【自分メモ】ぶらり韓国女一人旅に行くのでお金と準備を計算

みさきです。韓国ドラマでも有名なソウルに行こうと思いついたので、何が必要で何円お金がかかるのか調べてみました。

■韓国旅行に必要なもの

  • パスポート
  • お金(6万円くらい)
  • その他、現地で使うお金(個人差)

私は現時点でパスポートの期限が切れているのと、パスポートの性別欄が「男」になっているので再発行しなきゃですね

↑これはタイで性転換するために発行したパスポート。
取得したときは神奈川県に住んでいたんですよね、懐かしい。

発行したのは2016年です。

当時は発行してすぐ性転換するつもりだったけど、タイで性転換したのが2019年だったので発行してから使ったのは3年後だったなぁ懐かしい。

パスポート発行方法(東京都)

詳しくは東京都生活文化スポーツ局のHPに記載がありました。

「有効なパスポートをお持ちでない方(初めての申請など)」

私は有効期限切れてるので、新規発行に必要なのは…

(1)一般旅券発給申請書:1通(ここからダウンロード可能
(2)戸籍謄本または戸籍抄本:1通(役所で発行:コンビニでも可能かも)
(3)パスポート用の写真:1枚(そのへんで撮影)
(4)本人確認のための書類:1点または2点(免許証でOK)
(5)期限切れのパスポート(廃棄処分するらしい)

↓ ↓ ↓

以上の書類を準備したらパスポートセンターで申請するとOKらしい。

私は新宿のパスポートセンター(新宿都庁の中にある)が一番行きやすいので新宿に行こうと思う

パスポート申請の受付時間は

月~水曜日 午前9時~午後7時
木・金曜日 午前9時~午後5時
日曜日  (申請受付業務はナシ)

とのこと。(10月3日に行けたら行こうと思う)

パスポート発行の手数料

有効期限が5年間のものは1万1000円で、10年間のものは1万6000円とのこと。

圧倒的に10年パスポートのほうがコスパが良いので、こちらにしようと思う。

支払いはパスポートセンター内で収入印紙が買えるはずなので、それで支払うっぽい

※現金支払しか対応できないらしい

パスポートの受領(うけとり)

私は「前回旅券期限切れによる旅券申請」(つまり再発行みたいなかんじ)なので発行まで1週間ほどかかるらしい。

そして、本人しか受け取りできないらしく代理人はダメとのこと。

HP確認したら家に郵送してくれないっぽいので、
パスポートセンターまで取りに行く必要がありそう(面倒)

韓国旅行(ソウル)の金額

LCC(格安航空会社)のエアプサン(Airbusan)で調べたら往復2万円くらいだった。

飛行機の荷物代や現地での宿泊代は含めていないので、実際はもっとかかると思う。

HISの韓国ソウルツアーだと3泊4日で6万290円だった

先週やった顔面糸リフトよりもぜんぜん安い金額なので、海外旅行は意外と身近なんだなと感じた

これスゴッ…!一瞬で10歳若返り!!性転換した35歳元男性が選ぶたった1つの美顔施術がスゴイ

↑関連記事

家〜空港までの交通費

LCCやHISの格安ツアーを利用するなら「成田空港」に行くことになると思う。

成田空港って意外と遠くて、東京都新宿駅から2時間くらいかかるし、
電車代も1500円くらいかかる。

そして金額よりも大変なのが荷物を持っての「乗り換え」

駅にはエスカレーターやエレベーターあるけど、
やはり荷物持っての移動は本当に疲れるのでこれは本当に気が滅入(めい)る

新宿駅から成田空港まで1本で行けるリムジンバスもあるけど、
片道3000円くらいかかるので、私は電車で行こうと思う

(乗り換え大変だけど)

コロナ禍での韓国旅行は大丈夫?どうしたら行ける?

HISのWEBサイトを見たら10月31日出発までは以上のような感じらしいです。

私は11月に行こうと思っていたけど、11月以降は査証(ビザ)取得が必要らしいので、東京都港区にある韓国大使館(最寄り駅:麻布十番)まで行かないとダメかもしれません

陰性証明書の提出

コロナウイルスのPCR検査、陰性証明書を入国前に提出する必要があるらしい。

これは事前に自分で病院とかに行って検査する必要があるのだろうか。

(ちょっとよくわかんないので、海外旅行上級者の友人に聞いておきます)

■2022/10/4 追記

↑韓国渡航前のPCR検査について海外旅行上級者の友達に聞いてみました。

日本→韓国のPCR検査は事前で日本でやっておけばOKってことでした。

韓国→日本のPCR検査は韓国国内で帰国前にやっておく必要があるとのこと。

クリニックにもよるけど、金額は2万円とかけっこう高いらしい。

コロナワクチン3回目の注射をしていれば、韓国→日本に入るときのPCR検査は必要ないとのことなので、ワクチン注射しておいたほうが経済的かもねぇ〜

ってことで、私はワクチン注射してきました。

K-ETAの取得

そもそも「K-ETA」が何か分からないので調べてみたら
「Korea Electronic Travel Authorization(韓国電子渡航認証)」のことらしい。

2022年10月31日までは韓国のビザを取得しなくても大丈夫な代わりにK-ETAの登録が必要とのこと。

「K-ETA」

申請にはパスポートの番号やメールアドレスが必要。

私はまだパスポートを再発行していないので、
再発行してから申し込む必要がありそうだ。

11月以降はビザの取得が必要なので、K-ETAの登録はしなくても大丈夫かもしれない。
が、そのかわり、ビザ発行までには時間がかかるらしい。

ちなみに韓国のビザは日本国民であれば
協定により手数料が無料のようだ。
これはありがたい

検疫情報事前入力システム(Q-code)への入力

↑(※Google翻訳でリアルタイム画像翻訳しました)

駐横浜大韓民国領事館のHPに検疫情報事前入力システム(Q-code)についての詳細が載ってます

これもよくわかんないけど、11月以降も引き続き記入が必要っぽい。

コロナウイルスが世界的に流行した影響で海外旅行がかなり面倒になっているようだ(これでも緩和されてきたほうらしい)

韓国滞在中にかかるお金

海外情報満載のWEBサイトNEWTに色々情報が載ってました

費用の目安:5,000円~
韓国旅行でかかる観光の費用は、おもにNソウルタワー(1万ウォン/約1,037円)やロッテタワー(2.7万ウォン/約2,800円)などの展望台への入場料や、韓国民俗村(2.5万ウォン/約2,593円)や景福宮(3,000ウォン/約311円)などの観光施設の入場料です。入場無料のものもあり、観光費用やアクティビティ費用は5,000円あれば十分楽しめそう!

NEWT より引用

なるほど。

韓国ソウル旅行でかかるお金の合計金額は?

合計料金は1日5000円あれば観光できるっぽいので、3泊4日の滞在なら1万5000円くらいかな?

HISのツアー料金(¥60,290)+1万5000円で合計7万5290円あれば韓国旅行をそれなりに楽しめそうです

実際はもっとお金がかかるかもしれないし、もっと節約できるかもしれない…

あくまで目安って感じです。

韓国→日本帰国での規制や検査など

韓国から出国するぶんには何も規制がないらしい。

しかし、日本への入国には規制があるらしい。

規制の内容は以下

(1)3回目ワクチン摂取証明書あり

  • 出国前72時間以内の検査:不要
  • 入国時検査:なし
  • 入国後待機期間・場所:待機なし

(2)3回目ワクチン摂取証明書ナシ

  • 出国前72時間以内の検査:必要
  • 入国時検査:なし
  • 入国後待機期間・場所:待機なし

私はコロナワクチンは2回やったが、
3回はやってないので
「出国72時間以内の検査」が必要になるっぽい。

これはどうしたらいいの(笑)

韓国滞在中にやっておくのだろうか。

(これも友達に聞いてみます)

韓国滞在中のネット接続はどうする?

Google翻訳アプリなどはオフラインでも使える機能があるので、特に問題ないけど、私みたいにネットで生きてる人は海外旅行中にインターネットが繋がらないのは恐怖です(笑)

韓国の空港に行けば格安で滞在中のWi-Fiレンタルとかできるんだろうけど、韓国語も英語も話せない私にとっては不安でしかない。

一応、日本で契約できるグローバルWi-Fiの料金を調べたら
3泊4日の滞在でだいたい8000円かかるらしい。

これを安いと考えるか、高いと考えるか私には判断できないので、現時点ではなんも言えない(笑)

高いような気もするけど…どうなのだろう

韓国に行く理由

特に理由はないんですけど、ふと「このまま死んだら私は何に後悔するかなぁ?」と考えたんですよ。

別に病気でもないし突然死ぬことはないかもですが、ダラダラと日常を過ごしてるとそう考える時ありますよね(私はよく考えます)

そう考えた時に海外を知らずに死にたくないなぁと思ったので、とりあえずすぐに行けて価格も比較的安く抑えられそうな韓国に行ってみることにしました。

実際に行ったらまた色々と発見があると思うのでまた追記しようと思います。

2022年10月17日追記

韓国旅行はビザ取得がめんどくさそうなのと、
韓国観光で行きたい所が射撃場だったので、
ならいっそのこと思い切り射撃が楽しめるタイに行こう!

と思ってタイに行くことにしました。

詳しくはこちら

http://naowasada.xsrv.jp/archives/5364.html

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

私は男→女になる情報や、性転換手術が可能な日本国内、タイの病院をメルマガ読者限定で紹介しています。

→興味がありましたらこちらからメルマガ読んでみて下さい(無料です)

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム