電車の乗り換えもビビってたド田舎出身の私がなぜこんなに自由に生きられたのか?

まいど、みさきんちゅです。

 

2017年もそろそろ終わりそうだなー

というわけで、12月29日に高校の同窓会に参加してきた。

 

以外にも未だに連絡できるのは高校の同級生だったりする。

小学や中学の同級生は連絡先知らない人ばかり。

というか、誰もしらない(笑)

 

とある同級生はLION(ライオン)という名前でダンス活動をしているらしい

海外でもダンス踊ったりしてるらしい。

那覇にもよく来るらしい(笑)

 

その同級生だけは連絡先知ってるが、LINE送っても既読もほぼつかない

これは縁がないということだろうか(笑)

 

それはさておき、同窓会でハッキリ感じたことがある。

 

それはやっば

「好き勝手生きていいんだ」

って部分

 

同窓会と触れ合って交流していくなかでハッキリと思い知った。

知ったというレベルじゃない(笑)

 

思い知ったわけだ。

 

こっちが好むと好まざるを得ずに知ってしまう感覚。

そういう「思い知った」ことが「好き勝手生きていい」ということ。

 

 

どういうことだ?

 

それは次回の記事で書こうかなぁ

 

※追記

書きました→「家族、友人、上司、兄弟みんなからダメだって言われるし、反対されるけど好きに生きていい理由」

 

今回は「電車の乗り換えもできなかった超ビビリの私がなぜ今こんなに好き勝手自由に生きているのか?」

って話。

 

 

 

 

電車の乗り換えもできなかった高校生

18歳で就職してから愛知県〜神奈川県〜埼玉県の都市部で生活しているからさ

高校生でも電車の乗り換えくらいできるだろう。

それって当たり前だよな。

 

そう感じはじめていた私。

 

しかし、思い返せば自分自身は電車の乗り換えどころか

「電車の使い方が全くわからなかった」

 

そんな高校生だった。

 

 

私が生まれ育った熊本県球磨郡(くまもとけん くまぐん)は超ド田舎だ。

 

電車の移動よりもクルマの移動が基本。

私もかなりの引きこもりだし、ぜんぜん全く活動的ではなかった。

 

なので、熊本市に行くとかそういう活動的なことはしなかった。

 

生活する中で電車に乗る必要性が全くない。

だから電車の乗り方、切符の買い方、使い方も一切わからなかった

 

ましてや乗り換えも全くわからなかった

 

 

ところが高校生になり、就職する時期が来た。

 

就職は東京に生きたいと思っていたので、飛行機に乗って羽田空港まで行って。

 

東京モノレール

山手線

小田急

 

乗り換えて梅ヶ丘の寿司屋まで行った。

 

羽田空港?

山手線?

小田急?

 

そんなのはドラマとかニュースでしか聞かない外国の話だった。

なのに、自分が実際に東京にいる。

山手線を使っている。

 

信じられないけど、これが現実だった。

 

私は就職するため、生きるために全くわからなかったことをするハメになった。

飛行機なんて生まれてから乗ったことはない。

電車の乗り換えもわからない人間だった

 

なのに東京モノレールや山手線を乗り換えて移動した。

親が教えてくれるわけじゃない。

 

先生が教えてくれるわけじゃない。

 

乗り間違え、乗り過ごしもあった。

それでも必要にかられて行動した。

 

 

超ビビっていた

 

そして、結構楽しかった。

 

東京に就職するため、東京都世田谷区?だっけ?

梅ヶ丘の寿司屋に面接に行ってきたが、全然ダメで(笑)

 

面接は落ちたので、別の会社の面接を受けることにした。

愛知県のパチンコ業者だったんだが、たまたま福岡県の北九州駅ビルで面接があった

 

 

 

高速バスで北九州駅まで向かった。

そして、面接には落ちた(笑)

 

 

うちは貧乏だった。

母子家庭だし、母親の収入では子供を養う余裕はもうなかった。

 

わたしも養われる気持ちはさらさらなかったし。

早く就職して金を稼ぎたいと思っていた。

 

私には立ち止まることも、引き返すこともできなかった。

だから前に進むしかない。

 

面接に受かるまで就活するしかなかった。

 

そしてそれを望んでいた。

 

 

パチンコ業者は落ちたので、最終的には愛知県一宮市の居酒屋に面接に行った。

 

実家近くの空港は鹿児島空港。

 

鹿児島空港から愛知県の中部国際空港に行き、名鉄で一宮駅に行った

 

二度目の飛行機

二度目の電車と乗り換え

 

このころには慣れていた。

 

東京で経験してたからね。

 

ビビってはいたけど乗り換えもできたし、飛行機にも乗れた。

 

幸いながら面接に受かってその会社で働くことになった。

後にその会社がブラックだったことが判明し、恐ろしくも貴重な体験をすることになるのだが

それはまた別の話なので、今回は割愛。

 

 

 

とにかく

 

 

都市部の高校生にとっては、電車に乗るのは日常の1ページなんだろう。

電車の乗り換えなんて、コンビニを利用するくらい屁でもないこと。

 

だが、ド田舎の高校生にとってはドキドキ体験だし、不安がつきまとう。

困った時に助けてくれる親や先生はいない。

 

余計に怖い。

 

 

そして、それが今も昔も田舎の現状だってことだ。

 

数年前まで私の兄(当時25歳)は電車の乗り換えがわからないから東京には行けないと本気で言っていた。

なので私が東京ディズニーランドへの案内をしたのだが(笑)

 

これが田舎のリアルなのである。

 

つい先月私のイトコ(30歳)が人生で初めて飛行機に乗ったらしい。

 

これが田舎のリアル

 

 

何が言いたいのか?ってーと

 

住む環境、育った環境で人間の価値観は違う

ということを言いたい

 

 

 

電車の乗り換えもできず、ビビってばかりだった人間がなぜ今自由に行きられるようになったのか?

 

それは「自由に生きる方法」を経験を通して学んで来たからだと思う。

 

 

ちょっと広い世界に目を向けてみれば、当たり前のように自由に生きている人間がいる。

 

まるで、田舎の高校生が、乗り換えも自由自在にこなしている都市部の高校生を見るようなイメージ。

 

田舎の高校生にとっては

「電車乗れるの?すげー!!」

「乗り換えできるの!?すげー!」

「飛行機乗ったことあるの?すげー!」

 

って状態

 

都市部の高校生からしたら、「え?これって別に普通じゃないの?」ってことであってもだ

 

 

過去の私は、

自力で稼ぐのって難しそう

頭良くないと無理そう

コネがないと無理そう

人脈とか資金力がないとダメそう

 

などと不安に思ってたし

そういう生き方をしてる人を「すげー!」って思ってたけど

 

 

実際に自由に生きている人たちの情報を得て、自分も行動をして見ると

意外とできちゃうものだってことがわかった。

 

 

 

私が初めて東京に来た時。

 

乗り換えも路線も乗り方も路線の名前もわからず。

方向感覚も全くわからなくて困っていた時。

 

品川駅の駅員さんがメッチャクチャ丁寧に色々教えてくれたんだ。

 

その当時は駅員さんが言ってることがほとんど理解できなかったし

路線もよくわかってなかった。

行動してはみたものの、正しい道に進めているのかも一切わからなかった。

たぶん、大丈夫かもしれない

 

そう不安ながら動いていた。

 

ネットで稼ぐとか、自力で稼ぐとか。

会社に依存せずにお金を得て生計を立てていくとか

 

 

最初は不安だし、わかんねーし

ネットで得た情報も、教材を買って学んだ情報もよく理解できない

正しい道に進んでるのか、方向があってるのかも全くわかなんない

 

だが

 

そうやって行動していったらだんだん分かってくる。

正解もわかってくる。

 

 

それは電車の乗り換えでも、ネットとか自力で稼ぐってのも同じだと思う。

 

というか、非常に似てる。

 

そうやって人間は行動していくんだと思う。

だから、不安でも行動したらいいし。

というか

 

不安って絶対あると思う。

不安に突っ込む。

それが成長につながっていくんだと思う。

 

 

動画を取りました。

↓ ↓

 

損することにビビってたら成長はない。

という感じの内容です。

 

うーん

 

いや、むしろ「損したほうが成長する」って動画かな(笑)

 

動画の中で「子供がいるから行動できない」って話をしてるんだけど。

 

もしかしたら、この価値基準もド田舎の高校生の価値観と同じかもしれないね。

 

 

子供がいて、お金もあまりないけど行動できる人の価値観ってのは。

都市部の高校生が電車の乗り換えに感じていることと同じで

 

「え?べつに子供いてもそこまで行動制限されなくね?」

ってことなのかもしれない。

 

確かに面倒なことはあるし、大変なのかもしれない。

 

だが、「だからって行動できないってレベルじゃないっしょ」

 

そうやってさらっと言う人間がいるのだろう。

ただ、その世界を知らないだけで。

 

 

本当に行動したいのならば、子供がいるけど行動しまくっている人の情報なりブログなり探すだろうしね。

 

逆に「子供がいるから行動できる」ってこともあるだろうしね。

 

見ている視点

見ている角度を少し変えると今まで行動できないと思いこんでた壁が実は、引けば開く扉だったことに気づくかもしらん。

 

 

というわけでおわります

 

 

 

日記

 

地元の人吉ではそこそこ知名度があるらしい「龍風(ロンプー)」ラーメンのオススメのやつ。

チャーシューがテレビのリモコンくらい分厚かった(笑)

 

これは鹿児島空港での一枚

 

↑鹿児島空港のカフェなんだが、値段が安いと感じる。

鹿児島の物価なのかな、それともこのお店が安いのかな

 

所変われば物価もかわる。

金銭感覚も変わる

 

 

 

ばーちゃん家の田んぼで三線弾いてきた。

田舎はどこでもかしこでも三線弾き鳴らせるからいいねぇ(笑)

お待ちかねの同窓会の写真。

 

老けた子、キレイになった子、太った子、変わってない子、いろいろいた。

性別変わってたやつもいたなぁ誰だろう(笑)

 

===========================

私はネットを使って収入を稼いでいます。
なので会社にも住む場所にも縛られず自由に好き勝手生きてます。

「なにそれ超怪しくない?犯罪でもやってんの?」
って同級生に言われたんですが(苦笑)ほんと怪しいですよね

特殊な才能があるんだ!すごい!

とか言う人もいますけど、昔は借金苦でしたし、ブラック企業で会社の社畜となってました。
資格も技術も免許もないし、そもそも大学にも行ってません。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、住む場所や会社に縛られない自由な人生を手に入れました。

雪が見たいなと思ったら雪国の北陸に行ってスノボしたり。
海が見たいなーと思ったら沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。
友達と遊びたいなーと思ったら名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。
とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。
私は学歴もないし、資格や免許も持ってません。
そんな私でも日々コツコツやることの重要性を知ってから一人で稼げるようになりました。
同じようにやれば誰だってできる単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私がネットで稼ぐまでの話などを
こちらの記事で公開しています。

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム