スザンヌみさき性転換手術終わりました その2

スザンヌみさきです。

タイ🇹🇭での性別適合手術がおわりました。

前回記事はこちら→「スザンヌみさき性転換手術です。その1

今は病室に戻って療養中です。

手術前の様子は動画に撮ってるので、後日YouTubeにアップしますね。

お楽しみに

性転換手術前の様子

私が記憶にあるのは手術台に上がってから麻酔が入るまでのこと。たぶん私の予測だけど、点滴からの麻酔と口元に当たる麻酔を同時にやって全身麻酔したんだと思う。

私は口元にガスを当てられて一回咳き込んだのは覚えてる

そのあとは眠たらしく、起きたらリカバリールームだった。

リカバリールームでの記憶

リカバリールームの様子は撮影許可が降りなかったので、私の記憶だけで伝えますね。

リカバリールームはクーラーが効いていて寒かったと思う

術後は患部が腫れて熱を持っているので寒いくらいが丁度いいのかもしれない。

目が覚めた私の鼻には酸素チューブが繋がれていて頭の右側で酸素がボコボコしてる音が聞こえた。

医療関係者なら分かると思うけど、それです

目が覚めて最初に感じたのは腹痛と股間の痛みだった

痛さはどちらも同じくらい痛かった。

麻酔が効いているのか、身体は思うように動かさなかった。右腕には血圧測るやつが巻かれていて、定期的に血圧を測っていた

左手には点滴が繋がれていて、左手の人差し指には血中の酸素濃度を測るクリップが挟まれていた。

腹腔鏡手術だった影響で肩や二の腕が強い筋肉痛のような痛みが続いていた。

股が痛かったので私は右足の膝を立てて寝ていた。

足を伸ばせば余計痛いからだ。

時計などは手元になかったので何時間そこにいたのか分からないが、意識はハッキリしていた。

ただ痛みが強く起きているのが辛いので自然と何度も眠っていた。

時折痛みがぶり返して来ると、つい「痛い」とうめいていた。その声を聞いていたのか看護師さんがやってきて「メディスン」と言い、点滴に注射器で薬剤を入れる。

左手に繋がれた点滴からスーッと冷たいモノが体に入って来る感覚。手は冷たくなる

痛みも少し治る

そしてまた眠る

そんなことを5時間ほど続けていたと思う。

カーテンで仕切られた左隣には同じく腹腔鏡手術を受けたMTFさんがうめいていた

おそらく日本人かと思ったが、英語が堪能な人だった。

その向かいのベッドにいたMTFさんはタイ語を話していたのでおそらくタイ人なんだと思う。

2人ともとても女性的な声で、おそらく20代じゃないかなと思った。

声しか聞こえないのであくまで予測である

病室に戻ってからの記憶

病室戻って一発目のTwitter投稿がこちら

リカバリールームから病室に戻って一番きつかったのはベッドからベッドへと移される時だった。

女性の看護師三人がかりだったが、みんな小柄だったからなのか、ベッドへの移動はかなり手間取った。

最終的にはドスンと、ずり落とされる形でベッドに移る。激痛。叫ぶ うぐぅぅっ!

あまりの痛さに看護師三人を睨めつけてしまったが、彼女達は一生懸命にやっていた。

手術とは術後の方がキツイなと改めて感じた

病室に戻ったのは午前6:00くらいだった(日本時間では8:00頃)

当時を思い出しながらTwitter書いてみたので埋め込んでおきます

患部の痛みも腹痛もだいぶ治ったが

タイSRSガイドセンターの加地さんが9:00頃、病室に来てくれた

お腹(腸)の回復のためにもなるべく動いた方がいいとのこと。キツイけど頑張って動くと後でラクになるらしい。

私も無理して寝がえりしてみたが、肩と首が痛くなって寝がえりを断念した。

手術部位よりも肩と首が痛くなるのは不思議だが、腹腔鏡手術によるガスが身体に溜まって痛みが出るとのこと。

病室に戻ってからはこの筋肉痛のようなダルさを伴う肩と首の痛みに悩まされる

むしろ股間もお腹はもうほとんど痛みがなくなっていた。

手術後、意識が戻った時は最大に痛かったが、それがピークで後は痛みがどんどん減っていった。

その点は良かったと思う

ガモン先生が患部をチェック

9:30ごろだったか覚えていないが、ガモン先生が私の病室に来た。

患部の状態を確認するためだ。

私は下半身裸で股間をおっぴろげてその場にいた5〜6人に「ちんこだったもの」を見せる訳だが、全く恥ずかしさはなかった

恥ずかしいとか考えるほど心に余裕がなかったのもあるし、自分の体とは思えなかったし、ただの傷口にしか見えなかったので何も感じなかった。

その時を思い出しながらツイートしたのがこれ

それよりもガモン先生がちょくちょく挟んでくる日本語の方が印象的だった。

たぶん「オーケー!ダイジョウブ!」と話してた気がする。

もう、記憶あいまい(笑)

上体を起こすリハビリ

上体は起こして、椅子に座るような姿勢でいるのがお腹にはいいらしい。

ベッドは電動で動くので上体を起こす事ができるが、そうなるとまた肩や首の筋肉痛みたいなのが襲っていて痛い

特に右肩の鎖骨の外側がすごくだるくて痛い

腹痛や患部の痛みが全くない訳ではないので、耐えられなくなってまたベッドを倒す

上体を起こして、キツくなってまた横になるの繰り返し。

お腹に力入れたり腹筋に力入れてたほうが回復は早いらしい。

しかしキツイな

オナラが5〜6回出るまで水も飲めないのです

私はS字結腸法での性別適合手術なので、オナラが5〜6回出るまで水も飲めない

今日はこの記事を書いている時点で一度もオナラが出ていないので、まだまだ水も飲めていない。

点滴をしているからなのか喉はカラカラではない。そこまで辛くはないです。

お腹は空いてるけど、普段からあんまりご飯食べないので、1〜2日絶食はそこまで私にとっては苦痛ではなかったりする。

しかし明日で絶食3日目。

そろそろ手羽先が食べたくなって来る。

手羽先食べたい!

生きるということ

生きるのは辛いこともたくさんあります。その一方で生きてるからこそ味わえるステキな事がたくさんあります。

美味しいものを食べたり、ファッションを楽しんだり。好きな遊び、趣味をやったり

恋をしたり、友達とおしゃべりしたり。

今回の手術はたしかに大変でした。この記事を書いている今でもまだ痛みはあります。

しかし、生きているからこそ痛みも苦しみも感じられます。

楽しさも苦しみも全て生きているから味わえる特権なのです。

私はやはり苦しくてもあがきながらでも生きていきたいと思います。

死んでしまったらもう何もできません。

でも生きていれば

生きていればできることはたくさんあります

お金がかかるとか、大変とか、苦しいとか恥ずかしいとか、難しいとか

でも生きてればチャレンジはできます

死んでしまったら何もできません

だから無理だと思ってること。できないと思ってること。諦めてしまったこと。

生きているならまだ間に合います。あなたは生きているのだから。

諦めたこともまたやり直せます

人生の時間はまだ残ってますよ。今からでも遅くはないと思います。

おわり

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

1 個のコメント

  • 生きていればこそ!
    正にそうですねっ!
    精神疾患……恐ろしい病気です。
    みーちゃんの分も 強く生きましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム