睾丸摘出手術を割引価格でやりたい人向け情報

こんにちは!スザンヌみさきです。

この記事では「睾丸摘出術」をやりたい人向けに、詳しい手術の情報を伝えています。

そして、できるだけコストを抑えたい!

そんなあなたに割引価格で睾丸摘出手術ができる方法を伝えていきますよ。

 

どうしたら睾丸摘出手術ができるの?

私は愛知県名古屋市にある「フローブクリニック」という美容外科の紹介業をしています。

今まで紹介して睾丸摘出手術を実際にされた方は、現時点で120名以上になります。

私が紹介できるのは名古屋市の「フローブクリニック」だけですが、私の紹介があれば通常よりも安く手術ができますよ。

具体的な流れはこちらです。

 

 

【1】申し込みフォームより申し込み

こちらが睾丸摘出手術の紹介申し込みフォームです

クリック&タップして開いたページに

・メールアドレス
・お名前
・手術したい理由

以上3つを明記の上、「登録」ボタンを押します

 

スザンヌみさきから紹介動画が届く
お名前を送って頂いた後は、私が専用の動画を作ってメールと共にお送りいたします。

↑名古屋駅〜フローブクリニックの地上ルートを解説した動画のキャプチャです

↑名古屋駅〜フローブクリニックの地下ルートを解説した動画のキャプチャです。

 

そこで、予約の流れ、フローブクリニックの所在地や手術前後の注意点などなど説明いたします。

手術前の心の準備をするためにも見ていただければと思います。

 

予約メールの例文、紹介状はフォーム登録後にお送りします

 

 

【2】フローブクリニックに予約連絡

動画で説明されてる流れの通り連絡&予約をして、手術日を決めます。

 

【3】手術に挑む

当日は紹介状が必要になるので、印刷して持っていくようお願いします。

手術代も当日受付に支払います。

 

睾丸摘出手術がいくら割引になるのか?

私の紹介だと5万4000円割引になります。

手術代は通常21万6000円ですが、スザンヌみさきの紹介だと16万2000円(税込)になります。

 

誰でも睾丸摘出手術できるの?

私の紹介を受けたら必ず手術を受けられるワケではありません。

詳しくはフローブクリニックHPの「睾丸摘出術(MTFに対する性別適合手術の第一段階)の実施にあたっての確認事項」をご覧ください。

 

割引が適用にならない例外もあります

既にフローブクリニックで何かしらの手術をしたり、通院中の場合は紹介割引が適用にならない可能性があります。

詳しくはフローブクリニックにご確認ください。

 

睾丸摘出手術をして身体は問題はないのか?

問題あります。

睾丸(精巣)は男性ホルモンを作り出す臓器です。

取ってしまうと、男性ホルモンを自分で作り出すことができなくなります。

また、精子を作ることができなくなるので、今後一生不妊になります。

つまり、子孫を残すことができなくなります。

 

睾丸摘出手術をされる方々はリスクを承知で手術をしています。

もし1ミリでも気の迷いや不安があるなら手術しないことをオススメします。

※詳しくは手術前のカウンセリングでも詳しく説明があります。

 

その後のSRS(性別適用手術)に影響はないのか?

睾丸摘出手術をすると、陰嚢(たまたまの皮)がちぢんでしまうので、反転法によるSRSが難しくなるようです。

陰嚢の萎縮(いしゅく)は、1年〜2年ほどで進みます。

陰嚢が萎縮してしまうと、反転法ではなく、S字結腸法でのSRSじゃないと手術できなくなります。

 

将来的に反転法でSRSをしようとお考えでしたら、睾丸摘出手術はしないほうがいいです

 

また、タイの「スポーンクリニック」では、陰嚢の萎縮が進んでいるとSRS手術を断る場合があるようです。

睾丸摘出手術をしても、SRSはできるようですが、陰嚢の縮みぐあいによってはSRSが受けられないようです。(タイSRSアテンド業者HPに記載されていました)

 

手術は部分麻酔?全身麻酔?

フローブクリニックの場合は、全身麻酔で睾丸摘出手術をします。

丹羽院長先生のお話によると、部分麻酔はデメリットがあるようです。

 

部分麻酔のデメリット

手術中に痛みがあり、患者さんの痛みが強いと、そのたびに手術を中断することになる。

手術が中断すると、手術時間が長くなるので、身体への負担が大きくなる。

手術中に患者さんが動くので、傷口が大きくなる可能性がある。

手術時間を短くして、身体の負担を減らすためにも全身麻酔のほうがよいと判断しているので、全身麻酔で手術している

とのことでした。

ちなみにフローブクリニックの丹羽院長先生は、麻酔科の先生でもあります。

 

手術前に血液検査は必要ですか?

術前の血液検査は必要です。

基本的には手術前に一度カウンセリングと血液検査をします。

 

遠方で通院が難しい場合は、個別の対応もできるとのことなので、一度、フローブクリニックにご相談ください

 

手術にはデメリットがあります。

デメリットをじっくり考えて、自分の心と相談して本当に手術するか決めましょう。

 

覚悟を決めたらこちらのフォームからご連絡ください

↓ ↓

こちらが睾丸摘出手術の紹介申し込みフォームです

 

 

申し込んだら必ず手術しなければダメですか?

手術しなくても問題ないです。

むしろ、不安に感じていたり、迷っているなら、手術は辞めてください。

フォームに登録しちゃったけど…

やっぱり不安!

そう少しでも感じたら、手術しないほうがいいです。

まずはカウンセリングを受けて、そこで判断したい。

そう思ったらカウンセリングの予約だけでOKです。

 

カウンセリングした結果、不安があるなら手術は絶対にやらないほうがいいです。

 

過去の私のように、カウンセリング受ける前から覚悟が固まっている人じゃないとダメですよ

 

以上、割引料金で手術の流れです。

何か質問や、聞きたいことがあれば、女体化お問い合わせフォームよりご連絡下さい

 

ではまた!

 

 

※おかげさまでこの記事がGoogle検索1位に選ばれました。

正直ビビりました。

 

==================================

男に生まれた私ですが、10年前から女性として生活しています。

今も女子度UPのために肉体改造と美容に精を出しています。

というか、自分を磨いていくと、日々の変化が感じられるし楽しいから好きなんですよ。

私も最初からこんな人間だったわけじゃないです。

男時代は体格も良かったし肥満だったし、体毛も濃いし、声も低かった。

 

とても女としては生きられそうにないレベルの男でした

男の中の男って感じ。

 

そんな私ですが、女で生きるために努力していく中で、どうしたら女性らしくなれるのか?

どうやったら肉体が女性化するのか?

わかってきたので、10年のキャリを活かしてメルマガ読者さん限定で女性化方法をお届けしています。

メルマガは無料で読めます。

登録者には女性で生きるために必要な考え方や、どういう行動をすればいいのか?

って部分を話しています。

登録直後の自動返信メールでそんなプレゼントが受け取れますので、興味があればお気軽に読んでみてください

こちらからメルマガが読めますよ

→スザンヌみさきの女体化メルマガはこちら

 

メルマガ登録者限定で、全国の女性ホルモン注射できる病院の一覧もプレゼントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム