性転換後4ヶ月目にしてダイレーションを5日サボったら激痛で血が出たわ(涙)

こんにちは、こんばんは、おはざます

スザンヌみさきです

最近はブログにほとんど書いてないけど性転換後はちゃんと毎日ダイレーションを続けてました。

タイから帰国直後はダイレーターといって、作った膣に突っ込む棒も細いやつを使ってました。

イメージ的にはマッキーの油性ペン分かります?太いやつ

あれくらいの直径でした

それから1週間ごとに太くしていって8月の下旬ごろには1番太いダイレーターを使えるようにはなってました。

そらくらい拡張して穴を広げていたのさ!

今エロいこと考えました?

ダメですよ(笑)

10月ごろからは二日に一回ダイレーションする程度に回数を減らしていきました。

意識的というよりは忙しくてダイレーションする気が起きなかったり疲れて寝てしまったり、純粋に時間がなかったりして二日に一回ペースでした

そして、今月。

11月になってからは3日に一回ペースになってダイレーションの回数がどんどん減っていきました。

作った穴は塞がってはいないけど、狭くなってるのは確実・・

というわけでさっき久しぶりにダイレーションを5日ぶりに時間確保してしっかりやってみたんですよ。

そしたら

3番のダイレーターがなかなか入らない・・・

あ、これはガモンホスピタルでSRSした人にしかわかんないかもだけど、直径2.5cmくらいの棒がまず入らなかった。

数日前まではもっと太い棒が入ってたのに今は入らなくてやーべーって感じ。

ヤーベー

入らなーい

などと言いながら時間かけてゆっくり棒を穴に突っ込んでおきました。

たぶん奥に入るまで10分ぐらいかかった。

そこから30分突っ込んだままにして、30分だったら棒を抜く。

そしてもう少し太い棒(ダイレーター)を突っ込む。

この作業の繰り返し。

棒が太くなれば、比例して奥まで入れるのに時間かかる。

そして痛みも増す。

ジワジワと痛む、マタズレでヒリヒリしてる所に棒を押し付けてる感じ。痛い

でもダイレーションしないと膣使った意味ないから頑張る。

血が出てるし痛いし、ヒリヒリするけど押し込む

30分ぐらいかけて1番太い5番のダイレーターを突っ込む

たぶん直径3.5cm〜4cmくらいの太さ

大したことないように思えるけど、ダイレーションサボってた私には太いわ。 

この太さは男性的には自慢できる太さなんだろうか

そういうことを考えながら痛みに耐える。

ぬぁあっいってぇ・・・

いや、マジだ。痛い、んー、入らない

と言いながら挿れる。痛い

そして奥まで挿れる

この太さになると肉と肉の間を無理やり押し広げてる感覚があって少しびびってしまう。

私の内臓が引き裂かれるのではと不安になりながら

なんとも言えない、言葉にできない感覚が

あっ/////////

・・・・

な、

なんでもないです///////

ここから30分突っ込んだままにして耐えるのがキツイ

ツライ

タイでのダイレーション生活を思い出すほど痛い。

しかし、冷静に考えればタイにいた時のダイレーションのほうがキツかったし痛かった。血も出た

そう考えたらまだまだ大したことはない。

そしてダイレーション終了。

結論として、ダイレーションはサボらないほうがいいね。

当たり前だけど(笑)

スザミックスブランド立ち上げました

ひょんなことから自分のアパレルブランド作っちゃいました(笑)

かわいいアイテム置いておくんでみてみてね

サイトはこちらでーす

https://suzmix.paintory.com

今は個人でなんでもできる時代ですよね。ほんとすごいなって思う

今この時代に生きてることがどんなに幸せか。、考えたらわたしは幸せものですね

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム