女装もしたことがないMTFの僕が、男の格好のまま名古屋ニューハーフクラブで面接してきた体験談

まいど。スザンヌみさきです(@suzannumisaki

私が21歳の頃、生まれて初めて名古屋のニューハーフクラブの面接をしました。

でも、その当時は見た目も男だったし、服装も男だったんですよ。

そして、あろうことか面接も男の服装でやっちゃったんですよね(笑)

結果的には、男の服装で面接を受けてもニューハーフクラブに合格して働くことができたんですが、当時の話しを含めてニューハーフ業界の就活事情などを経験談含めてお話していきます。

 

ニューハーフクラブとは?

ニューハーフ業界には大きく2種類ありまして。

1つめが「ニューハーフクラブ」

2つめが「ニューハーフヘルス」

だいたい大きく2つです。

ニューハーフヘルスはようするにニューハーフの風俗です。

 

ニューハーフクラブは、「元男性だけど、現在は見た目が女性になっている」という部分をウリにしている飲み屋ですね。

ショーをやるショークラブ(ショーパブ)もあるし、ガールズバーやキャバクラのニューハーフ版というお店もなどもあって色々あります。

共通しているのは、ニューハーフクラブは風俗じゃないので、お客さんとLOVE行為はしません

たまに…

 

たまにというか、高確率で男性のお客さんは

「胸触らせろよ〜」
「揉ませて」
「見せて」

これ系のお願いをしてきますが、風俗じゃないのでこの希望に応える必要は一切ないです。

まぁーーーーーーーーーーーー

でも、胸を見せるか、触らせるかはキャスト(ニューハーフクラブで働く女の子の事)側の気分で変わるので、見せたり見せなかったり、触らせたり、触らせなかったりです。

身体を触らせることで顧客の心をつかむというテクもあるので、触らせるニューハーフさんも多いです。

まぁーーーーーーーーーー

ここらへんは風営法でNGなんだけどねー

 

とりあえずニューハーフクラブとは、元男性だけど今は女性にしか見えないって人と一緒に楽しく酒のんでわいわいするお店だと思って貰えればだいたい正解です。

 

ニューハーフクラブで働く人たちはどんな人?

↑23歳の時の私。若い!肌もちもち!

ニューハーフの世界には色んな人がいます。

性同一性障害のMTFさんもいるし、ゲイで普段は男性として生活してるけど、仕事中だけ女装するって人もいます。

ゲイで普段から女装してて、仕事も女装してるけど、女性ホルモンとか手術とかはしてないという「トランスジェンダー?」な人もいます。

メインで働いている人は「元男」をウリにしているので、MTFや、ドラッグクイーンをされてる人ですね。

裏方のスタッフとして、ノンケの男性や女性もいます。

そこらへんはキャバクラやガールズバーと似てるかもしれません。

 

キャバクラやガールズバーに行ったことがない人はイメージ湧かないと思うので、一度近所のガールズバーにでも行ってみてください(笑)

ガールズバーは女性だけでも入店できるし、ぜんぜん嫌がられないでの意外とハードル低いですよ

 

訳あり、訳なしニューハーフさんは色々

ニューハーフクラブには10代〜20代〜30代〜40代と働いている人の幅は広いですね。

お店の特徴にもよるけど、20代が多い店、30代が多い店、40代が多い店って感じで分かれてます。

 

新宿の歌舞伎町など、繁華街で看板だしているお店はだいたい20代のニューハーフさんが多い傾向にあるかなと。

なんでかっていうと、お客さんはほとんどが男性なので20代のピチピチな若い子が多いほうが集客できるのもあるのでしょう。

また、10〜20代のうちにニューハーフクラブを経験してから、自分のお店を出したり、別業界に進むニューハーフさんもいるので、30代を越えてくると一気に夜の世界からはニューハーフさんが減るのかもしれません。

 

私の親友であり、先輩ニューハーフの人がいるんだけど、先輩は25歳でニューハーフ業界デビューして27歳で美容師として自分のお店を出してます。

今はニューハーフ業界は卒業して、女性として美容室の経営者をやってます。

ニューハーフ業界では、そうやって独立する人も別に珍しくはないかなと

個人的には思ってます。

 

10代や20代前半でSRSして戸籍も女性に変えているニューハーフさんもけっこういます。

若くてキレイなニューハーフさんはだいたい学生時代から女の子になるために行動をしていて、親に隠れて女性ホルモンやったとか、高校に在学中もメイクしてたとか。

色々とやんちゃな裏話を教えてくれます。

そこで感じたんですが、早くから行動してる人は裏ルートというか、枠にとらわれない行動をしているなぁという感じ。

例えば、女性ホルモンとか手術とかって、未成年のうちは普通はできません

保護者の同意がないとホルモンも手術もできないです。

 

でも、10代から行動しているニューハーフさんは、保護者の同意が得られなくても自己責任で行動したり、お金貯めて行動してたりしてて、すげぇなと感じる行動力を発揮しています。

世の中の「こうでなくちゃならない」という常識なんてくそくらえという感じで行動してて、カッコいいわーと正直思いました。

夜の世界はそういう「常識はずれ」な出来事が多いのでけっこう好きです(笑)

 

脱線した。

 

ニューハーフクラブの面接で合格するには?

さて、私の面接の話。

私は21歳の時に愛知県名古屋市中区錦3丁目にあるニューハーフクラブの面接を受けました。

男の格好で。

 

当時の私は普段から男性として生活してて、仕事でもプライベートでも男性の服装をしてました。

いちおう女性ホルモンはやっていたし、最終的には女性で生活する気マンマンだったので、プライベートくらい女性の服装すりゃよかったんですけどね(汗)

当時の私は超絶ビビリの小心者だったので、女装外出どころか、室内女装もできないほどビビりでした。

 

ニッセンなどで女性服を少しは買ってたんだけど、女性服を着るのが恥ずかしくて恥ずかしくて、タグを付けたままタンスに保存してるだけでした(涙)

もうホントビビリすぎ。

今はTwitterでもYouTubeでもブログでも女装してる姿を堂々とアピールしてる男の娘(?)さんやMTFさんがいるけど、私もそれくらい堂々とできたらいいのになーって今では思います。

ネットで「女装です!」と堂々と公言できる方々の精神の強さは今でも尊敬しまくりです。

私もそれくらいの勇気がほしかったぁぁぁぁ!

なんだよみんななんで、そんなに勇気あるんだよ!すごすぎだろぉぉぉ!

などと思っております。

 

あ。

面接で合格する方法ですが、私はとりあえず面接した時のスペックが

・身長172cm
・体重64kg
・女性ホルモン歴1.5年
・睾丸摘出済み
・ヒゲ脱毛済み
・のど手術済み

就活大学生みたいに何十社も面接した経験なんてないですよ。

当時は人見知りだったし、つまんねー会話しかできないクソコミュ障だったので、面接は悲惨だったと思います(笑)

でも、たぶんニューハーフクラブとしては人手が足りなかったんだと思うのですよ。

私は見た目は男の服装だったけど、とりあえず髪の毛は伸ばしていたし、手術もしてたし、それで「覚悟」みたいなのが伝わったのかもしれまへん。

 

ニューハーフクラブの従業員って社会保険とかじゃなくて、個人事業主扱いなので、雇う側としても雇うハードル低いんだと思います。

それに、ニューハーフクラブって人材は常に不足しているのかもしらんですね。

そもそも夜の世界で働こうとするMTFさん、トランスジェンダーってのは少ないワケで。

だから、コミュ障の私でも面接に通ったのかもしれません。

 

それに当時私は21歳だったので、年齢が一番の理由かもしれんですな。

逆に今は31歳だから、今の年齢だとそれなりにキャリアがないと難しいかもしれない。

 

ニューハーフクラブで合格するヒケツ。

それは「若さ」

 

 

ニューハーフクラブ経験者が語る業界の裏側

ニューハーフ業界に限らず夜の世界は40代くらいになってくると、身体の不調が一気に出てくるみたいです。

そりゃそうです、毎日お酒飲んで、お酒飲むのが仕事。

食事をしながらのお酒よりも、空腹のままお酒飲むことも多いです。

それに、昼夜逆転の生活になるし、冬場は日光に当たらない事も多いです。

 

仕事はほとんど座り仕事だし、身体を動かすようなこともあまりない。

そんな生活を10年20年も続けていくと、身体も肝臓もどんどんやられていきます。

 

特に私達MTFは、女性ホルモンで普段から肝臓に負担をかけてます。

そこにアルコールが加わるわけだし、夜の世界ではお客さんがタバコをスパスパ吸いまくるので、タバコの副流煙は毎日吸い放題8時間コースです。

肺も肝臓もやられますわ。

水商売歴の長い40代〜50代はどこかしら身体やられてます。

100%じゃないけど、一般的な仕事よりは割合が高いかな。

引退する理由もわかりますわ。

 

 

水商売の収入はそこまで高くない

私がニューハーフクラブで働いてた時の月収はだいたい20~25万円くらいでした。

12月はお客さんからのチップももらえるので月収30万超えることもあったけど、それは12月だからであって1月になったら収入は落ちます。

ニューハーフクラブの仕事は会社員と違うので、個人事業主みたいなもの。

たとえ収入が25万円あっても、そこから国民健康保険とか市民税とか色々引くと、一般的なサラリーマンとはあまり差がないかも。

それに、仕事で使うドレスやメイク用品などは給料から支払うので、必要な経費はけっこうかかります。

 

私なニューハーフクラブの経験があるから、個人事業主になるのにそんなに抵抗がなかったのか。

ニューハーフクラブで働いてた時は確定申告などの知識が全くなかったんだけど、確定申告してたら、所得税とか市民税は減らせるかもしれませんのう。

青色申告がオススメですわよ。

 

ニューハーフクラブの下っ端のペーペー時代は、月収も20~25万円程度ですが、上に上り詰めてナンバーワンになれば、月収50万円も夢ではないです。

実際、私がとてつもなくお世話になったニューハーフの先輩は、お店のナンバーワンだったので、月収50万円くらいあったらしいです。

確かに、高いブランドモノのメイク用品を使ってたり、お客さんから誕生日に数万円するプレゼントもらったりしてました。

(そのかわり、お世話になったお客さんの誕生日には数万円のプレゼントを自腹で買ってましたが)

当時、先輩は23歳だったので、21歳だった私としては夢を見せてもらったかなと思います。

 

これは2009年名古屋のニューハーフクラブでの話なので、東京や大阪など、土地が変わるとぜんぜん事情も違うと思います。

 

地方都市のニューハーフクラブだと、月収も違うと思います。

 

私も神奈川県平塚市のニューハーフクラブで半年くらい働いたことあるけど、お客さんの層もお店の営業スタイルもぜんぜん違ってて、驚いたのを覚えてます。

平塚はヤンキーが多かった(笑)

 

以上は私の体験談なので、数あるニューハーフ業界の1つの側面だと思ってくださいね★

 

お金の稼ぎ方は色々知っておいて損はしない

ニューハーフ業界で働くとか、働かないとか。

そういうことに限らず、私達MTFが女らしく生活したり、自分らしく生きるにはお金がかかります。

なので、お金について詳しくなっておいて損はないと思います。

というか、お金について知らないほうがのちのち大損こきます。

 

例えば性別適合手術は日本国内だと100万〜120万円くらいかかります。

タイでSRS(性別適合手術)する場合は120万〜250万くらい

お金がかかりますし、SRSだけでじゃなくてFFS(顔面女性化手術)や、豊胸手術する人もいるでしょう。

 

それに、美容にかけるお金も必要になるし、脱毛とかに必要になるお金もあります。

 

私は会社などに勤務して、給料日にお金をもらう。

という方法でしかお金は手に入れられないんだ。

って本気で思っていたんですが、ニューハーフクラブを通して、個人事業主のような体験をさせてもらって、集客や売上UPについて考えるようになりました。

 

その後、23歳に知人からビジネスの話を教えてもらって、世の中は給料所得以外にもお金を手に入れる方法はたくさんあるんだって事に気づきました。

 

当時は知人に「金持ち父さん貧乏父さん」という本を紹介されて、目からウロコ大爆発でした(笑)


MTF当事者で「私はお金に興味がない」と話される人もいらっしゃるのですが、お金に興味があろうとなかろうと、私達が生きるにはお金がかかるという現実は知っておいたほうが良いと思います。

 

今、自分がやりたいことがやれていなくて、望む生活を手に入れられていない。

やりたいことはあるが、お金がないという理由で諦めているのなら・・・?

お金について学んでたって損はしないと思うのです。

別にサラリーマンを辞めろとは言わないですが、お金について知って置くだけでも、毎月のムダな支出を減らしたり、収入を増やすためには何が必要なのかは見えてくるでしょう。

見えないで、天に任せて、会社など力のあるものに巻かれて自分の人生を自分で決められない。

そういう人生をガマンして自分に「これでいいんだ」って言い聞かせて生きるのは自由ですが。

私はそういうのはもったいないと思うので、お金について学んでおります。

そのお陰で昔よりは仕事に困らなくなったし、収入を増やすために何をやればいいのかはわかってきました。

自分の人生をどう進めるのかは自分次第なんだなぁと改めて感じます。

 

自分の人生の舵(かじ)を自分で決められるのは楽しいですよ

 

 

関連記事

 
ニューハーフが本当に気持ち悪いのか世論調査してみた結果
 
MtFの私がブログを書いてきた経緯と理由を14年ぶりに話す
 
ニューハーフでも起業家志望でも共通してるたった4つの成功法則
 
読むだけでスザンヌみさき30年の人生を激変させニューハーフ社長にさせた16つのマンガ達
 

======================================

私はインターネットだけで収入を稼ぎ生活しています。
なので、
会社にも住む場所にも縛られず自由に生きてます。

自分次第で収入を増やすこともできるし、
自動化してるので
働かずにお金稼ぐことも普通にやってます

もちろん、最初からネットだけで
生活できていたわけじゃないし、
最初はぜんぜん稼げなくて
毎日くやしくてないてた時期だってあります(笑)

しかも、借金が100万円近くあり、
銀行はすべてブラックで
会社の給料をすべて借金の返済にまわす。

という生活を送っていました。

 

高卒ですし、資格も持っていないので
就職できる会社や収入には限界があります。

更に、ニューハーフなので、
それを理由に就職が難しい部分もありました。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、
住む場所や会社に縛られない
自由な人生を手に入れました。

「雪が見たいな〜」と思ったら
雪国の北陸に行ってスノボしたり。

「海が見たいなー」と思ったら
沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。

「友達と遊びたいなー」と思ったら
名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。

とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。

日々コツコツやること

そして、学ぶこと。

この重要性を知ってから
一人で稼げるようになりました。

同じようにやれば誰だってできる
単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私が、
ネットで稼ぐまでの話の詳細は
こちらの記事で公開しています。

これを読んだら
あなたもネットで稼ぐ方法がわかるかも!

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

ABOUTこの記事をかいた人

1987年生。12歳の時、世界で唯一熊本県球磨郡にしかない一武小学校を卒業。18歳で今はなき球磨商業高等学校を卒業(現役)21歳で名古屋市の数本の指に入るNHクラブに勤務。23歳でセミリタイア生活(無職)借金苦により自立。ネットでアフィリエイトとか販売とかコンサルティングとかして生計たててるアラサー男子ですw アラサー男子!!!>>詳しいプロフィールはこちら<<