【コンプレックス解消】デコボコのクレーター肌だった私がキレイになるためにやった事をすべて話します

スザンヌみさき(@suzannumisaki)です。

肌のボコボコって気になりますよね。クレーター肌ってやつですけど。

昔私もクレーター肌だったんですけど、改善するためにいろいろやってきました

具体的にどういうことをやったのか?

詳しく話します。

何をしたのか?

美容外科で肌に良いらしいレーザーを色々と試してみました。

興味があれば美容外科のHPなどで探してみてください

私が実際にやってみたのは「フラクセル」「CO2レーザー」「ダイヤモンドピーリング」などです

それぞれ特徴が違っていて、目的も違うので使い分けられてます。

詳しくは後述。

美肌レーザーができるのは医療機関のみなので、市販の化粧品や美顔器とは違った効果を期待できます

そのかわり、肌への負担も大きく、日焼け止めを塗る必要があったり、ダウンタイムができたりします。

例えば私が過去にやった「フラクショナルCO2レーザー」はレーザー照射した肌に無数の小さな穴が空くので、かさぶたみたいなのができます。

紫外線を浴びると炎症が酷くなるので、外出時は日焼け止めを塗ったり、帽子かぶったり、日傘さしたり、マスクつけたりして、紫外線をできるだけ避けるようにしなきゃなりません。

それだけ肌に負担がかかります。

医療機関でやるレーザーは、自分の修復力で肌をキレイにしていくという感じ。

例えば、傷跡も放置すれば治りますよね。

そんなイメージ(修復力)

だからレーザー照射後は痛みが残ります

なぜクレーター肌になってしまうのか?

クレーター肌になってしまう原因は大きく2つあります。

私がクレーター肌になった原因はニキビと、ニキビ潰しすぎから来るニキビの負の連鎖でした

1.ニキビ

炎症の強い「赤ニキビ」や「黄ニキビ」にまでニキビが進行してしまうと「重度のニキビ」になっています。

この重度のニキビは炎症によって、皮膚の「角質層を破壊」してしまうので、ニキビが治った後の皮膚は支えていた部分がなくなるので、表皮が陥没したようになります。

クレーターというか、「カルデラ」がイメージとして近いかもしれない。

ちなみに「赤ニキビ」ってのはニキビが炎症して赤くなっているやつです。

「黄ニキビ」は、赤ニキビの炎症が進行して黄色の膿(うみ)が溜まっている状態です。

私は中学生の頃にこの黄ニキビが顔中にできてしまってました。

できた原因としては、運動部だったのと、あまり風呂に入らなかったこと、洗顔をあまりしなかったのが大きな原因ですね。

そして、ニキビを面白がって潰しまくっていたんですが、ニキビを潰した後は顔の表面の皮膚が破れるので雑菌が入りやすくなります。

なので、余計にニキビが酷くなっていったんですね。

今なら皮膚科に行く所ですが、当時は皮膚科に行くという発想がそもそもなかったので放置してました。

そのせいで中学3年生頃にはクレーター顔になってしまいました。

私はこのクレーター状になった肌がずっとコンプレックスでした。

から早くなんとかしたいと思って行動したんですよね

2.皮膚炎

ニキビ以外の原因としては「皮膚炎」があります。

アトピー性皮膚炎とか、皮膚が炎症してしまう症状ですね。

これは肌にもダメージを受けやすいです。

根本治療をしないと何度も炎症を繰り返してしまうやっかいなやつ。

水疱ができてしまう人もいるようで、水疱を潰してしまった後に大きいクレーターが出来てしまうこともあるようです。

その他、加齢や肌のたるみによって毛穴が開いたりしますけど、これはクレーター肌とはちょっと違うかな。

スザンヌみさきとクレーター肌の歴史

私が最初に病院に行ったのは20歳の秋だったはず。

当時住んでいた家の近くに「美容皮膚科」があったのでそこで「ケミカルピーリング」をやろうと思ったのです。

ケミカルピーリングってのはなんだかお肌をキレイにしてくれるやつらしい。

私のクレーター肌もピーリングできれいになるかも?

