スザンヌみさきタイでの性別適合手術から3日後

スザンヌみさきという生き物です

タイで性転換手術してきました。

と言ってもこの記事を書いてる時点ではタイにいるのですが。

ていうか入院中なんだけど。

傷の痛み、お腹の痛みはかなり減りました。

ちんこだった部位は腫れもだいぶ引いてきています。

痛みもほとんどないです。思い出さないとちんこ手術した事を忘れそうなくらいどーって事ないです。

それよりもお腹がやっぱり痛い

ズキズキするわけではなくて、ずーんと思い感覚。寝返りすると、なんだかずーんが、ウグググって感じになる。

今朝から水やゼリーが食べられるようになったので食べてます。飲んでます

私は暇つぶしにインスタグラムをチラッと見るのですが、そこには沖縄のニューハーフ 友達や、東京のニューハーフさんが登場します(私がフォローしているから)

ときおり仕事中のシャンパンポンポンな動画が流れるわけですが、こんな具合の時にシャンパンポンポン見てたら私の気分はどんどん滅入って行きます(笑)

どんだけシャンパン嫌いなんだよ私

などと思いつつ。

たぶん感覚としては二日酔いの日のお腹の具合がすごく似ている気がします。

同時に軽い頭痛もあるし、おなかもなんか不調で、あったかいコンソメスープが幸せに感じる

そんな体調です

手術3日後だからこそ感じること

痛みや不快感はやっぱり手術直後が一番キツイです。

そりゃそうだ。

しかし、手術直前まで私は健康体だったわけです。

その体力と元気があったので手術の痛みも乗り越えられましたが、手術から3日も過ぎると、痛みや不快感が3日連続って事なので、体力よりも精神的に辛くなってきました。

もう、手羽先食べたい!

という元気もなくなり、いまはただひたすら寝たい。そう思うようになりました。

倦怠感とリハビリ

性転換手術から3日過ぎているので、そろそろ立ち上がっての歩行練習が始まります。

私も頑張って立ち上がる事まではできたけど、そこから歩くのはできませんでした。

また明日がんばろう

アテンドの加地さんはそうやって励ましてくれたけど、私は内心「こんなにキツイ思いをまたせなあかんの?」と思って心が折れそうでした。

口に出したらダメだと思うからいわなかったけど、ブログに書いちゃった(笑)

まぁ、弱音は吐きまくるけどちゃんと頑張りますのでご安心下さい

ちなみにリハビリのきつさは中学生の時の部活の合宿くらいきつかったです。

いや、合宿のほうがキツかったな。私は柔道部だったんですが、その練習のほうが死ぬほど辛かったので、それに比べればまだまだ楽させてもらってると思います。

次の目標は?

とりあえず私の人生の目標は終止符を・・

達成したって言い方のほうがいいかな。終わりました。あとはぬべーっと生きていけばいいです

今後のやりたいことなんてなんも考えてないです。

今、一番考えてるのは手羽先食べたい。手羽先食べられる身体になりたい。それが一番ですね

ご飯を食べられる

それだけで幸せなことなんだなと改めて感じます。

少し前までは大塚ホールディングスの社長になろうかなと思っていた私ですが、今はそんなよくわからない目標を立てて自分の未来を制限するよりも、見栄えとか、肩書きとか気にせずやりたい事を本気でやればいいんじゃないかなと思い始めています。

ここ2ヶ月の間、実に多くの人達と交流してよき刺激を受けることができました。

言い方悪いですが、過去の自分は死にました。そして感情も消えて人生が終わりました。

しかしそれは負の一面を保ちつつ、良い面の方が多いかなと思います。

私は良い面が多いと思うからこそ今後は新しい生き方を選ぶ事にしました。

ただ一つ言えることは、もう私は過去の私には戻れないし、戻る気もないという事です。

なんのこっちゃわからないと思うけど、過去の私を知っている人はもう過去のスザンヌみさきとは違う生き物になったんだなと。

そう感じてしまうかもしれません

それは性別適合手術が理由ではないのです。

私にはあまりにも多くのことがありました

いいこともわるいことも。

それがいきるということなんだと思っています

おわり

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム