えー、とりあえずスザンヌみさきは性転換することになったので、ことの経緯と性転換までの話をします。

こんにちは。スザンヌみさきです。
今日の記事は既に「スザンヌみさき」を知ってる人向けに書いています。

もし、あなたが初めてこのブログにやってきたのなら管理人スザンヌみさきのプロフィールをぜひご覧ください。

タイトルどおり、性転換手術(性別適合手術:SRS)することになりました。

詳しい日時は大人の事情により書くことができませんが、とりあえず近いうちです。

スザンヌみさきはどこで性転換手術するの?

タイです。タイ王国です。バンコクです。ガモンホスピタルです。

ガモン・コスメティック・ホスピタルです。

日本ではありません。

スザンヌみさきのSRSの術式は何?

S字結腸法です。腹腔鏡(ふくきゅうきょう)を使った手術です。

内視鏡ではなくて腹腔鏡(ふくきゅうきょう)です。内視鏡とは少し違うみたいです。

へそ、へその隣の2ヶ所。合計3ヶ所からS字結腸にアプローチする手術です。
つまり、お腹3ヶ所に1cmほどの傷跡がのこるようです。

開腹手術ではないから、傷も小さくなるらしいです。また、内蔵が空気に触れないので術後のダウンタイムが比較的短いらしいです。

しかし、反転法と違って腸を切る手術なので痛いものは痛いし、ダウンタイムは長いし、出血もするようです。

同じくガモンホスピタルにてS字結腸法でのSRSを腹腔鏡手術で受けたMTFさんのインタビュー動画があるので、こちらの記事を参考にどうぞ

琵琶湖の妖精るらなさん、タイSRS(S字)仕上がりインタビュー

SRS手術代金は237万円かかった

アテンド会社を経由しているので、アテンド代とかかかってます。

タイの通貨「バーツ」でいうと、手術代55万バーツ+入院費5300バーツかかります。(合計55万5300バーツ)

日本円にすると55万5300バーツは約193万1250円でした(2019年6月14日18:39時点)

それに「アテンド代金」と「飛行機代」合わせてだいたい44万2800円がプラスされます。

そう考えたら、合計は「約237万4050円」くらいです。だいたいそんくらい

それに、タイでの食費とかお土産代とかでプラスアルファって感じなんでしょうか。

現時点で私が支払ったのは、だいたい「237万5073円」くらいです。

円とバーツの相場が毎日変動するので、細かい金額は変わってきます。

私が外国送金した時は為替相場(かわせそうば)の影響で「1427バーツ多かったです」って連絡きました。

後日返金されるらしいです。
(日本円にしたら4963円くらい)

え。

ってことは、アテンド代込のSRS代金は「約237万110円」ってことでしょーか。

こまけぇことは良いんだけど、自分も情報整理しながら書いてるんで、もうちょいお付き合いください(笑)

ようするにS字結腸法(腹腔鏡)でのSRS代金は237万円ってことでした。

性転換のお金237万円はどうやって用意した?

結論ぶっちゃけると、88.6%が借金です

この借金については話すと長くなるのと、私自身ものすごく話しづらい理由があるので、心の整理ができたら話すことにします。

とりあえずざっくり言うと

・支援者
・消費者金融
・カードローン(キャッシング)

以上です。

あ。

「支援者」って書いてますが、お金をもらったわけではありません。借金です。法的に返済義務が、ガッツリあります。

というわけで88.6%(約210万円)借金です。

金を借りた時の話は、借りた当日に動画撮影したのでこちらを参考にどうぞ
↓↓

画面中央の赤色▼を押すと再生開始します

210万円借金するのって怖くない?返せるの?

普通に感じる疑問だし、実際にYouTubeのコメントもありました。

借金210万円はやばくない!?

しかも消費者金融、カードキャッシングでしょ?

なんかそういう意見が普通というか、あたりまえだと思うんだけど

ちんぽ付いてる方がヤバイ

と思っているので、私にとっては借金苦の方がまだマシかなって思ってます。

私、スザンヌみさきも冷静に考えました。

借金もなにもないクリーンな状態でち○ぽが付いている人生。

これをAパターンとします。

そして、Bパターンが

借金苦でお金に苦労しながら、汗水たらして返済に追われる日々。場合によっては自己破産や夜逃げをして社会的にも危うい状態で「女」として生きる人生

もうね。

即答で「Bパターン」のほうがマシだなって思えました。

なので借金しました。

ただ、問題なのは今の令和元年の世の中では、借金って簡単にできないの。

私も2018年ごろから200万円くらい借金できないかいろいろ試行錯誤していたし、銀行も何社か相談してきたんだけど、なかなかお金が借りられなかった。

100万円はギリギリ行けるけど、200万円となると無理だった。

それで「畜生!チクショウ!」って言いながら毎日、半べそかきながら枕濡らして一日の終わりを悔しさ満点で過ごしていた。

・・・毎日は言い過ぎだが

1週間に1回は悔し涙を流していたのは事実。

ですが、今回お金を借りれることになりました。

ああ、これで私のステキな借金返済生活がスタートできるんだぁ

なんて未来は明るく輝いているんだろう。

なんて人生ってステキなんだろう。生きていてよかった。

生まれてきてよかった。

やっと私人間になれる。

妖怪から卒業して、人間になることができる。

31年かかったけど、やっと普通に生きていけるんだ。

って思えた。

だから、即行動した。

性別適合手術前の準備(ガモンホスピタルS字結腸法)

事前に健康診断が必要だと言われたので受けてきました

診断結果は10日くらいで出たんですが、何も問題なかったです。

至って健康体でしたんで無事にSRS受けられることになりました。

次はタイに渡って手術受けるだけです

金を払えば何の努力もしなくてもSRSはできるわけで。

ただ金払って、タイに言って、手術代に上がればいいだけ

あとはリハビリ生活。

ただそれだけ。

金さえあれば女になれるんですねぇ

まぁ、チ○コなくなっただけで肉体機能は女とは少し違うんだけどね

そういう話じゃないってばね。

結論:スザンヌみさきは性転換します。ジャマしないでください

とりあえず、借金返済に苦労するという素晴らしい人生を手に入れることができました。この日まで諦めずに31年間生きていてよかったなと本気で思います。

他にも言いたいことたくさんあるけど、今日はとりあえずここでまとめておきます。

あの、今まで色々なことがありすぎて、話したいこと、伝えたいことたくさんあります。

シンプルにいうと、スザンヌみさきはとりあえず喜んでいるってことです。

だから誰にも邪魔されたくない。

応援なんてしなくていい

理解なんてしてもらえなくていい

ただ、私はわたしが選んだ道をやっと進むことができた。

達成したかった夢を31年かけて叶えることができそうなんだ。

私にとって生きている意味ってこれだと言っても過言ではない。

だから

ほんとうに

邪魔しないでくれ

おわり

追伸

アテンド会社のご協力により、タイ滞在中の様子などはYouTubeにUPできると思いますので、うざいくらいUPする気持ちです。

私が生まれて初めて「性転換手術(性別適合手術)」の存在を知った時。

当時の私は中学3年生でした。

たぶん2002年とかそれくらいの時代です。

あの時、インターネットのブログにタイでのSRS体験談をUPされていたMTFさん。

とても感謝しています。感謝しても感謝しても一生感謝するくらい感謝しています。

私はあの人と同じことをずっとしたかった。ずっとやりたかった

本当は23歳の頃にでもできると思ってた。

でも31歳になってしまった。

本当に悔しい、まじで悔しい。なんでここまでかかったんだろう。

その結論はぜんぶ自分の努力不足、甘え、怠慢。

それはずっとわかっていた。

でも、やっと実現できた。

私があのMTFさんに助けてもらえたように、今度は自分がこれからの人たちになにか1ミリでもいいから性転換のこととか、未来の可能性を伝えることができれば、いいなと思ってる。

たぶんできると思う。ずっとやりたかったんだ。ずっとやりたかったくせにやらなかった。だから自分に対してすごくムカつくしイライラする。

なんだよ、口ばっかりで行動しないヤローじゃねぇかよと。

ずっと思ってたし、今も思ってる。なんて情けないんだって思う。ずっと思ってる、まだ思ってる。明日も明後日もずっと思ってる。

自分が情けなくて情けなさ過ぎて恥ずかしくて恥ずかしい。

本当に恥ずかしいし、悔しい。ほんとうに悔しい

でもさ。

昔、中3だった私に希望を見せてくれた人。あの人みたいなことができそうなんだって思うと生まれてきた意味があったのかなとか思う。

わたしがずっとやりたかったこと。中学生の頃からずっとやりたかったこと。

それができそうなんだ

だから本当に邪魔しないでください。

誰も邪魔しないで

本当にやりたいんだから。

だから

うざいくらいYouTubeにUPします。誰がなんといおうとUPします

動画が削除されてもアカウントがバンされてもUPします。

おわり

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム