いつ女になるか? 今でしょ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オカマは天才だったのか。


こんばんはー スザンヌみさきです。

もうすぐ3月15日になるってことで、
私は今日、確定申告に行ってまいりましたーー!

いちおー「青色申告」ですよ。
なんか仕入れとか消耗品費とか
そういう高校生の頃に簿記の授業で習ったような項目を書いて、
売上とか経費とか、をA4サイズの紙に書いてきました。


・・・

ただ、「事業所得」がプラマイでマイナスになっちゃったので、
事業収入の所得額が0で、税金かかりませんよー

ってことになりました(爆)

税金払わなくてよかったのはいいんだけど、
「それって事業者としてどーなのよ!!!」

と、大変落ち込みました。
ズドーンと肚(はら)にきましたね

なんていうか・・・
たまごっちを買おうと思って、3時間前からおもちゃ屋の列に並んで
くじが奇跡的に当選し、やっとこさ「買える権利」を獲得したのに、

イザ買おうとしたら、家に財布忘れてきてて、
その場でお金払えないもんだから、買える権利が剥奪され
半べそかきながら、おばあちゃんに慰められつつ
家に帰っていく。

そういう小学生時代の悲しみのようです。

肚にズドンというか、ぶすっときて、
ガバっと開いた感じ。 小腸がゴロッと出てきて
あらあらあら、大変だわ。

って感じです。

・・・来年は税金払えるように稼ぎま~~スw

さて、今日は私がいつもよくiPadで見てる、
Huluのドキュメンタリー番組の話。

ドキュメンタリー番組っていっても、
よく日本のニュース番組の途中でやってる
「派遣切りのAさんのその後」とか
「ニューハーフ家に帰る」とか

そういう暗くてダークなやつじゃなくて、
世界まる見え的な明るくて楽しくてユーモアのある
ドキュメンタリー番組です。
題して「華麗なる天才たちの頭脳」

あなたがiPadとかのタブレット端末で
Hulu見てるなら、この番組知ってると思います

詳しい話は壮大に省略しますが、
その番組に登場するのは前編を通して「天才たち」ばかり。

ある人は2~4歳の頃からチェスを学び、
大人になった今ではプロのチェス士(日本で言う将棋の棋士)でも
余裕のよっちゃんで勝てる頭脳の持ち主でになった。

そんな彼女(キャサリンと呼んでみる)の凄いところは
チェスをやる時、
普通の棋士のように考えこんだりすることはなく、
一瞬でコマを動かすことができる。

更に彼女はチェス版の駒の配置を
まるで人の顔を覚えているかのように、
一瞬で記憶できるのだ。

これは幼い頃からの積み重ねがそうしていき、
誰でも天才になることができる例。

私が注目したのは、チェスのキャサリンではなく、
番組の第三話に登場した、
天才ピアニスト少年の話だった。

その子は中国系のアメリカ人で、見た目は5歳のワルガキみたいな感じ。
髪の毛は黒、前歯は抜けてて、矯正をしてるので
「あーこういう子なら日本にもいるわ」と思える容姿。

見た目は完璧に5歳児で、友達と外でかけっこしたり、
自転車で友達に突っ込んだり(笑)
遊びも大好きな男の子

名前はリーくんだったかな?
リーくんは母親のいお腹の中にいる時から
音楽を聴かせてそだてた、超英才教育を受けている。

なので、天才的な音楽の才能は納得できるんだが、
ある科学者の意見によると、リーくんは
他の英才教育を受けた子供とは圧倒的に音楽の感性が違うのだとか。

モーツアルトとか、それくらいのレベル。
1万人に1人の天才児なんだそーです。

他の子が3歳でピアノで1つの曲を弾けるようになった頃、
同じ3歳のリーくんはピアノを自由自在に演奏していた。

その技術は大人顔負けの演奏だ。

科学者は言う

「彼は他の子とは圧倒的に違う天性の才能があります」

「たとえ英才教育をしてなかったとしても
リーくんはピアノを自由自在に弾いているでしょう」

科学的な意見を言うと、
そういう生まれながらの天才は、脳の構造が他の人と違うのだ。

他の子とは異なる脳の働きをし、考えるプロセスや
同じモノを考えるにしても、脳の使っている場所が全然違うのです

・・・・

・・・・

キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━!!!

この話・・・・・・・・・・・・

どっかで聞いたことあるぞ!

普通の人と、脳の構造が違う。
使っている場所が違う。

他の人と同じ教育を受けていたとしても、
生まれながらの天才は天才になるべくして育つでしょう

この言葉。

近いものを私は知っています。

男とは違う脳を持っている。

たとえ男として育てたとしても
女として生きる道を選ぶでしょう。

・・・

・・・

そう、性同一性障害だ。

医学的には「障害」とか言ってるけど、
フタを開ければ、普通の人とは脳の構造がそもそも違っている
天才だったのだ。

そうか。私は天才かw

自意識過剰ですいません(笑)

私っていうか、
私達はみんな天才だったのですよ。

ただ、天才は時として周囲に受け入れられなかったり、
理解されなかったりします。

ま、でも仕方ないです

「天才ですから」by桜木花道

そうか、このメールを読んでいる人って、
ほぼ90%が天才だったのか。

なんというメルマガを運営しているのだ私は・・・
ちょっと怖くなってきたぞ・・・

とまぁ、少し大げさに聞こえたかもですがー
そんなことに最近気づいたので
メールさせてもらいましたー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【秀才から天才になる方法とは?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドキュメンタリー番組で紹介されていたピアノの天才
リーくんも、生まれながらの天才ではありますがー

天才だったとしても、なんもしなきゃただの秀才止まりです。

ダイヤモンドも磨かなかったら
ただの石ころ。

リーくんは毎日8時間のピアノ練習を、
自らすすんでやってのけるのだとか。

しかも、夜眠れない時はベッドから起きてきて、

「ピアノ練習してもいい?」と
母親にねだるのだそーですw

そうか、天才ってのは、自分を成長させることに
楽しさや喜びを感じていて、
全くもって苦痛だとは思っていないんだな。

そういえば、友達(だと個人的に思っている)49歳MTFのRさんも
「女性化は大変だなんて思ったことないですwだって楽しいんだものw」

って言ってたな。

彼女もまた天才の一人だ。

私、個人的にはMTFってみんながみんな
天才であるし、無限の可能性を持ってるって思う。

どの方向に向かうかは本人しだいだけれども、
100人いたら1人くらいしかいないし、
普通の人には体験できない人生を送ることができる
そういう星に生まれたんだとも思う。

だから私は自分がニューハーフであることを誇りに思うし、
生まれ変わってもニューハーフになりたいなーと思うわけだ。

でもでも、まだ世の中には自分の天才を隠し続けている人がいるんだ。

まぁ・・・・それはいろんな事情があるから
私はなんとも言わない。

家族がいたり、子供がいたり、奥さんがいたり、
親から反対されたり、親戚の前では本来の自分を出せなかったり。

私も過去はそうだったし、
周囲の圧力に押されて動けなかった時代を
19年間も過ごした。

でも今はちょっとそれが変わったんだ。

なんで変わったのか、長くなるけど、
ちょっとだけ紹介しようかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【30歳までにホルモンやらないと死ぬ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

死ぬってのはちょっと大げさwだけど
当時の私はそれくらいの気持ちだった。

2ちゃんねるだったか、
ネットの掲示板で見たんだよ。

「30代までにホルモンやれなければ見た目は変わらない」

その書き込みを見た瞬間の年齢は18歳。

愛知県一宮市尾西のビードリームっていう
尾西自動車学校の隣にある漫画喫茶でだった。

金玉(睾丸)がある以上、男性は日々男性化していき、
顔の骨格もごつくなり、体格も男らしくなります。

肌質だって、35歳くらいまでは男らしくなります。

人間の成長は25歳で止まると昔は言われていましたが、
現在では30代~40代まで成長するということがわかってきました。

マジで!!!!!!!やべくね!?

正直私のタイムリミットはかなり迫っていました。

ブログでも散々いってますが、
私の身長は男性よりも大きめ、足だって大きい。
声も低いし、体毛はガレッジセール

18歳当時でも死ぬほど嫌だった自分の身体なのに
それがあと15年間ちかくも酷くなっていくのかと。

更に当時は女性ホルモンなんてやったことはなく、
注射をしてくれる病院もしらなかったし
そもそもそーいうことをやってくれる病院は日本で数件しかないと
思い込んでいたので、もう半ばパニックでした

クーラーが聞いた涼しい店内であるはずなのに、
わたしの背中には冷や汗ばっちり。ダラダラ流れていました。

20代でホルモンを始めた人の変化は大きいですが、
30代でホルモンを始めた人の変化は少なく
40~50代でもさほど変わらないようです

みたいな情報を耳にしてしまった以上、

「なんとか20代中。いや、10代が終わる前にホルモンを開始し
爆乳で色っぽいセクシー美女になるのだ!」

私の頭の中は日々、「あ せ り」の3文字に支配されていた。

仕事中も家にいる時も、寝る前も起きてからも、
うんこをしている時も、電車に乗っている時も

刻一刻と迫る期限。

誕生日?

それは時限爆弾が 爆発するまでの秒読みのようなものでした。

ヤバイ・・・・19歳になっちまったよ。

「このままボク、男のまま死んじゃうのかな?」

現実とは厳しいもので、私の焦りとは裏腹に、
お金がたまることはなかったし、
GIDのカウンセリングも進まない。

ホルモンを始める兆しも見えなければ、
手術費用がたまる気配も、できる機会も見えませんでした。

当時、居酒屋に勤務していた私の月収は
手取りで12万円。

少ない時は10万5千円とかだったよ、MAJIDE

更に、毎月の貯金は1万円?

いやいや100円くらいでした(苦笑)
貯まるはずがないお金と、過ぎていく時間。

焦るこころ、と変わらない現実、
変わらない給料。変わらない環境。

変わらない私。

でも確実に男度を増していく自分。

「正直ヤバイ」って思いましたね。

もう背に腹は変えられない状況でした。
このまま手を打たなければ、私はきっと一生このまま男で
過ごすハメになるのでしょう。

もともと鬱っぽい性格もあるので、
おそらく長生きする前に自分で自分へ手を下すかもしれません。

それは死が近づいてくるようなものでした。

で、思ったんですよ。

「自分で手を下すのなら、中途半端でも苦しくてもいいから、女として死のう」

そう思うようになってからは
心がスッキリしたとういうか、なんというか、
その後の行動が早かったっすね。

長くなってきたので、この続きはまたメールします。

Similar Posts:

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こいつが管理人です


管理人:スザンヌみさき

1987年7月生まれの九州男児もとい、おてもやん。
日本全国の隠れMTFをエロかわセレブ女子にするため女子度UP+セレブ情報配信中。
趣味は「スイーツめぐり」と「異文化交流」

▼詳しくはこちら

実績のようなもの


2016年3月の不労所得が47万6336円だったぜ。
不労所得(ふろうしょとく)ってのは働いてないで入ってくる収入のことね。
この月の労働収入はゼロ。臨時収入が3万9960円あっただけ
今後も働かずに稼げるよう頑張ります。

かうんた

最近のツイート

スザンヌみさき@4/1苗場
@suzannumisaki

このブログで使用しているテンプレ

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」