第二次性徴で男性声化した喉を手術せず自力で女性の声にする方法

みさきです。

男性は個人差あるけど12〜15歳で変声期になり声が低くなり男らしい声になります

性別変更中の元男の子(MTF)にとっては文字通り死活問題。声の悩みが原因で死にたくなったり、声を出す事を拒絶して発声障害になる人もいます

私も似たような過去がありましたが、今では女性の声になって女性として女性社会で溶け込んで生きてます

もちろん私の声は、女性としては低い声の分類になるでしょう、でも特に問題なく生活できてます(笑)

そんな「声の女性化方法」を動画で解説したのでどーぞ!

よければ感想も聞かせてね

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム