甲状軟骨整形術4型-声を高くする手術-から6日経過の体調

今日で声を高くする喉の手術から6日経ちました。

のどの痛みは殆どなくなりまして、痛いというより
「うまく説明できないけど、とにかく”しっくりこない”っていう感じ」

そう、しっくりきません。 しかも喉の骨が明らかに左に傾いています。

正面から見ると右側です。

手術失敗か?

でも、そのうち治るような気がするので、もう少し経過を見守ります。

お医者さまに「剥がれないように気をつけて下さいね」
と、念を押されていた患部のガーゼもその日に剥がれるし、傷口はグロイし、もう最悪。

剥がれちまったもんはしょうがないので、薬局で包帯なりテープなりガーゼなり買ってきて、
自分なりに処置してみたら結構それなりになったのでちょっちルンルンです。

傷跡に対しては覚悟してたし、あんまり目立つようならタトゥーでも入れてみよかと思っているので、
そんな落ち込んでない。 ←傷口見たときはかなり落ち込みましたが

仕事がハードなので、少し大袈裟かもしれませんが仕事中は包帯巻くよ。

先生にはしばらく発声は控えるよう言われていますけど、
友人は手術の翌日から発声してたというので、「発言禁止」でも以外に大丈夫なんですね。
安心した(笑) ←ちゃんと医者の言うことは守りましょう

しかし、油断していると飲み物を口にする時に鼻から飲んだものが飛び出すということをすっかり忘れていて、
電車の中やテレビを見ているときに悲惨な目にあっています。

これも声を高くするために我慢です。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

ABOUTこの記事をかいた人

1987年生。12歳の時、世界で唯一熊本県球磨郡にしかない一武小学校を卒業。18歳で今はなき球磨商業高等学校を卒業(現役)21歳で名古屋市の数本の指に入るNHクラブに勤務。23歳でセミリタイア生活(無職)借金苦により自立。ネットでアフィリエイトとか販売とかコンサルティングとかして生計たててるアラサー男子ですw アラサー男子!!!>>詳しいプロフィールはこちら<<