無一文でも無資格でも上手くやっていける「土下座マインド」

2015年頃から「土下座マインド」で生きているみさきだ。

 

別に本当に土下座する必要はないんですけど。

何か学ぶ時、何かを吸収するときは、土下座してもいいから、相手に教えてもらうスタンスです。

スタンスってのは立ち位置ですね。

 

 

理由はこちら。

 

私が知ってる限りですが、日本人は「上から目線」が嫌いです
大嫌いです(笑)

なので、高圧的な態度や言葉遣いしてる人間が嫌いです(笑)

逆に謙虚で下手(したて)に出る人には優しい。

自分が学びたいものがあれば、とにかくしたてに出て教えてもらえるようにしていきます。
極端なところ土下座です。

 

例)オムライスの作り方を学ぶ

自分が嫌いな奴がいたとします。

仮に「A」としましょう

そいつがある日、あなたにこう言ってきました

A「私さー料理下手だからさ、教えてくんないかな?」

あなた「え、でも私もそこまで上手じゃないんですけど」

A「えー下手なの?…まぁいいや、教えてよ、ね、いいじゃん」

あなた「…ごめん、ちょっと今仕事忙しくてさ」

A「えー、休みの日でいいからさ、いいじゃん」

あなた「休みの日は用事があって」

A「えー私よりも大事な用事ってなに?」

 

・・・・・

 

・・・・

非常にむかつきますね(笑)

 

 

次は謙虚なBさんの場合

B「私料理下手なんで教えてほしんです。どうでしょうか?」

あなた「え、でも私もそこまで上手じゃないんですけど」

B「いえいえ、あなたはすごい上手ですよ。私、あなたみたいに料理できる人になりたいんです」

あなた「でも、仕事が忙しくて」

B「ですよね。なので無理にとは言いません。ほんと手が空いた時で構いませんし。お礼も支払わせて頂きますし…」

あなた「えっ、そんなお金とか悪いですから」

B「いやいや、私の一方的なお願いですから、これはほんの気持ちですから。気にしないでください」

あなた「えー、悪いですから」

・・・・

・・・・

 

えーっと。

Aを断るにしても、Bを断るにしても。

Bさんに悪い気はしないんじゃないでしょーか。

むしろ、Bさんになら教えて上げてもいいかなと。

この時のBさんがわたしのいう「土下座マインド」です。

私としては知りたいこと、やって欲しいこと。

 

そういうのを人にお願いする時は、基本的にお金がかかると思って生きてます。

なので、教えてもらう。
やってもらう。

お礼にお金払う。

 

これ、普通だと思ってます。

家族でも親戚でも普通だと思ってます
(親族だとお金はいいよと高確率で言うけど)

 

 

なので、すごく腹黒い発言ですけど。

土下座で済むならラッキーだと思ってます。

土下座って。

 

頭下げるだけですよ。

頭下げることに何の価値も生み出してないというか。

頭下げてお金が空から降ってくるなら、毎日土下座するよ。

 

でも、降ってこない。

別になんのことはない。

そんなことでいいならいくらでもやりますよ。

くらいの気持ちでお願いすれば、良心的な人なら高確率でOKしてくれます。

もし、お金を払うことになったとしても

「それが普通」だと思って生きているので別に気になりません。

そういう気持ちで生活してれば人間の世の中はだいたいうまくいきます

 

 

土下座マインドが足りないと思った事件

もうすこしだけ話します。
すぐ終わるので(汗)

 

このあいだ、友達がメイクレッスン教室みたいな所に行って
メイクを教えてもらったそうです。

これはもちろん有料です。

 

私の個人的な話なんだけど。

いままで、「私は自分はメイク上手い」と変なプライド持ってたんですよね。

 

なので、そもそもの発想として「メイクレッスンに行く」って考えがなかったです。

友達は自分のメイク技術向上のために、お金払ってメイクを教えてもらった。

 

友達はすげーと思います。
まさに「土下座マインド」だと思います。

そうやって友達から連絡貰った時に私は気づいたんですよ

 

「あ!今まで私変なプライド持ってたんだ!」

 

そう気づかせてもらいました。

 

目からうろこというか。
目からニシキヘビというか。

 

軽いぴりっとした衝撃が脳みそにブスリと刺さったような。

自分まだまだだなぁと思いました。

 

何かのプロフェッショナルの人って、そこで満足しないで
定期的に何かの勉強会とかセミナーとかに行ってるんですよね。

 

コンサルティングを受けている人もいます。

身近な例だと、お医者さんは毎週木曜日に勉強会に行くとか。

 

あまりイメージ沸かないと思うんですけど。

 

企業のコンサルティングをしているお仕事されてる人も、自分自身が自分より優秀な人からのコンサルティングを受けていることも珍しくないそうです。

 

わたしはちょっとそこらの土下座マインド足りなかったなーと思うんです。

自分はできるとか変なプライドもっちゃってて。

ちょっとガキだったなーーーーと思いました。

なので、気づかせてくれた友達には感謝してます。

 

 

 

まとめ

長くなりました(汗)

今日大事だったのは「土下座マインド」です。

自分を驕り高ぶることなく、学びをこう姿勢かな。

 

変なプライド持っちゃって、人の話を素直にきかなかったりすると損するのは自分だけって話でした。

土下座マインドを持っていると、世の中の世渡りも上手になってきますし。
そもそも人から嫌われることが減っていきます。

 

普通ならお金かかることも、無料で教えてもらえるかも?
(それを期待しちゃダメですがw)

 

これは「無知の知」にも繋がっていきます。

自分は完全じゃないし、完璧じゃないことを自覚している。

だからこそ自分より技術や知識、経験が上の人がいると認識できる

そうなると、人に学びをこうことが恥ずかしくなくなります。

この「土下座マインド」を持つようになるのは難しくはないです。

 

 

世の中は広く、人間には得意と不得意があって当然。

熊本で生まれ育った人間は熊本弁に詳しくて当然。

秋田で生まれ育った人間は秋田弁が上手で当然

 

だからこそ、熊本県民が秋田弁を習うなら秋田の人に聞く
それって別に変でもなんでもないです

 

秋田弁に触れたことがない人間が「私は秋田弁くらい余裕だし!」
って思い込んでるほうが異常というかおかしいです

 

そうやって広い視野で自分を客観的に見てみれば、
別にプライドを捨てても問題ないし、むしろプライド持ってるのがなんか馬鹿らしいと思えると思います

他人と自分は知ってる知識量の差があって当然なんだ

 

できる技術が違って当然なんだ

そう気づけると土下座マインドも身につくかなぁと思います。

カンタンなので試しにやってみてください

 

===========================

私はネットを使って収入を稼いでいます。
なので会社にも住む場所にも縛られず自由に好き勝手生きてます。

「なにそれ超怪しくない?犯罪でもやってんの?」
って同級生に言われたんですが(苦笑)ほんと怪しいですよね

特殊な才能があるんだ!すごい!

とか言う人もいますけど、昔は借金苦でしたし、ブラック企業で会社の社畜となってました。
資格も技術も免許もないし、そもそも大学にも行ってません。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、住む場所や会社に縛られない自由な人生を手に入れました。

雪が見たいなと思ったら雪国の北陸に行ってスノボしたり。
海が見たいなーと思ったら沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。
友達と遊びたいなーと思ったら名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。
とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。
私は学歴もないし、資格や免許も持ってません。
そんな私でも日々コツコツやることの重要性を知ってから一人で稼げるようになりました。
同じようにやれば誰だってできる単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私がネットで稼ぐまでの話などを
こちらの記事で公開しています。

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

 

Similar Posts:

ABOUTこの記事をかいた人

1987年生。12歳の時、世界で唯一熊本県球磨郡にしかない一武小学校を卒業。18歳で今はなき球磨商業高等学校を卒業(現役)21歳で名古屋市の数本の指に入るNHクラブに勤務。23歳でセミリタイア生活(無職)借金苦により自立。ネットでアフィリエイトとか販売とかコンサルティングとかして生計たててるアラサー男子ですw アラサー男子!!!>>詳しいプロフィールはこちら<<