元男性(MTF)の私が満員の女性専用車両を使ってみた感想を書く

こんにちは、スザンヌみさきです。
私は沖縄県在住ですが、昨日から東京にやってきています。

成田空港から新宿駅まで電車で移動したんですけど。
東京の電車は人が多いですね〜!

私が電車乗ったのが帰宅時のラッシュアワーだったので特に人が多かったです。

そして女性専用車両もありました。

 

私は女性として生活してますが、
まだ戸籍の性別は男性です。

性転換手術(性別適合手術)もまだです。

そんな私ですが、女性専用車両(しかも満員)を使えたので、使ってみての感想を吐き出します。

結論から言うと、少しビビった事もあったけど。

特に問題もなかったです。

あるとすれば人が多すぎて驚いたくらいかな。

この記事を見ているあなたは私と同じMTFかもしれません。

近い将来のうちに。あなたも女性専用を使うことになるでしょう。

この記事がなんかの参考になれば嬉しいなあ

既に女性で生活してる人にとっては、女性専用車両は日常の一部かもしれない。

そうだったら、自分が初めて女性専用車両を使ってみた時の事を思い出してみてね。

 

どこで女性専用車両に乗ったのか?

私は東京の新宿駅(京王線)から明大前駅に向かう時に女性専用車両に乗りました。

京王(けいおう)線は新宿駅から西に向かって伸びる鉄道線です。

明大前(めいだいまえ)駅はその京王線の駅の一つ。

新宿駅から5駅くらい。

そんなに遠くないけど、私は間違えて特急に乗ってしまったらしい。

だからなのか、ぎゅうぎゅう詰めで乗っていた。

恐ろしいほどの寿司詰め状態。

身動きとるのも、立つのもやっとなくらいの満員。

マジ驚いた。

電車に乗る前の私は
「女性専用車両なら空いてるだろう」

そう思ってたけど、全くそんなことはなかった。

後からあとから人がじゃんじゃん乗り込んできて、見渡す限り人間の海になっていた。

人と人同士が密着しまくっている状態。

 

わたしの前と後ろと右側。
左側、ナナメ左側、などなど。

 

身体に6〜7人の乗客が密着してる状態。

 

見ず知らずの他人とこんなに密着するのは満員電車くらいなものだ。

 

東京で働いている人は毎日こんな生活してるのか???

ものすごく精神をすり減らすと思う。
体力も使うし、疲れるだろう

仕事で疲れた後にこんな状態で帰宅するなんて拷問だなと感じた。

奴隷を運んでる列車みたいだなと感じた。

 

 

私が満員のの女性専用車両に乗ったのは数分間だが。とにかく密着しまくってて身動き取れない。

これは新宿駅のラッシュアワーの京王線(橋本行き特急始発)だったので、ほかの路線や駅が違うとまた違うとは思う。

 

女性専用車両の違和感

私は沖縄に住んでいるので東京レベルの満員電車はあまり経験した事がないり

神奈川や埼玉にも住んでいたが、ラッシュアワーは避けていたので、満員電車は使わないようにしていた。

そういう経緯があるからだけど、満員電車は二度とゴメンだなと感じた。

乗っている人が女性でも男性でも関係ない

ぎゅうぎゅうに押し込まれて立つ事も出来ないくらいの列車には乗りたくないなぁ。

それが一番大きかった。

 

次に、少し違和感があった。

いままで私は女性専用車両はほとんど乗った事がなかったので、女性しかいない電車内に違和感があった。

純粋に慣れてないだけなんだけど。

初めて女性トイレを使った時のような、見慣れない環境に少しびびったのかも。

さらに。

目の前の50代くらいのおばちゃんが私のことを二度見したので、一瞬、男だとバレたのか!?

 

と、不安が頭をよぎった。

特に何も言われなかったし、ジロジロ見られることもなかったんだけどね。

もしかしたら「デカイ女がいるなぁ」くらいに感じたのかもしれない。

そのおばちゃんは身長150cm代だったので、私よりも20cmくらい背が低い。

 

目の前に壁のようなデカイ人が立ってたら二度見くらいするだろう。

そう考えたら私が被害妄想膨らませすぎだったのかも?

と、自覚した。

 

もし声をかけられたとしても、堂々としていれば良いという気持ちがあった。

それは私の人生経験が大きい。

中学〜高校時代に遅刻で先生に叱られまくった経験があるので、人から指摘されたり怒られるのに慣れたのかも(笑)

それは冗談だが、普段から堂々としていればいい。

そうすれば問題ないという気持ちがあった。

元男でも、生まれた時から女でも関係ない。

女子トイレでも日常生活でも堂々としていればいい。

ビクビクしていると何か後ろめたいことがあるのでは?と、相手も不安になる。

そこに付け込まれることもあるから、基本的に堂々とすることが大切だ。

女性声になったのも自信を支えていると思う。

話しかけられても声を出せば相手も女性だと感じてくれるだろう。

そうやって堂々としていれば問題はない。

私は何も問題のあることはしていない。

何かあればその時は事情を説明すればいい。

 

そうやって、万が一の事を考えておくと自然と不安は減って行く。

どうしよう?どうしよう?

と、悩むよりは生産的だし不安も減る。

 

いきなりそんな考え方になるの難しいかもしれないが、普段から意識すれば自然とできる。

 

女性と密着しても変な気分や欲情はしなかった

 

私はバイセクシャルので、男性も女性も恋愛対象なんだが、女性専用車両で女性と密着しても欲情とか変な気持ちにはならなかった。

 

むしろ、
「私のワキから変なニオイ出てないかな?」

「デオドラントしておけばよかったぁぁ!」

という不安の方が強かった。

 

冷静に考えてみれば、赤の他人と満員電車で密着しても変な気持ちになる人の方が少数派だと思う。

見ず知らずの人だし、狭いし、痛いし。

よほど好みのタイプで、自分が欲求不満でもなければ欲情とかないと思うのよ。

これは男性、女性に限らず同じだと思う。

些細なことだけど、面白い発見があって勉強になったかなぁ。

 

元男が女性専用車両使ってみた。まとめ

東京の新宿で女性専用車両に乗ったが、満員電車過ぎてキツかった。

私は女性専用車両に慣れてないから違和感あった。
けど、慣れたら違和感は消えると思う。

 

女性だけの空間でも堂々としていた方がパスしやすい。

声パスしてると心強いよね。

何かあっても事情を説明したらいい。

 

世間の人は性同一性障害やトランスジェンダーについて昔よりはるかに理解があるからだ。

それについては別の記事で書こうかなぁ。

 

 

今回は知人のMTFさんからリクエスト頂いたので記事にしてみました。

リクエストありがとうございました。

 

堂々としていればいいんですよ。

悪いことや犯罪をやってるわけではないんだし、法律も整備されてるんだからもっと堂々としましょ。

身の回りに反対したり差別する人もいるかもしれないけど、その人の価値観に騙されないように。

私たちは本気で女になるため努力している。

元男なのかもしれない。

でもホルモンや、手術までしているなら今は男とは言えないと思う。

元男・・・かもしれない。

でも、今は男ではない。

元男だから。
戸籍が男だから。

そう感じることは無いと思う。

もっと堂々として行けばいいと思います。

別に悪いことしてないんですよ。

犯罪でも無いんですよ。

だから堂々としましょう。

 

おわり

 

==================================

男に生まれた私ですが、10年前から女性として生活しています。

今も女子度UPのために肉体改造と美容に精を出しています。

というか、自分を磨いていくと、日々の変化が感じられるし楽しいから好きなんですよ。

私も最初からこんな人間だったわけじゃないです。

男時代は体格も良かったし肥満だったし、体毛も濃いし、声も低かった。

 

とても女としては生きられそうにないレベルの男でした

男の中の男って感じ。

 

そんな私ですが、女で生きるために努力していく中で、どうしたら女性らしくなれるのか?

どうやったら肉体が女性化するのか?

わかってきたので、10年のキャリを活かしてメルマガ読者さん限定で女性化方法をお届けしています。

メルマガは無料で読めます。

登録者には女性で生きるために必要な考え方や、どういう行動をすればいいのか?

って部分を話しています。

登録直後の自動返信メールでそんなプレゼントが受け取れますので、興味があればお気軽に読んでみてください

こちらからメルマガが読めますよ

→スザンヌみさきの女体化メルマガはこちら

 

メルマガ登録者限定で、全国の女性ホルモン注射できる病院の一覧もプレゼントしています。

2 件のコメント

  • 初めまして 今度 横浜に転勤になります
    久美と言います。MTF 5年目の46歳です
    で 女性ホルモンを打ってくれる病院を紹介して
    頂けたらと思い連絡した 訳です
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム