これスゴッ…!一瞬で10歳若返り!!性転換した35歳元男性が選ぶたった1つの美顔施術がスゴイ

こんにちは、元男性→今は戸籍も女性のスザンヌみさきです。

35歳になり顔面の皮膚がたるんできて、加齢を肌で感じてきたので、美容外科で「糸リフト」をやってきました。

手術してみての体験談をメモったので共有します

そのまえに「糸リフト」について知らない人もいると思うのでサクッと解説

糸リフト(スレッドリフト)とは?

ほっぺたなど、加齢で(年をとって)垂れ下がると一気におじいちゃん&おばあちゃんって感じで年取った感じが出てしまうけど、皮ふの下に医療用の糸を入れてひっぱり上げることで、アゴをシュッとさせたり、若い顔を取り戻す施術のことです。

(※上記の画像はわかりやすい想像図)

というわけで私もやってみました。

やった直後のわたしがこちら

https://twitter.com/suzannumisaki/status/1572468804629962752

※おでこの横線は手術中に髪の毛まとめるネットをかぶっていたからです

↑こういう白色のネットね

顔面若返り糸リフの体験(記録メモ)

糸リフトした

予約は12:00

私は2分遅れでクリニックに到着


いつも5〜10分遅刻するけど、今回は2分だったのでクリニック側にあまり迷惑かけずに「エライ!」

と、個人的に思ったが、それはさておき、20分くらい待合室で待たされた後、

「予約していた『○○○リフト』の在庫ありません」とスタッフさんのお返事。

(※事前予約時は比較的低価格で施術時間も少ない格安糸リフトを予約していたが、当日クリニックに行ったらその糸リフトの在庫がなかったらしい)

予約の時に「○○院なら在庫がある」とコールセンターに言われたから予約したのに
ガバガバ予約だなと感じた(それだけ予約多いのかもね)

とりあえずその他の糸リフトが気になるので、
金額とか色々お話聞くためにカウンセリングをお願いした。

・・・

そして、それから30分くらい待合室で待っていたと思う。
私は暇つぶしのため日常的にやっている、スマホの外国語勉強アプリをやる。
(はかどりまくる)

それから何度かカウンセラーの人がやってきて
糸リフトの説明や料金などについて話してくれた

今回は症例モニターとしてやるので、本来なら15万円くらいかかる施術が9.8万円くらいになるらしい。

やったね

ただ、安くなるとはいえ安くはない金額なので、いろいろ3分ほど考えたけど、リフトアップする気持ちは変わらないので、1番安いプランでやることにした

医者登場

その後、執刀医が私がいる待合室(個室)にやってきた。

執刀医は手術説明や顔の状態確認しつつ「手術はこんな感じでやりますねー」
って説明した。

私はそれでOKだったので「よろしくお願いします」と伝える

そして先生は立ち去る。

決済・手術(施術)料金支払い

その後は決済のために色々と手続きが5分くらい。
私はデビットカードで一括支払いした。


分割できるのでもっと高い施術もアリだと思うが、私は分割支払いが嫌なので一括支払いにした。

・・・

やっと手術(施術)がはじまるのかぁ…

ここまでけっこうな時間がかかっている。

12時にクリニックにやってきたが、この時点で1時間くらい待合室にいたと思う。

色々と手続きなどがあるから時間がかかっているのかもしれない。
または、お客さんが多いからだろうか?

人気店なのか、他のお客さんも多い印象はあった。

よくよく見てみると、スタッフさんの接客クオリティや見た目の容姿クオリティも高い気がする。

(※イメージです)

クリニックの女性スタッフは全員がまつげエクステ付けているのか、まつげバサバサで美人が多かった

またネイル率も100%

やはり美容外科なので意識高いし、美しさを求められる仕事なんだと思う

年齢は20代前半に見える人がほとんど

30代に見える人もいたけど、雰囲気が落ち着いてて身長が高いからそう見えただけで、実際は25歳くらいかもしれない


肌もキレイで細身で美しかった。
憧れますね

処置室で施術(手術)開始

そして決済完了後は処置室に案内されて準備

わたしはモニター施術なので、手術前の顔写真を正面、右ナナメ、左ナナメから撮影。

「これはクリニック内で共有する写真であり、ホームページなどでは使わないのでご安心ください」
とのこと。

わたしとしてはホームページに載せていいので、もっと安くしてくださいと思った(笑)

(まぁ世の中そんなに甘くないかw)

この時点で手術後の日常生活での注意点や、手術後に飲む痛み止めや抗生物質について説明される。

薬も渡される。

そして、手術準備のためにネットを被り、髪の毛をネットにぜんぶ入るようにする

食品工場見学の時にかぶる白色のネットみたいなやつ。

そして執刀医が部屋にやってくる。

そしたら私の顔面にペンでマーキングして
どこから糸を入れて、どの方向に引っ張り上げるのか説明

その後、執刀医は準備のために部屋を出る

その後、わたしはスタッフの指示通りに手術台に上がって寝そべる

そしてらスタッフの姉さんがブランケットをかけてくれる

髪の毛ネットと顔の間に医療用テープ貼ってマスキング
その後は顔面をアルコール消毒されて準備完了

「では先生をお呼びしますのでこのままお待ちください」
と、言われたのが14:00くらいだったような

手術台に上がったのは14:00ごろだったが、施術開始は14:15だった。15分待たされた。

そして先生がやってきて施術開始。

「まずは顔の右側からやりますね」

と、先生が話し、私は左側を向く

そして先生は私の顔に穴あき布?をかぶせる。

病院ドラマの手術シーンで登場するやつ

そして

「では、麻酔していきますね」

というセリフの後に糸を通す右側二箇所に注射がブスッとささる

針の痛みというよりは麻酔の痛みなのか、痛い。
結構痛くて驚いた

「麻酔が1番痛いんですよね」

と先生が発言

たしかに痛かった

麻酔はそれで終わりかと思いきや、その後は糸を通す穴を確保するための麻酔?
をするためにズブズブっと奥まで通す麻酔をされる

これもケッコウ痛い

手術の様子は私は見えないので予測しかできないが、そんな感じ

その後はほっぺたを強く摘まれながら、カエシのついた医療用の糸を入れる。

カエシがついているためかこの糸は入りづらいようで、先生は力を込めて押し込める。

この時、先生の指先には力が入るので、私はほっぺたを強く摘まれた痛みが走る

子供の頃に遊びで顔面摘んだりするゲームやったけど、あんな感じ。
イテテテって感じ

そしてその摘んだところに棒状のものがズブズブと入ってくる感覚。

そしてゴリゴリ、ブツブツと生々しい音がほっぺたを通して頭に、耳に直接響いてくる

けっこうエグい(笑)

抵抗感はあるがさっきの深く刺した麻酔より入れた瞬間の痛みはない。

でも、奥に到達した時はほっぺたを強く引っ張られている感覚があり
皮膚と皮膚の間に糸が入る痛みが走る

実際にやってみないとこの感覚は理解できないと思うが、皮膚の中に何か入ってくる感覚はある

そして、奥まで入れた糸を、次は逆方向…つまり引き上げたい方向に引っ張り上げる。

アゴの先から耳に向かって、ナナメ上に引っ張り上げる感覚。

これは全然痛くない

その後は糸をあとのこり4本入れたので同じ作業が4回繰り返された

麻酔が効いているのか、多少は慣れてくるけど、まぁ痛いので笑気麻酔のオプションは使った方がいいと思う。強くオススメする(笑)

顔の中に入れている糸の位置を調整したり、定着させるからなのか途中で何回かほっぺたを押さえる先生。

これは圧迫感があり少し痛い。

これで右側は終わり。

次は同じ作業が顔面の左側に行われる。

「あー、また痛いのが後半分あるのかぁ」

そう思うと少しゲンナリするが、後少しで終わるから頑張れ私!

そして左側の作業が終わると手術台がリクライニングされて、鏡を渡されて

「こんな感じになりました。いかがですか?」

という患者側のチェッキングタイムになる。

麻酔と施術の影響で私のホホは腫れていて耳の付け根〜こめかみあたりは血がついている

先生の手には血がついたガーゼが握られていて、想像よりも血が出ていたんだなぁと驚いた

そして顔面から飛び出す糸が左右5本ずつ

私の顔はほっぺたが腫れているぶん口角が上がって若く見える。

更にほっぺたが腫れていて、アゴが少しシャープになっているので、少し丸顔になったように見えた。

専門家でもないので「どうですか?」と聞かれてもどう反応したらいいか分からないが

施術ほうまくいってると思ったし、顔面痛いし、早く終わってほしいので「オッケーです」と答えた気がする
(あまり覚えてない)

「手術すぐなので麻酔の影響でほっぺたが腫れています」

「リフトアップし過ぎると顔面が引きつったみたいになってしまうので、これくらいが自然ではないでしょうか?」

などなど。色々と執刀医から説明される。知識がないので説明助かります。

「じゃあ、糸を切って行きますね」

そう先生は言って、パチンパチンとハサミで糸を切っていく。

「ちょっと嫌な音が聞こえるかもしれません」

先生がそう言った直後にゴリゴリ、ブツリとほっぺたに音がひびく。

手術中の音とほぼ同じ音だし、今更気にすることもないです

その後は顔を消毒して、マーキング箇所を拭き取り
髪の毛ネットと顔の間に貼ってたマスキングテープなどを剥がしていく。

施術はこれでおわり。

手術後の流れ

わたしはモニターで施術したので、手術後の顔の写真を正面、右斜め、左斜めの角度から撮影。

これで終わり。
もう帰っていいので、そのままクリニックを後にした。

麻酔が効いているとはいえ、顔面ビンタされた直後のようなヒリヒリした痛みが顔には残っている

また、糸を入れている影響で口がうまく開けられず、唇を噛む動作ができない

クリニックを出て10分後くらいに近くのマクドナルドでチキチーセットを食べたけど、口がほとんど開かなくてポテトフライくらいしかまともに食べられない。

バーガーは食べられるけど、口の周りにソースついたり、レタスボロボロ落としながら食べた

このレポートを書いている今は16:10なので施術終わって1時間20分ほどだろうか?
今はだいぶ口も開くようになった

※その時に5分くらいYouTube生放送してみたのがこちら


ほっぺたはまだ熱を持っていて痛いが、じょじょに治まっている感じ

おわり

術後の顔の変化

現時点での顔の変化はこれくらい。

口の左右にあったタルミが少し改善されている。

さらに、糸を入れた部分(ほっぺた)が腫れているので、顔の横幅は広がっている。

その影響ですこし丸顔に近づいた気がする。

これは、腫れが収まれば改善されるとは思う

まだ手術(施術)翌日でなんとも言えない状況なので、今後の変化は追って報告しようと思います。

とりあえず、現状はほっぺたが痛くて口を大きく開けるのがツライし、痛みもあるので食事は結構難しい。

柔らかい食べ物ならいいけど、肉など、硬めの食材は厳しいかも。

また、サンドイッチなど、口を大きく 開けて食べる食事もきつい。

分解して食べないとツライ(笑)

痛みは1週間ほどでなくなるそうなので、あと数日様子を見てみようと思う。

2022年9月30日(糸リフトから9日後)追記

9日過ぎて、顔の痛みもだいぶ収まったので現状報告です。

個人的な感覚としては、口のヨコ
(ブルドッグライン)のタルミがすこし改善された気がします。

ほっぺた部分は糸を入れた影響でまだ腫れていますね。

顔の横幅がすこし増えた気がしますが、その影響で
アゴがシャープになった印象を受けます(写真右側)

まだ口を大きく開けることができませんね。

無理してガマンして口を開けられなくもないですが、かなり痛いです。

食事のときも大きな口を開けられないので、
ハンバーガーとかお寿司の軍艦巻きみたいな
「高さ」がある食品を食べるのはけっこう大変です。

また、歯磨きをする時も口の中が痛いですね(笑)

特に、奥歯にデンタルフロスをかけるときは口を大きく開く必要があるので痛いです。

糸リフトのトゲトゲがほっぺたの内側から刺さって
ズキッとすることもあります(笑)

そんな状態ですが、痛みもだいぶ落ち着いてきたとは思います。

あと1週間もすぎれば、痛みも
ほとんど気にならないようになるのでしょう。

そう考えて生きております

おわり

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

私は男→女になる情報や、性転換手術が可能な日本国内、タイの病院をメルマガ読者限定で紹介しています。

→興味がありましたらこちらからメルマガ読んでみて下さい(無料です)

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム