不足が本当に不足なのか考えてたら公園ステキだった

沖縄のTVCMを見てたら、グロンサンのCMで読谷村のエイサーな人たちが映ってた。

まいど、みさきです。

 

沖縄生活二日目。

引っ越した先の家に何もないので、朝から買い出しに行くことにしました。

とはいえ、起きたのは昼だったけどね。

 

前日、沖縄に来た日は朝早起きだった

それに、移動が多かったので疲れていたんだろう。

 

2日目は昼間で爆睡してた。

頭痛がずっとひどかった(汗)

 

頭痛薬を飲んで徒歩で買い物に行く。

沖縄はあらゆる所にガジュマルの木が生えている。

ガジュマル-Wikipedia

 

12月目前ということで、シーサーもクリスマスなコスプレ。

この写真には映ってないけど、半袖で薄着の女子高生が隣にいるからね。

そんな薄着でクリスマスってすごく違和感がある。

 

沖縄では当たり前の日常なんだろうけど。

所変われば風景も価値観も変わるなぁと思った

 

沖縄の県庁所在地、那覇市は「性の多様性を尊重する都市」だそうです。

 

ちょっと離れた隣の国、台湾では同性婚が認められた。

台湾と那覇は東京よりも近い所にある。

そういうのもあって、那覇は性の多様性を受け入れやすいのかもしれないな。

 

もちろん、台湾だって都市部と田舎では性の価値観も違うんだろうけどな。

 

脱線してきたな

 

「沖縄行った時の話」のエントリでも予告していたが、とうとう沖縄に移住した。

いまはもう那覇市民だ。

 

沖縄で気づいたこと、学んだことを忘れないようにするため

できるだけ毎日なにかしら動画なり日記なり書こうと思う。

 

とりあえず日付変わったけど今日の動画はこちら

 

動画で話しているように、不足しているモノを買い漁った一日だった。

沖縄は山がちな地形が多く、私が住んでる地域も起伏が激しい

 

自転車で移動は基本的に立ち漕ぎになりそうだ(笑)

徒歩では基本的に坂道を歩くことになる。

 

おもろまち駅とか、そっちの近くに住めばよかったかな(汗)

いまさらながら後悔しつつあるが(笑)

 

それよりも後悔してるのは、レオパレスのネット回線が遅すぎること。

さぁ、今後どうしていこうか?

対策を考えていかなきゃならなんのう。

 

今思っている対策としては、手持ちのモバイルルーターの契約を無制限にする。

そして、家のネットを解約する。

 

そうすればだいぶマシになる気がする。

 

家の家具や備品などよりも、そっちのほうが大事だ。

 

不足だと思って色々買い漁ってみたが。

実際には不足なんてことはないのかもしれない。

 

 

三線とパソコンがあればいいやと思って引っ越したのに。

いざ、引っ越してみると、パソコンでの作業もおろそかにしている。

 

本来の目的が忘れられてしまっているような。

そんな気がせんでもないな。。

 

というワケで今日からは本業の方に更に力を入れることとしよう。

 

そういうことが気づけた一日であった。

 

 

 

 

PS.

家から徒歩圏内に少し大きめの公園があった。

公園もやっぱり坂の上にあるんだけど(笑)

 

なかなか落ち着ける雰囲気だった。

私が行った時は子どもたちが遊んでて騒がしかったのだが、平日の朝や昼ならまだ静かなんだろう。

 

三線の練習を公園でするのもいいよね。

 

 

 

PPS

この花なんて花だろうな。気になるな。

 

 

 

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム