性別を男→女に変更するためSRSの前準備してきたぞ(1)スザンヌみさきより

こんにちは、スザンヌみさきです。YouTubeで女体化、女性化情報を発信してるMTF(男→女)です。

実は性別適合手術(SRS)の準備として健康診断に行ってきました。
↓↓

検査項目は「タイSRSガイドセンター」指定のものです。

これからタイで性別適合手術(S字結腸法)で手術しようと考えている私と同じMTFさんもこのブログ読んでくれてると思うので、ちょいと説明しますね

性転換前の検査項目

那覇市医師会館

これはガモンホスピタルでS字結腸法でSRSする場合なので、必ずしも性別適合手術にこんな検査が必要ってわけじゃないんですが(汗)

私が検査してきたのはこちら

・身長
・体重
・聴力
・視力
・尿検査
・血液検査(ヘモグロビン、赤血球、GPTなどなど、普通の検査)
・HIV検査(血液検査で同時にやる)
・胸部エックス線検査
・心電図

だいたいこんな感じです。

HIV検査とかは採血時に試験管5〜6本くらい採血されるので、注射の針刺されるのは実質一回です。 あとは全部痛くない検査なのでご安心を

検査はどうやって進む?

とりあえずは

受付

各種検査

医師の説明

会計

検査結果は後日(1〜2週間後)

という感じです。

健康診断当日の様子。受付にて

私は3日前に検査の予約をしていました。(電話で予約した)

「当日は13:30にお越しください」と電話対応の姉さんに言われていたので、間に合うように行ったら13:15くらいに到着。

そしたら人がズラーーーーーーーーーーっと並んでたというか、待合室が芋洗い状態になっていてビビった。

しかも受付は13:30にならないと受け付けてくれないから15分間ただぼーっと待ってた(笑)いや、さすがになにかしなきゃと思って、問診票みたいなのを書いたりした。

問診票書いて、13:30になったから受付でスタッフさんに「予約していたワサダです」って伝えて、どういう検査してほしいのかを伝えた。

アテンド会社(タイSRSガイドセンター)が指定してた検査項目の紙があるので、それを見せて「この項目を検査してください」って伝えた。

渡した検査の用紙

これを渡したら「英文ですね」と言われたのだけど、英文で書くなんて知らなかったから「え?」と驚いたけど、この用紙に「英文でお願いします」って書いてあるから、英文なのだろう。

自分でもよくわかっていないのだが、とりあえずこの魔法の用紙を医療関係者に渡せばすべて解決するようだ。

とにかく、受付を済ませて私は検査することにした。

問診票に「男」と書いたのに出てきたのは「女」だった

これ自慢とかじゃなくて、問診票に「男」って書いてたの。ハッキリ書いたの。

でも検査用紙には「ワサダナオ 31才 女」って書かれてて、とても不思議な気分になった。

病院では基本的に戸籍上の性別になってるはずなのに「女」になってるから、私は心配して不安になって「まだ戸籍上は男性なんです、これ間違ってます」って3回くらいスタッフさんに伝えた(笑)

そしたら

「あ・・・え、っと。でも大丈夫ですよ!」

という謎の返事が帰ってきて、私はどうしたらいいかわからず、病院の対応に身を任せることにしました(笑)

というわけで最後まで「女」になってました。

たぶん自費診療の検査だから、保険適用にならないしどうでもよかったのでしょう。

上着だけこういうのに着替えさせられた

受付後は写真の上着を着るように言われたので、女子更衣室で着替えた

イエーイ!女子更衣室イエーイ!

なんて、今更騒ぐこともないくらい女性での生活になれた私ですが「いまだにちんぽこついてて、戸籍上の性別『男』なんだよなぁ」と考えるとなんともダラダラと生きてきたんだろう私と落ち込みそうになります。

さっさと手術すればよかったのにね。

検査は採血、レントゲン、心電図、身体検査で終わり

健康診断っていうからたいそうすごいことをやるのかと思ってたら、学生時代に毎回やってた身体測定とあまり差がなかった。

身長〜体重〜聴力〜視力を測って、レントゲン撮って、採血して、心電図計測しておわり。

採血は血管に注射針をぶっ刺すので大嫌いなんだけど、一瞬で終わるしまぁいいか。血液検査は定期的にやってるからそれと同じ。

心電図の検査は着替えていた上着(オレンジ色の千鳥格子柄のやつ)をペラってめくられてジェル塗られてピトって機材貼り付けて測る。

計測は1分もかからなかっった。本当に一瞬で終わる。

すげー、なんというスピード。ギガ早い。まじギガ速い。

ソフトバンクのプランかってくらい速かった。

ただ、慣れてないので非常にくすぐったくて私は終始叫んでいました「うひゃー!!」って言ってた(笑)

健康診断のお金は?自費診療だから1万3714円だった

いろいろ調べて会計したら、1万3714円でした。

もし、保険適用だったら3割負担で4114円くらいでしょうか。

おもいのほか安かった。もっと2万とか3万かかるかと思ってたから、安心しました。

健康診断の結果が出るのは2週間後

ゆいレール「旭橋駅」奥のビルはOPA(オーパ)だよ

その日はそのまま歩いて帰宅しました。

検査結果は郵送でも直接受け取りでも、どちらでもいいけどとにかく2週間後とのこと。まぁ大丈夫と思うけど。

HIVの検査については1週間くらいで結果が出るそうです。ただ、HIVの結果は本人受取じゃないと渡せないらしく、郵送はNGとのこと。そこらへん面倒ですね

今後もYouTubeにも動画UPするのでお楽しみに

YouTube動画から抜粋

今回の動画は「性転換前の健康診断」についてのYouTubeでした。

健康診断の他にも性転換前の準備はたくさんあるので、少しずつ動画にしてYouTubeにUPしていきますね。

どうぞおたのしみに。

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム