家族、友人、上司、兄弟みんなからダメだって言われるし、反対されるけど好きに生きていい理由

まいど、みさきです。

ネットでは「スザンヌみさき」って名前で活動しているので

 

「スザンヌさん」とか言われることが増えたんだけど。

個人的には「みさきさん」と言ってもらえたら嬉しいなぁなんて思っている今日このごろ(笑)

 

前回記事「電車の乗り換えもビビってたド田舎出身の私がなぜこんなに自由に生きられたのか?」

 

にて、「自由に生きていいんだって思い知った」と話していたので、その理由をこちらのエントリーで解説するぞ!

 

 

 

ニューハーフですやん自分

超個人的な話だけど。

わたくしニューハーフですねん。

オカマですねん

元男ですねん

 

(1)男として生まれ

(2)男として育ち

(3)戸籍も染色体も身体もすべて男

 

ですねん

 

完全に男だし、医学的にも「あんたは男よ!」って太鼓判もらってるほど男なのよ。

 

でも今は、手術して見た目も変えて女として生活してますねん。

 

戸籍はまだ男なんだけど、性転換手術の稼ぐために一生懸命金稼ぎしてる感じ。

一生懸命会社に勤務して

時間外労働とか

給料でないとわかってるサービス残業をして

必死にお金を稼いでいる人が世の中には大勢いるけど

 

私もそんな努力家のみんなと同じように、一生懸命金稼ぎをしている。

 

それはさておき。

 

男から女になるまでに、当然ながら家族、親戚、友達含む大反対に会うわけよ(笑)

もうそりゃーー嫌がられて。

怒られて

勘当されて(笑)

軽蔑されて

 

いま、ここに到達した(笑)

ウケる(笑)

 

 

小学生とか中学生の頃から先生や親や、おじーちゃんおばーちゃん、アニキ含めいろんな人が私を叱ってくれた。

みんなに愛されていたんだと思う。

 

そして、私はみんなの期待を裏切りまくって生きてきた。

 

怒られるのが日常になりすぎたのだろうか?

とにかく怒られまくって生きてきたんだと思う。

 

親や、先生、家族、親戚

みんなが言うことは守ろうと努力してきたつもり。

 

そして、自分がコレやりたい!って思ったことをやる。

そういう部分にも努力してきたのかもしれない。

 

親や、家族、先生、友達、親戚。

みんなの教えや忠告を大事にして、自分の意志も大事にしたのかもしれない。

 

色々と悩むこともあったし、失敗もいっぱいしてきた。

 

そうやって生きてきて、色々経験した。

 

愛知に住んだり、神奈川に住んだり、埼玉に住んだり。

色々と点々として

色々な仕事をして

色々な人とであって

 

色々な人脈ができあがって

色々な経験と色々な価値観に触れてきた。

 

 

そして昨日、高校時代の同級生との同窓会に参加してきた。

 

自分のコトを話せば、肯定的な反応もあれば、否定的な反応もあった。

 

例えば、「ネットで稼いでる」みたいな話をすると

 

 

「それって合法?」

「あやしくない?」

「逮捕されるなよ」

 

みたいな反応をしやがる(笑)

冗談なのかもしれないけど、批判混じりだったりする。

 

みんな興味があるけど、怪しいと感じているんだと思う。

過去わたしもそう思ってたから正しい反応というか。

 

当たり前の反応なんだと思う。

 

 

人間は価値観がみんな違うから、批判的な反応、肯定的な反応があって当たり前。

 

だから私はこれでいいんだって改めて感じた。

 

私だって「田舎に引きこもって同じ事の繰り返しで何が楽しいのかな?」

 

なんて同級生に感じることはある(汗)

失礼かもしれないが、それが私の正直は反応。

口には出さないが心ではそう感じていることに間違いはない

 

否定も批判もしないが、同意はできない感じ(笑)

 

 

怪しいもの

未知のもの

 

未知のものに触れたりチャレンジしていった人間がどうなったのか?

 

ビビって行動しなかった人間がどうなったのか?

 

同窓会で垣間見ることができたと思う。

 

 

こんなコトを書くと同級生のこと批判してる風にも見えるけど(笑)

 

あー批判してるのかもしれないけど、価値観が違いすぎるというか。

価値観が違うその背景も理解しているからこそ、なにか納得があるのかもしれない。

 

 

なんというか、自分が良いと思っていることを怪しく感じたり

批判的な人がどういう生き方を今までしてきたのか?

 

 

批判する理由も含めてそれが理解できたって感じかな。

 

ああ、これなら批判して当然だよな。

っていう感覚。

 

それを知ることができたので、自分にとってはすごく良い学びができたと思う。

 

 

今まで頭ごなしに否定して来る人、批判的な人間。

その人達が批判的な態度を取る理由、その背景、その価値観。

 

なるほど。

 

 

今までこうやって生きてきたんだから、批判して当然だし、反論するのもよくわかる!

 

その謎が解けたようなスッキリとした爽やかさがある。

 

 

 

結論を言うと、人間が批判したり反論したり、怪しく感じる理由は経験の差だと思う。

そして、多くの価値観に触れてきたのか?

 

多くの価値観に触れたのか?その経験回数という言い方がいいかな。

 

 

 

例えば、私は愛知県、神奈川県、埼玉県に住んでいたので、その土地の価値観というのはなんとなくわかる。

愛知の人間、神奈川の人間にも触れてきたから、自分と全く違う生き方をしてきた人たち

 

自分には全くしらない情報を知っている人たちが世の中にはいるんだなってことが体験を通して記憶にある。

 

海外にも行ったし、今は沖縄にいるから、また沖縄でそういう価値観に触れていくんだろう。

 

 

それが、球磨郡という熊本県の田舎をほぼ生活の中心にしていた人間になると?

同じ土地に住んでいる人間との交流がメインになるだろうから、価値観は似通っているんだと思う。

 

外国人と交流する機会がなければ、多くの価値観に触れる経験も少ないと思う。

 

だからこそ全く知らない別の価値観を目の前にすると驚くし、最初は批判するんだと思う。

むしろ、それは私もそうだからよくわかる。

 

批判的になってしまうのもわかる。

 

 

自分がこれから情報発信をしていくなかで、批判的な意見、反論が当然ながら出て来るのだが

その理由と背景が見えて来た気がする。

 

 

そして

 

この反論、批判的な人たちは一生反論しつづけるわけじゃない。

 

全く新しい情報や価値観に触れた時、人間は否定的だし反論したくなる

これは多くの人間の共通反応だと思う。

 

 

受け入れるまで時間がかかるかもしれないが、接触回数を増やしていけば徐々に慣れていくし

受け入れる人も増えると思う。

 

それは自分自身がそうだからだ。

 

 

だから否定されること、反論されること。

これはこの先当然のようにおきることだし

 

これは人間の生活のなかでおきる日常の一部なんだなと思う。

 

だから私はビビらなくていいんだって思う。

これは人間のコミュニケーションの一部なんだ

 

人と話をしてて、驚くとか、笑顔になるとか、きょとんとするとか、怒るとか。

そういう日常の一部でしかない

 

だから気にすることなくどんどんやっていけばいいと思う。

 

むしろ、人が驚くような、反論するようなものってのは、それだけ相手にとって全く新しい価値観なわけだから

それを世に出していくのは、面白いことが起きるキッカケなんだと思う。

 

 

結論

なのでやっぱり好き勝手にやっていい

好き勝手に生きていい

 

反論されたり、否定されるかもしれない

でも、それは当たり前だから問題ない

それがコミュニケーションというやつだから

 

===========================

私はネットを使って収入を稼いでいます。
なので会社にも住む場所にも縛られず自由に好き勝手生きてます。

「なにそれ超怪しくない?犯罪でもやってんの?」
って同級生に言われたんですが(苦笑)ほんと怪しいですよね

特殊な才能があるんだ!すごい!

とか言う人もいますけど、昔は借金苦でしたし、ブラック企業で会社の社畜となってました。
資格も技術も免許もないし、そもそも大学にも行ってません。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、住む場所や会社に縛られない自由な人生を手に入れました。

雪が見たいなと思ったら雪国の北陸に行ってスノボしたり。
海が見たいなーと思ったら沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。
友達と遊びたいなーと思ったら名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。
とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。
私は学歴もないし、資格や免許も持ってません。
そんな私でも日々コツコツやることの重要性を知ってから一人で稼げるようになりました。
同じようにやれば誰だってできる単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私がネットで稼ぐまでの話などを
こちらの記事で公開しています。

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

 

Similar Posts:

    None Found

ABOUTこの記事をかいた人

1987年生。12歳の時、世界で唯一熊本県球磨郡にしかない一武小学校を卒業。18歳で今はなき球磨商業高等学校を卒業(現役)21歳で名古屋市の数本の指に入るNHクラブに勤務。23歳でセミリタイア生活(無職)借金苦により自立。ネットでアフィリエイトとか販売とかコンサルティングとかして生計たててるアラサー男子ですw アラサー男子!!!>>詳しいプロフィールはこちら<<