実際に睾丸摘出した私が手術後に人生がどう変わったのか詳しく説明します

スザンヌみさきです。先日、Youtubeにキンタマ取る動画をUPしたら一気に再生回数とチャンネル登録者が増えました、要するにバズりました

この動画です

睾丸摘出(キンタマ取り)を考えている人は見ておくと不安が少し軽減するかもです

金玉取り前と玉取り後で変わったこと:体験談

上記の動画を公開してから、スザンヌみさきのTwitterなどでもキンタマ取り手術について質問が増えました

やはり、多い質問は「睾丸摘出したら女性らしくなりますか?」と言うもの

詳しく話します。体験談を

私は2008年の8月12日に睾丸摘出(キンタマ取り)手術をしました。当時21歳1ヶ月でした

その時点での女性ホルモン歴は1年8ヶ月目でした。血液検査の結果、血中の男性ホルモン値は低くなっていたし、女性ホルモン濃度も女性基準値くらいあったので、血液だけはかなり女性に近づいていました。

あまり知られていませんが、睾丸摘出手術で体が劇的に変わるのは血液中の男性ホルモンが急激に下がるからです。

なので、当時既に女性基準値なみに男性ホルモンが下がっていた私はほとんど体は変化しないだろうと思っていました。

実際に手術をした先生も「女性ホルモン1年以上やってるならほとんど変化はないと思うよ」と話していたし、私もそれは覚悟の上で手術しました。

なぜ変化が見込めないのにキンタマ取りを決断したのか?

私は体の変化よりも、股間のブツを少しでも減らしたいと思っていたから手術しました。下着をつけた時に感じる、股間のもっこり。

下着からはみ出るブツ。悲しくなりますよね。それが嫌だったし、もうこれ以上男の体ではいたくない気持ちが強かったから手術しました。

当時は性別適合手術をするお金がなかったので、せめて1mでもいいから女性に近づきたい、男性らしい部分を消したいと思って手術に踏み切りました。

睾丸摘出数年後に気づいた下半身の変化

私がキンタマを取ってから数年後、私は神奈川県平塚市のニューハーフクラブで働いていたんですが、その時ドレスをきててフト気付きました。

「私の太ももが明かに太くなっている!!」

まるで女性の太もものようにむっちりとした太もも。筋肉ではなく、皮下脂肪でぷにぷに柔らかい太もも!

こ、これはもしかして睾丸摘出手術の影響なのだろうか?

キンタマ取り手術をしてからデスクワークや飲み屋の仕事が増えて、あまり動かなくなったので筋肉が落ちたのも理由だと思う。しかし「これは睾丸摘出によって男性ホルモンが抑えられて筋肉が落ちて、体が女性らしく変化したのでは?」

などと考えましたが、真相は闇の中(しんやみ)

睾丸摘出手術のデメリット

睾丸摘出はいいことばかりじゃなく、当然ながらデメリットもある。

子孫が残せなくなるとか、精子が作られなくなるとか、そう言うのは私たち瀬べつを男から女に変えたMTFに取っては当然わかり切った事実だけど、それだけじゃない

性別適合手術に悪影響がある。

具体的には、陰囊皮膚移植法(いんのうひふ いしょくほう)での性別適合手術(SRS:性転換)が難しくなる。

この「陰囊皮膚移植法」をカンタンに説明すると、キンタマ袋の皮を使って女性器の穴・・・つまり膣(ちつ)を作ると言う術式。

睾丸的(キンタマ取り)手術をするとタマタマ袋の皮が縮んでしまうので、将来的に性別適合手術をするなら膣の材料が足りなくなってしまう・・・

そうなると陰囊皮膚移植法ではなく、S字結腸法でしか性別適合手術(性転換)ができなくなるデメリットがある。

もちろん性別適合手術ができなくなるわけじゃないので、既に睾丸摘出した人はあまりびびらなくていいんだが、S次結腸法だと手術のお金が高くなるので、それは覚悟する必要がある。

陰囊皮膚移植法とかS次結腸法とか難しい言葉ばかりでよくわからねー!って意見もあると思うので、こちらの動画を見たらわかりやすいかもしれない

睾丸摘出手術のメリット:良い点

これは私の主観でしかないけど、股間がスッキリするのが清々しいなって思う。

私も睾丸摘出手術や、性別適合手術してくれる病院を仕事でMTF当事者の人たちにたくさん紹介してきたけど、キンタマ取った人の感想で一番印象的なのは

「タマがなくなって清々しいです!」

と言うもの。やっぱ股間の異物の体積ってタマタマが大部分を占めているので、取るとそれなりにスッキリするし、男らしさの根元とオサラバできるのは気分も良いのかもしれませんね。

女性ホルモン開始1年未満の人なら、キンタマ取ることで女性化も一気に加速するし、女性ホルモン1年以上やってる人でも少しは体変化するっぽい(体験談)なので、私たちトランスジェンダーのMTFに取ってはメリットだらけなのかもしれない。

もちろん子供が欲しい人にはもう子孫が残せなくなるし「精子保存しておくべきでしょうか?」と言う質問も過去に数件いただいているので、手術は慎重に決めて覚悟が固まった人だけにやって欲しいと思います。

私も、キンタマを取ったことで、もう男じゃないんだと確信を持って生きられるようになったし、笑顔が増えた気がします。

キンタマを取ると、当然ですが、キンタマをぶつけた時の「男性特有」の「あの痛み」が襲って来ることは2度となくなります。

中学生くらいの頃から、自転車のサドルにまたがった時、ちょっとミスってキンタマぶつけたら超悲しくなるほど痛みがおそうことはたまにありました。

あの「男性特有の痛み」が襲ってくるたびに自分は男なんだと思い知るから超嫌だったんですよね。それがなくなるだけでも人生かなりイージーモードと言うか、平和に過ごせるようになる気がします

今すぐキンタマ取りたいあなたへ

私は仕事として性別を変えていくMTF(♂→♀)の人に性別適合手術や睾丸摘出手術、豊胸手術の紹介を2011年ごろからやっています。

今日までに紹介した人は睾丸摘出手術だけでも合計198人くらいいます。

なのでもし本気でキンタマ取りたいないって思っていたら、こちらのフォームからご連絡ください

→スザンヌみさきへのお問い合わせフォーム

睾丸摘出も性別適合手術も人生変わっちゃう手術なので、私も安易に紹介はしてません。なので、メールでやりとりしてあなたの本気の覚悟を確認させてもらいます。

それは面倒かもしれませんが、手術が手術なだけあって慎重に紹介したいのでご了承ください。

そして、私が病院を紹介しても、病院の先生の説明を受けて納得できなければ断ってもいいし、先生が断ることもあるので、本当に覚悟固まってないと手術はできませんのでご了承ください

キンタマ取るのにだいたいいくらかかるの?

私は2008年に名古屋の美容外科で手術したんですが、当時は税抜で30万円くらいでした。

ただ、知人MTFの紹介があって、紹介割引が聞いたので少し安くなりました

今は税金などで金額も上がっているので、もう少し高いかもしれません。

調べた所によると、東京の病院は全身麻酔だと30万円税抜)くらい、局所麻酔だと20万円(税抜)でした。

局所麻酔だと色々と痛いので、個人的には全身麻酔をおすすめします。

私が名古屋でやった美容外科は全身麻酔での手術でした。

睾丸摘出:キンタマ摘出まとめ

キンタマを取ると男性ホルモンが分泌されないし、精子も作られなくなるので子供を作ることはできなくなる

その一方で、体を女性にしたいMTFにとっては体がより女性らしくなるし、股間をぶつけても「男性特有のあの痛み」がなくなるので精神的にも気分はいい

股間の邪魔者がスッキリするので気持ちは前向きになると思うし、パンツからはみ出るブツも減るので股間のサイズが小さくなる

女性ホルモン開始1年未満なら体は大きく変化するし、女性化が加速する。

女性ホルモン1年以上すぎていても、少しくらいは気休め程度だが女性らしく変化する。

キンタマ取り手術のデメリットは、性別適合手術の際、陰囊皮膚移植法が難しくなるので、S字結腸法での性転換手術を選ばなくてはならない可能性がある

ただ、性別適合手術ができなくなるわけではないのでご安心を。

料金はだいたい20~30万円程度、局所麻酔と全身麻酔での手術があるが、スザンヌみさき的には全身麻酔でやった方が楽だと思う。

スザンヌみさきは睾丸摘出手術をやっている病院の紹介業をやっているので、本気で覚悟決めて手術したいと腹が決まってるなら連絡どうぞ。

→スザンヌみさきへのお問い合わせフォーム

以上です。終わり

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム