると何もかも白紙のキャンバスに筆を渡されて「自由に絵をかけ」と言われているような気がします

で、

実際の所、絵を書かなくても大丈夫かっていうと、絵を描かなきゃいけないこともあるし、書いた絵が下手くそだったり、誰にも響かない絵だったら、食う寝る所に住む所さえ失うことになる

というリスクもあります。

それが自営業ということであり、自立独立ということなのです。

見方を変えれば、絵を一枚描いて、それが爆発的に人気であれば、その後一生生活に困らなくなる

という人もいます。

しかし、これは才能や技術や時代との様々なものが組み合わさってないとダメってことです。

カンタンにいうなら、それは技術と知識とセンスがあって実力がある人間が達している状態であって

実力も技術も経験もない人間が何の努力もせず達することができる状態ではない

これは確実に言えることです。

私はいままでそれを理解していなくて、たまたまラッキーごっちゃんゴールでうまく行った波に乗っかって今まで生きてきたのもあります。

これはラッキーでラッキーだったんですが、ラッキーというのはいつまでも続かずいつかラッキーな状態も終わりがくるわけです

盛者必衰の理とか言いますが、まぁそういうことです。

というわけで、たまたまラッキーでうまく行っても、技術、知識、実力がなけりゃ死ぬのです(笑)

そういう世界が自立・独立の世界だなと。

逆に言えば、努力し、学び行動し続けることができ、ラッキーかアンラッキーに関係なく絶え間なく行動できる人なら、この世界は最高かもしれません。

才能があれば認められる

才能がなければ認められない

努力は実る(方向を間違えなければ)

行動は結果をもたらす

知識は活かせる

勉強は身を助ける

そういう世界なのだと。

それが当たり前になってくるとだんだん楽しくなっていきます。

その一方で、。。。。

私の場合だけかもしれませんが、努力しない人間に対して冷たくなっていくのだと思いました。

なぜでしょう。

自分はここまで努力し、苦渋をなめて打ちひしがれて生きてきたとでも思い込んでしまうのでしょうか。

行動しない、学ばない、努力しない

そういった人間に対して、どんなに困っていようと、悩んでいようと、「しかたないんじゃないの」などと思う冷たい心が出てきてしまいます。

これは友達にも相談したんですが「そんなことないですよ」と応えてくださるのですが

やはり私としては「この人は私に気を使って優しいことを行ってくださるだけなのでは?」などと思ってしまうのです。

これは疑りぶかすぎだろ自分。

などとも思いますが、それが私の性格というものでしょうか。

日に日に、成長するたびに、人としての感性や心を失っているんじゃないかなと不安になることもあります。

はたまた、私は元から「人としての心」をもともと持っていなかっただけなのだろうか?

そういう疑いの気持ちが出てきます。

ああ

脱線してきたので、このへんでやめよう(笑)

ええつまり、自由であることには責任が伴います。

海外旅行にいくと、それなりに危険はありますよね。

海外旅行だけじゃなく何事もそうですね

自動車であれば、快適なドライブができる一方で、小さな命、大きな命、長年生きた命、生まれてまもない命

いろんな命を自分の手で殺めてしまうリスクもあります。

これはバイクもそうです

自分自身が命を落とすリスクもあります。

しかし、そういったリスクを忘れてか、気にしないでか人は毎日運転している

そう考えたら、リスクはあれど、リスク承知で行動すれば得られるものも大きいのかなと思うます。

自由で生きるには、リスクがありますが

それは自動車を運転するリスクと似ているのかもしれません。

最近強く思うこと

一人で仕事をするようになると、すべてが自分の実力に影響されます。

収入も休みも人間関係ももたらされる結果も未来も

すべては「僕らの手の中」であります。

未来も今日もすべて自分次第です

そうなると、最強のサイヤ人になりたいなと思うようになってくるのです。

サイヤ人はドラゴンボール見てない人は意味不明なので(笑)

最強の人になりたいな。

そう思うようになります。

その「最強」とは自分にとっての最強です。

ビジネスであれば、最強のマーケターになりたいとか、最強のセールスマンになりたいとか。

最強の社長になりたいとか。

そういうふうに思うのでしょう。

しかし、私は自営業やってるくせに「最強のマーケター」とかじゃなくて「歌がうまくなりてぇ」とか「三線うまくなりてぇ」「SRSしてぇ」という方向の気持ちが強くなります。

こういうのを「才能がない」っていうんでしょうか(笑)

マーケティングとかセールスとかの興味はほんとここ2ヶ月前からやっと興味が湧くようになりました。

遅すぎだろと思いますが、ほんと遅すぎです。

あと5年早く興味湧いていれば、今の収入もちがったんだろうな

なので、最近はマーケティングを学ぶ=歌がうまくなる(それにお金たくさんかけられるようになるから)という風に繋げて考えるようにしています

SRSもしたい気持ちが強くなってますので、稼げる金額が増えればSRS実現も早まる

というごく当たり前のことを今更ながら考えるようになりました。

いいわけがましくなってきたので、このへんでやめます

こうやって文章を書いてみると、私は言い訳ばかりしてるなと自分で気づきます。

言い訳ばかりです。あれができないだの、昔からこうだの

そういう言い訳ばかりしてるからやりたいことも、叶えたいことも後回しになって、達成できないんだな

そう気づきます。

言い訳してる暇があるなら、1円でも稼げばいいなと思います。

まとめ

以上の文章はぜんぶぶっとばしてOKで

結局伝えたいこと

それは「人生は有限だから楽しく生きようぜ」ってことです。

泣いても笑っても病気になっても元気になっても、起こられても人間は死にます。

私も死にます。

30代超えてから今まで以上に強く思いますが、死にます。

年年死が迫っています。

病気で死ぬのか。

事故で死ぬのか。

さーわからねぇが、死にます。

死にたくないけど、死にます。

今の延長線上にはなにがあるだろう。

そう考えたら、あーなんもねぇなと思います

何か新しいこと

何か努力

何かの勉強、学び、行動

なにかやらねぇと、あっというまに死ぬな。

80歳で死ぬのか?

60歳で死ぬのか?

わかりません

もしかしたら、交通事故とかで今年中に死ぬかもしれません。

「あーSRSできなかったな」

って思う間もなく死ぬ可能性もあります。

死んだらそこでおしまいですが

今までの人生どうだったのか?

なんかいいことあった?

なんか誇れることあった?

なんか楽しいことあった?

そう考えたら、あったのかもしれないけど

私はハッキリと「○○があった!最高だった!」って思えるものがありません。

たぶんSRSするまで私は「人間」になりきれていないんだな。

そう感じます。

男からの束縛、拘束から自由になれていないのでしょう。呪いが溶けない気がします。

というわけで、私は早く人間になりたい妖怪と同じ7日もしれません。

早く人間になって、人間として生きていきたいなぁそう思うます。

歴史に名を残すとか。

世の中に影響を与えるとか。

そんなことよりも私は人間になりたい。

世の中とか歴史とかよりも、まず「自分」に影響を与える自分になりたい。

そう思ってます。

そう思うようになったのもここ数ヶ月です。

今までなにやっていたんだろう。

なにかをやっていたのでしょう。

でも、過去の自分は赤の他人です。

過去の自分がどれだけ行動していようと、どれだけの偉業を成し遂げていようと、今の私にとって1日前より昔の自分は他人に見えます。

私は今の今を生きているだろうか。

楽しんでいるだろうか。

満足か?

そう考えたらなんともYESは言えないのです。

やべ

なんか暗いオチになってしまったので、盛り上げておわります。

いえーーーい!

まじ最高卍!!!

お母さんわたしを生んで育てて愛を込めてくれてありがとう卍!

これからもっと恩返しするね卍

まじ卍

おわり

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム