性同一性障害MTF当事者がカミングアウトする時の注意点。上司、家族、親など

こんにちはみさきです。

最近、MTFの方とスカイプで相談に乗っていたんですけども。

その時にカミングアウトの話題が出てきました。

カミングアウトというのは自分が女性になりたいとか、元男だとか。

そーいうこと事情を知らない人に気持ちを話すことですね

 

そんな「カミングアウト」についての注意点、アドバイスしたことを話しますね。

 

GID-MTFがカミングアウトで絶対認められる方法

2015年ごろに自分で撮影した動画にほぼ答えが書いてあったので、時間がない人はこちらを見て参考にしてね。

ようするに、カミングアウトで認められたいと思うのなら、それ相当の準備と戦略が必要ってことです。

具体的に何をやるのか?

それは、動画の7:00あたりから話しているのでじっくり10回繰り返してみたらわかります

 

性同一性障害の当事者はなぜカミングアウトで悩む?

 

さて、お話のつづき。

このカミングアウトが非常に難しい。

 

「認められなかったらどうしよ?」とか

「嫌われたらどうしよう?」とか。

「白い目で見られたら嫌だなー」とか。

そういった漠然とした不安がつきまとうと思います。

 

私に相談してきてくれたMTFさんも、そんなふうに「漠然とした不安」があって、これから先どうやって生活していこうかなと悩んでいました。

特に仕事のことが不安でこれから女性ホルモンやって見た目や体が変化していく自分。

「職場の人に何か聞かれたときにどうやって話そうか?」

「ごまかしたほうがいいのだろうか?」

などとイロイロと悩んでいたそうです。

 

1番怖いのは、この先女性として生活できるようになった時、周囲の人間がどのような反応するのか?

そこが1番不安だったようです。

 

例えば今まで女性として扱っていたのにもかかわらず、元々は男だとカミングアウトしたことで、手のひら返しをして差別されるんじゃないか?

いじめの対象になったりするんじゃないのか?

という不安を抱えていたんだとか。

こうなるとやはり、行動する気力も湧かないですよね。

不安ばかりが先行してしまって

「自分はこのままでいいんだろうか?」

と頭の中が不安で占領されてしまいますよね。

 

そんなMTFさんの話を聞いて、私がMTFさんにアドバイスしたことを話します。

 

MTFはまずSNSでカミングアウトをしよう

今はSNSがあるから便利ですよね。

Twitterとかそういうやつですね。SNSって。

そこでカミングアウトしていけばいいと思います。

 

で。

なぜこんなことをする必要があるのか?というとカミングアウトそのものに慣れる必要があるからです。

カミングアウトがうまくいかない大きな要因としてカミングアウトに慣れていないのが考えられます。

つまり話プレゼンが上手じゃない。

下手くそってことです。

 

これが面接であれば面接慣れしていないという状況。

会話会話だったら会話慣れしていないという状況。

人に話をするわけだから、相手には好印象与えたほうがいいですよね。

でも話をするのに慣れていなければ、会話に詰まってしまったり、暗い印象与えるかも。

いい印象を持ってもらうハズが、「怪しいこをしてるじゃないか?」と疑われる可能性もあります。

 

でもこれは仕方がありません。

なぜならカミングアウトに慣れていないからです

 

つまり初心者なわけです。

初心者がうまくいかないのは当然ですよね。

だから初心者を抜け出そうということでカミングアウトの練習をしておきましょう。

カミングアウトの練習として超使えるツールがSNSですね。

「Facebook」のような実名顔出しSNSの場合はハードルが高いし、やらないほうがいいと思うんですが(汗)

 

ツイッターのようにニックネームで登録できて、顔出しをする必要もないSNSはおすすめです。

Twitterの場合、複数アカウントを持つことも出来ます。

今、本名顔出しでアカウントを持っているのであれば、別アカウントでアカウントを作ってそのアカウントで自分は性同一性障害だとカミングアウトしまくればいいと思います

つまり、性同一性障害専用アカウントを作ります。

(名前はニックネームでOKです)

 

そうやって始めから

「自分はMTFですよ〜」

「女になりたいですよ〜」

「元オトコですよ〜」

というカミングアウトをした状態で人間関係を作っていく。

 

そうやっていけば、カミングアウトをした後に「手のひら返し」をされることは全くありません。

自分の本性を話しているので、そのことを知った上での人間関係を作っていけます。

そこでやりとりする人は自分の本音…

つまり「元男である」とか「性別を変更したいんだ」って気持ちを理解した人です。

 

「こんなに気楽に会話ができるなんて!!」

って、本気で心がスッキリする人間関係つくれますよ。

実際に会わなくても別にOKです。

ただ会話して悩み聞いてもらうとかでもいいんじゃないでしょうかね。

カミングアウトの不安はまったくなくなると思います。

 

そうやって自分の本当のことを知っている人間関係を作ることがカンタンです。

カミングアウトの練習にもなります。

 

これは一石二鳥だと思いませんか?

 

いきなりラスボスに戦いを挑まない

カミングアウトする時に自分が1番認めてほしいと感じるのは誰ですか?

たぶん家族や職場の人間だと思うんですよね。

「認められなかったらどうしよう?」

と感じてしまう理由はやはり「失敗できない」からだと思います。

 

そうです。

失敗できないからこそ怖いわけです。

失敗できないからこそ不安になります。

だからどうしよう、どうしようと悩んだあげく一歩も動けずに困ってしまうわけですよね。

 

これはゲームで言うところの「ラスボス」のようなもの。

物語をスタートしてレベル1の状態。

それが今の自分だとしたら、いきなりラスボスに戦いを挑んでるのと同じです。

 

負ける可能性がとても高いし、やられてしまったら死ぬ可能性も高いです。

だから私がおすすめしているSNSでのカミングアウトでレベルを上げるのも賢い選択かなぁと。

 

SNSの場合、顔出しや名前だしをしなくてもOK

カミングアウトがうまくいかなくても日常生活は特に何も困りません。

 

万が一嫌だなと思ったら、そのSNSのアカウントごと消してしまえばいい。

つまり失敗してもリスクがない。

いくらでもやり直しが聞く。

しかも無料でできる。

こんなにハードルが低いわけです。

そこでカミングアウトの練習をして自分のレベルを上げていく行く。

 

ラスボスに戦いを挑むのはその後でも遅くはないと思います。

だからSNSをおすすめします。

特にTwitter

 

カミングアウトして認めるかは相手が決めること

ここすごく大事なんですけど。

そもそもカミングアウトしたからと言って。

受け入れるか?

認めるか?

っていうのは相手が決めることなんですよね。

 

だから「認められない」とか「どうやったら認めてもらえるか?」って考えること自体が相手をコントロールしようとしている行為なんですね。

相手をコントロールする意図が見えたら、人は拒絶します。

反発します。

嫌がります。

 

自分でも考えてほしいんですけど、例えば親から「宿題しなさい」と一方的に言われたりとか。

あれしろこれしろと命令された時ってあんまりいい気分じゃないですよね。

素直に「はいわかりました、今すぐやります!」

と言いたくはならないですよね。

 

そういうことを親でも何でもない人間が言ってきたらどうですか?

「こいつなんだめんどくせぇな」と思いますよね。

つまり、そんなことしてるんです。

 

そりゃ認められないでしょ。

 

だから、カミングアウトする時も、スタンスとしては「宣言」に留めておくことが大事です。

例えば、

「私転職するんだ。」とか

「明日から英語を勉強するんだ。」とか

「将来はアメリカに仕事をしたいだ。」とか

その程度に留めておく。

 

なぜなら、カミングアウトで認められようが、認められまいが、最終的に女性として生活するのは「自分自身」だからです。

カミングアウトしたからといって相手があなたのことを手取り足取りサポートしてくれるわけではありません。

それに、そんなサポートを願っているんだったらとんだ依存体質です。

他人に自分の人生を支援してもらうとか、決めてもらおうとしているわけです。

「他人に自分の人生決めさせる」っていうのが、そもそものうまくいかない原因です。

 

そりゃ他人ですから、自分が望むような人生を送らせてくれるわけありませんし、他人には自分の生きたい人生を理解することはできません。

 

自分の人生ですから、自分が責任を持ってどうするか決めていく必要があります。

その責任を放棄して、他人になすりつけるのはハッキリ言って人生うまくいくわけがありません。

と言うわけで、今すぐやめたほうがいいです。

 

 

これは上司だろうが、家族、親だろうが、友達だろうが同じですね。

カミングアウトして、認めてもらって。

だからなんだっつーんだ。

 

自分の人生変わるのか?

変わらないでしょ と。

 

カミングアウト成功した瞬間、おっぱい大きくなって見た目も美しくなって、若返って、声も女になる。

男性器がポロッと取れて女性器になる。

ってわけでもないでしょーに。

 

結局はカミングアウトで認められても、認められなくても自分を変化させるのは自分しかいません。

行動しないと意味がないわけです。

 

カミングアウトで認められまくっていても、見た目がおっさんだったら当然のごとく男扱いです。

デブだったら、ずっとデブです。

男の服着てたらずっと男の服です。

 

カミングアウトは女性で生きる上でそこまで重要じゃないんですよね。

親に認められたいとか、社会で認められたいって思う気持ちはわかりますが、認められたいのなら、それなりの実績を出す必要があるわけで。

最低限、見た目を女にするなり、声を女性声にするなりの努力は必要になります。

 

もちろん、そこまで努力しても認めない人間もいます。

それはしゃーないのです。

イスラム教の人に仏教に改宗しろって言っているようなものです。

無理じゃないけど、ほぼ無理です。

相手が信じているものを捻じ曲げて、自分の都合の良いような価値観を持てって言ってるわけだから。

それって洗脳やマインドコントロールしないと難しいでしょ。

それに、そこまでやるメリットって何?という

 

認めない人、受け入れない人は当然ながら世の中にいます。

私だって、嫌いなものを好きになれと言われても難しいですからね。

大嫌いなクモを頑張って食べたことはありますが、ペットとして飼えと言われてもそれは無理な相談でして。

 

男に戻れと言われたら、そりゃもう死にたくなるレベルの拒絶反応ですよ。

 

それを相手に強いるってのもどうなのよって。

 

なので、対策としては認めさせるんじゃなくて、受け入れる人を探すのが生産的かなと思います。

自分が嫌な人、自分を嫌いな人のために労力と努力をするのなら、自分を受け入れて賛同してくれる人を探すための努力したほうが絶対に超がつくほど生産的です。

 

という話をしました。

 

 

カミングアウトって要するにオファーなんですよ

オファーとは自分のお願いを聞いてもらうことです。

提案を受け入れてもらうってことですね。

ここで話ている「カミングアウトで受け入れてもらう」とは、つまり「自分のお願いを聞いてほしい」ってことです。

ビジネスでいうと自分がお勧めする商品を買ってください。

と言うのもオファーです。

資料を請求してください。

これもオファーです

メルマガも飲んでください、ブログを読んでください、YouTubeを見てください。

これが全てオファーです。

ビジネスはオファーの連続です。

 

このオファーが上手いとビジネスがうまくいきます。

お金を稼ぐのもちろんですし、自分の理想の世界をつくっていくこともできます。

人脈を作ったり、仲間を増やす。

お客さんと良い人間関係を作る。

そのためにもすべてオファーが必要になります。

オファーを通す力は稼ぐ力に直結しています。

 

見方を変えると、ビジネスがうまい人はカミングアウトで認められる確率が高くなります。

なぜならオファーがうまいからですね。

 

オファーが上手い人間は、今日話たことをしっかりと理解しています。

「ただお願いをするだけでは通らない。」

「相手にとってもメリットがないとその場所ない。」

 

それがわかっているからこそ、相手にとってもメリットがあるオファーをします。

「あなたは、こうしたほうがメリットかある」と感じさせる

そうすることで自然と相手が自分の意志で行動するようになります。

 

オファーするときはこのことを意識してましょう。

そうしたら自分の提案がより通りやすくなります。

カミングアウトもうまくいくでしょう。

 

オファーがうまくなるためにはビジネスやるのが一番いいですね。

 

ビジネスやらないんなら、知識と経験を増やしまくっていくしかないです。

知識がないとそんなことばかりですが、知識持ってて損することは基本的にないです。

私はその「知識の破壊力」と「知識の影響力」を知っているから知識を増やすのが大好きです。

昔はそんなことなかったんだけど、知識の恩恵を受けてからは大好きになりました。

今後も学んでいきます。

だって、楽しいですからね。

 

関連記事

女で生きるの辞めた方が良い人

MtFの私がブログを書いてきた経緯と理由を14年ぶりに話す

===========================

私はネットを使って収入を稼いでいます。
なので会社にも住む場所にも縛られず自由に好き勝手生きてます。

「なにそれ超怪しくない?犯罪でもやってんの?」
って同級生に言われたんですが(苦笑)ほんと怪しいですよね

特殊な才能があるんだ!すごい!

とか言う人もいますけど、昔は借金苦でしたし、ブラック企業で会社の社畜となってました。
資格も技術も免許もないし、そもそも大学にも行ってません。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、住む場所や会社に縛られない自由な人生を手に入れました。

雪が見たいなと思ったら雪国の北陸に行ってスノボしたり。
海が見たいなーと思ったら沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。
友達と遊びたいなーと思ったら名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。
とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。
私は学歴もないし、資格や免許も持ってません。
そんな私でも日々コツコツやることの重要性を知ってから一人で稼げるようになりました。
同じようにやれば誰だってできる単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私がネットで稼ぐまでの話などを
こちらの記事で公開しています。

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

 

ABOUTこの記事をかいた人

1987年生。12歳の時、世界で唯一熊本県球磨郡にしかない一武小学校を卒業。18歳で今はなき球磨商業高等学校を卒業(現役)21歳で名古屋市の数本の指に入るNHクラブに勤務。23歳でセミリタイア生活(無職)借金苦により自立。ネットでアフィリエイトとか販売とかコンサルティングとかして生計たててるアラサー男子ですw アラサー男子!!!>>詳しいプロフィールはこちら<<