そういう期待を込めて近所の美容皮膚科に行ってきました。

美容皮膚科のホームページには、「ケミカルピーリングが4000円」と書いてあったような。

とにかく、「意外に安いな!」と思ったので速攻で予約しました。

当時は愛知県の一宮市から愛知県の名古屋市今池に引っ越したばかりだったので、少しだけフットワーク軽くなってたのかも。

今池がどんな街か知りたかったのもあるかな。

美容皮膚科に行ったら「クレーター肌にはケミカルピーリングよりダイヤモンドピーリングのほうが良いよ」と言われたので、ダイヤモンドピーリングを受けることに。

ちなみに「ダイヤモンドピーリング」ってのは肌の表面の古い角質を削り落として肌の再生を促進する施術です。

微粒子状のダイヤモンドが付いている金属のバーを使うので「ダイヤモンドピーリング」と言います。

削ると言っても肌の表面のごく薄い所を削るので痛みはないです。

施術が終わった後は肌がすこし赤くなるけど、2時間くらいで落ち着くかなぁという感じ。

肌の表面を削っているぶん、紫外線などには弱くなるから、日焼け対策は忘れずに。

ダイヤモンドピーリングは1回じゃあまり目立った効果は見込めなくてだいたい5~6回する必要があります。

1回5000円だったらトータルで2万5000円くらいか。

美容レーザーとだいたい同じくらいか、少し安いくらいの金額ですね。

私はダイヤモンドピーリングよりも、効果が早いものはないか?

もっと効果があるものはないか?

そう思って調べまくってたら「フラクセル」というレーザーを発見しました。

当時はフラクセルが顔全体で15万円、ほっぺたの下部だけでも1回の施術につき7万円くらいしました。

「7万円はさすがに高い・・・」

と、思っていたけど諦めきれなくて結局受けることに。

フラクセル体験談。痛い

フラクセルを軽く説明すると、皮膚に無数の細かい穴を空けて修復力で皮膚を改善させようとするやつ。

当時見たホームページには、赤ちゃんの写真と、肌を修復って言葉が書いてあって、そのキャッチコピーに惹かれましたよね。

まじで!!

って心がドキドキ胸躍った感じ。

私がフラクセルを受けたのは名古屋の美容外科でした。

レーザーは痛みが伴うので、レーザー施術を受ける30分前くらいから準備して、顔に麻酔クリームを塗ります。

このクリームは10分くらいで効いてくるので、10分後にクリームを洗い流して、顔の汚れをキレイにしてからいざレーザーに挑むという流れ。

レーザーは

レーザーは・・・

クソ痛かった(涙)

顔の表面に麻酔してるから絶対痛くないと思ってたのに(涙)

麻酔しててこのレベルなんですか!?

ってびっくりした

あまりにもいたすぎるので、半べそかきながら先生に

「辞めて下さい、もういいです!」

って言っちゃったよね。

もうほんと痛かった。

でも、先生が

「いいんですか?後少しで終わりますよ?」

「ここで辞めたらせっかく支払ったお金ももったいないですよ」

と、悪魔のささやきをするので、泣きながら治療再開した。

ほんと泣きながらレーザー受けた(笑)

ああ、今となってはいい思い出(笑)

治療後はレーザーを当てた部位に後にかさぶたができて、数日後くらいからポロポロ取れていった。

レーザーを受けた後は「お、確かにいい感じになったな」と感じる自分のお肌と対面。

1回の施術じゃ完全にクレーター肌が治ることはありません。

でも私はお肌の調子がよくなって来たと感じられたし、かなり嬉しかった。

そして、お金を貯めてもう一度フラクセルを受けることにした。

あんなに泣きわめいて「辞めてください」って叫んでたのに、いい体験したからまたヤリたくなるという(笑)

そして、二回目のフラクセルレーザーも半べそかきながら受けたけど、1回目を知っているから心の準備も覚悟もできていて、二回目の施術はガマンできたかなぁと思う。

痛かったのは確かに痛かった。

でも、慣れていたのか一回目ほど騒がなかったと思う。

2回の施術で私は自分の肌に満足できるようになりました

もともと、ボコボコが酷かったわけじゃなかったんだろうが、当時の私としては申告な悩みだったのだ。

その後は、会った人から「お肌キレイですね!」って言われることが増えました。

自分の肌にはコンプレックスが強くて、まさか「キレイですね」なんて言われるようになるとは正直思わなかったです。努力すると人って変わるんだなぁ

その後もフラクセルじゃなくて「フラクショナルCo2レーザー」などのレーザーも受けていきました。そんな中でも一番痛かったのはフラクセルかなぁと思います

クレーター肌に悩んだら?

もし、クレーター肌に悩んでいるのなら、お医者さんに相談するのがいいと思う。

私はダイヤモンドピーリングやフラクセル、フラクショナルCo2レーザーといった、施術を美容外科で受けてきました。その結果には満足しています

そんな経験があるので、肌で悩んでいるなら、美容皮膚科や美容外科のスタッフさんや先生に相談して自分にあった施術を選ぶのが一番いいと思う。

病院によっては無料でできるから、気になるならメールで相談してみるのがいい

文章で伝えるのが苦手って人は、電話や直接美容外科に言ってカウンセリング受けるのがいいと思う。

確かに美肌のレーザーは痛いけど、痛いのは数分だし、真剣に悩んでいて改善したいと思うのなら勇気を出して行動してみたらいいんじゃないかなと思います。

わたしは鏡を見るたびにキレイになった自分の顔にニヤニヤするようになりました(笑)

お肌がキレイになれば化粧のノリも違ってくるし、若々しく見られることも増えるかもしれませんよね

というわけで、そんな経験があるので私は美肌レーザーは大好きでして、今まで何度も利用しております。

お肌に悩んでるならレーザーなども検討してみてはどうでしょうか

肌がキレイになったら生活はどう変化する?

私が美肌レーザーを初めて受けた時は20歳でして、当時はまだ「男」として生活してました。

女性ホルモンはやってたけど、服装や声は男でした。

美肌を手に入れたのをキッカケに、そんな私でも勇気を出してメイクにもチャレンジできるように・・・

なったような、ならなかったような(笑)

その後21歳から本格的にメイクをするようになんたんだけど、先輩やお客さんからは「肌キレイ」とはよく言われるようになった。

ま〜〜〜トータル14万円以上金かけてましたから、頑張ったかいがあったなぁと。

未だに肌キレイとは言われます。

でも、そこで甘えているとダメで、年齢と共に肌は衰えてくるし、最近は「ほうれい線」もぼちぼち目立ってきたので、そろそろなんか対策しなきゃなぁという感じ(汗)

顔の表情筋トレーニングしたり、顔がたるまないように美顔器使ったり、肌の保湿などもやっております。

これでダメだったら、また美容外科に相談しようと思います

クレーター肌改善まとめ

ボコボコのクレーター肌は美肌レーザーで改善できます。

レーザーは色々種類があるので、美容外科に直接相談するのがおすすめです

私が受けたのは「フラクセル」というレーザーなんだけど、フラクセルやってる美容外科は今少なくなり、ほとんどが「フラクショナルCO2レーザー」とか「エコツーレーザー」などになってるかなと。

エコツーレーザーは傷跡の改善にも使われているレーザーです

「自分の身体」は生きていく上での「資産」です。

身体が資本とか言うけど、資本も資産もだいたい同じ。

人生に価値を生み出してくれる基本的なものって意味です。

特にMTFの場合は、身体や見た目で性別を判断されてしまうので、見た目が美しいに越したことはないと思うのですよ。

それに、キレイなほうが自分だって満足できると思う。

モテるし、人当たりもいいし、色々とえこひいきされたり、パス度UPにもなる。

なので私は自分の身体には金かけるのが大事だと思ってます。

別にお金がたくさんあるから自分の身体に金を使えたわけじゃないです。

むしろ逆でして、私は自分の身体に数百万使ってきましたが、その一方で「自動車」とかは所有したことがないです。

車を今まで一度も持ったことがないです。

自動車の免許は持ってます。

22歳の時は、バイクに乗りたいと思って自動二輪の免許も取りました。

でも、それからバイクは1度も買ったことがないです(笑)

原付きバイクは買ったことあるけど、自動二輪の免許持ってるのに自動二輪買ったことがないという(笑)

自分の身体や美容にお金使ってたら自動車もバイクも買う金がなくなりました(笑)

まぁ、買う気がなかったのもありますが。

バイクも車も正直カッコいいし憧れるのは分かります。

ただ、優先順位としては自分の身体が優先かなと。

バイクや車がなくても生きてはいけます。私は九州のど田舎の山奥出身なんですが、田舎に居た時もバイクも車も持ってなかった。

車がないと困る仕事や地域ってあると思います。

それは仕方がない。

でも、もし車がオンボロでも10年落ちの古いクルマでも生活には困らないと思います。

壊れたら困るけど死ぬわけじゃない。

しばらくは友達とか知り合いに送り迎えしてもらったり、バス使ったりもできる。

キツイけど自転車も使えるかも

でも身体はそうはいかない。

MTFの場合、男で生活してると、24時間365日「男」が自分につきまとってきます。

それだけで嫌悪感あったり嫌な気持ちになって落ち込むこともあります。

「あれができたらいいな」

「こうだったらいいのにな」

そう考えてはそうじゃない現実を突きつけられて嫌になる。

私の場合はクレーター肌とかヒゲとか低い声とかがそうでした。

じゃあ、何もできないのか?

そんなことはなくて、自分の行動でどうにかできる。

例えば自動車欲しいし、バイクのカッコいいやつをローンで買おうかなぁなんて思ってたけど、バイクのローンやめて、医療ローンでSRSしちゃえば戸籍を女性にすることもできる。

私も過去にローンで手術しまくりまして、借金苦になってしまったんだけど(笑)

まぁ、手術はできました。

SRS手術も医療ローンでやりたいのだけど、審査に何度も落ちて、どこの会社からもお金借りれなかったので今は自力で稼ぐぞーと頑張っております(涙)

私はお金借りれなかったけど、会社員で勤続年数がそれなりにある人ならSRS代金も医療ローンで借りれるかも。

そういう方法もあるかなぁと思います。

もちろん、本当にSRS(性別適合手術)するかは本人がじっくり決めることなのですが、そういう方法もあるよって話です。

「トレードオフ」という考え方があります。

なにかを得るためになにかを削らなきゃならない。

今日のテーマであれば、「美肌」を手に入れるために「お金」を削らなきゃならない。

削るとは支払うという意味。

でも、それって当たり前なんですよね。

夜ご飯にハンバーグ食べるか、ラーメン食べるか?焼き肉食べるか?

ぜんぶ食べたいけど、ラーメンとハンバーグ食べたらお腹いっぱいになってしまって、ムリして焼き肉食べたら吐いてしまってメンマが鼻から出てきた・・・

胃の容量は決まってるので食べられる量は決まってます。

私達は日常生活で常にトレードオフな行動をしているのに、「お金」になるとトレードオフができなかったりするんですよね。

とくに自分の夢や目的を叶えたいと本気で思っていて、昔から何年も何十年も願っているののに「お金」というただそれだけの理由で行動できない人って本当に沢山います。

それってやっぱり「お金を失う恐怖」が強すぎるからだと思うのです。

なので、私としては「節約方法」にプラスして「収入UP方法」も学んだほうがいんじゃないなぁなんて思っております。

もちろん学ぶ学ばないは本人の自由ですけどね。

学んだ人だけが特をしているのが世の中です。

学ばないひとはずっと損してます。

客観的に見ればそれは【自分から望んで】損をしに行っているように見えます

美肌から話がだいぶ脱線したけど、ここらで終わります(笑)

世の中は美肌も仕事も節約も夢もMTFもすべてつながっているって事ですね

ではまた〜

メルマガ登録はこちら

スザみ
男性に生まれた人でも見た目や身体を女性に変えて生きることは十分可能です。

私がコレまでアドバイスした方々も短期間で見た目を女性に変えて今では女性で生活している人も多いです。

中には性別適合手術をして、心も身体も戸籍も女性になって第二の人生を送られている人もいます。

本人も「まさか人生がここまで変わるとは!」と驚かれています。

そんな方々の感想も含めて、こちらのページに詳しく書いていますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=====================

【下の画像をクリックすると、女性化情報が無料で手に入ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム