性同一性障害(GID)を理由に従業員を今すぐ解雇できますか?

こんいちにちはみさきです。

女性になったら職を失ってしまうかもしれない…

会社をクビになるかもしれない。

自分は男として就職したのに、女になるのは業務違反など
いろいろなものに触れてしまうので、解雇されるのも仕方がないんじゃないか?

 

この手の相談はとても多いです。

多くの人が気になることですよね。

はたして男から女になったことで、MTFは会社を解雇されるのか?

法律はどうなのか調べてみました

 

性別変更を理由に解雇するのは「不当解雇」になる

「戸籍の性別が男性でありながら、男性の服装をしなかった。」

そんな理由で性同一性障害の当事者(MTF)を解雇した会社が訴えられました。

 

判決が出たのは2002年6月20日の東京地裁です

「会社の解雇は不当である」という判決でした

 

つまり、

「女性になること」を理由にクビにすれば不当解雇になります

 

性同一性障害者解雇事件

本件申出をした当時には、性同一性障害(性転換症)として、精神的、肉体的に女性として行動することを強く求めており、他者から男性としての行動を要求され又は女性としての行動を抑制されると、多大な精神的苦痛を被る状態にあったということができる。

〔中略〕
そして、債務者において、債権者の業務内容、就労環境等について、本件申出に基づき、債務者、債権者双方の事情を踏まえた適切な配慮をした場合においても、なお、女性の容姿をした債権者を就労させることが、債務者における企業秩序又は業務遂行において、著しい支障を来すと認めるに足りる疎明はない。

性同一性障害者解雇事件-労働基準判例検索 全情報-

以上は2002年6月20日に東京地方裁判所が出した判決の一部です。

※事件名は「懲戒処分禁止等仮処分申立事件(性同一性障害者解雇事件)」

 

リンク先に全文あるのでぜひ見てみてください。

話の流れとしては…

性同一性障害のMTF当事者が会社に対して、「女性の服装で働きたい」と伝えていたのだが、会社はそれを却下。

しかし、当事者としては性同一性障害の診断も降りているし、女性名への改名もしている。

納得できない!

ってことで化粧して女性の服装で出社していたらしい。

それで頭にきた会社が性同一性障害当事者(MTF)を解雇した。

 

それを不服と感じたMTF当事者が訴えたという流れです。

(※この姉さん強いな・・・・・!)

 

判決として、解雇したのは「不当である」と会社側の訴えを一部却下しています。

しかし、MTFさんの対応には、身勝手な部分もあるとして、訴えの一部は認められています。

詳しくはリンク先の判例を読んてみてください。

 

MTFが裁判に勝つ確率はどれくらい?

過去の判例があっても100%勝てるわけじゃないです。

相手の弁護士が優秀で、自分の弁護士があまり有能でなければ負ける確率もゼロとはいえません。

 

とはいえ、性同一性障害や、女性の見た目になったことでクビにすることは違法だと言えます。

なので、自分のほうが有利な立場にはなるでしょう

もし裁判をするならLGBTに詳しくて実績のある弁護士を選べばいい

 

もし裁判に負けるとしたら?

賢い会社なら過去の判例を見て負けるとわかってるので、服装や性別にしない他の部分を裁判の争点にするはず

例えば、会社での態度が悪いとか。

仕事がぜんぜん出来ないとか。

会社の言うことを聞かないで自分勝手なことをするとか。

性別変更は問題ないけど、そのたの服務規律違反
無断欠勤や、常習的な遅刻など
会社の従業員に対する嫌がらせなど

そういうことがあれば、それを理由にクビになるかも。(その場合、性同一性障害に限らずクビにできるから)

真面目に働いてたら大丈夫だとは思いますけどね。

会社が女性扱いしないからといって、自分勝手なことをしすぎなければ大丈夫なはずです

 

裁判に勝ってもお金が自動的に振り込まれるわけじゃない

ところが、裁判所に支払いを命令された相手が、それに全く従わなかった場合には、そのままでは実はなにもおこらない。払わない相手が罰を受けるわけでもなく、裁判所が積極的に取り立ててくれることもない。裁判所は、いわば判決で命令しっぱなしで、あとのことは全く無関心でなにもしないのだ。

裁判に勝つことと取れること -法律コラムJ-net21-

裁判で勝っても、お金が必ず支払われるわけじゃないようだ。

相手が支払いに応じないこともあるらしい。

そりゃ困る。困るったら困る。

そうならないためにも「強制執行」という制度を使うこともあるらしい。

裁判に勝つだけじゃダメなんですね

 

女性化を理由に会社をクビになるのか?まとめ

法的には、MTFの女性化を理由に解雇するのはできないようだ。

でも、実際にクビにする会社はあるだろう。

その場合、こちらが裁判をすれば勝てる確率は高いが、勝った後に、お金がもらえるかは別問題。

優秀な弁護士を見つけないと「裁判に勝った」だけで終わることも。

 

とはいえ、自分は間違ったことをしてないとう気持ちにはなれますよね。

性同一性障害の診断書や、過去にこういう判例もあると伝えれば、会社側も女性扱いを認めてくれるかもしれません。

会社によってはウエルカムな所もあります。

 

「会社をクビになるのでは?」

と、不安になって何も身動き取れなくなるのではなく

 

「どうしたら女性で働けるかな?」と考えて行動したほうが生産的ですよね。

不安かもしれないけど、間違ったことはしていないのだから自信を持ってくださればと思います。

 

 

会社と戦うことよりも、「キミに辞められたら困る!」って人材になったほうが良いのかもしれません。

 

雇う側よりも、雇われる(従業員)ほうが立場が弱いです。

自由に自分らしく生きたいのなら、独立するのも賢い方法だと思います。

昔に比べると、業種によるけど自分で生計立てるのは難しくないですよ。

 

もちろん知識も技術も必要になりますが、お金はかなり安く済みます。

 

お金を稼ぐ方法

仕事の種類。

 

探せばいくらでもあります。

自分がどういう生き方をするかは、自分で決めていい時代になってます。

 

この記事が役に立てば嬉しいです

おわり

 

 

関連記事

 
【マンガも可】本をたくさん読む人の平均年収800万円、本を読まない人の平均年収400万円という事実

【GID-MTFの人向け】私がブログでお金について話している理由
 
ネットビジネス歴5年の私が初心者が用意するべきツール17選を紹介するぞ

======================================

私はインターネットだけで収入を稼ぎ生活しています。
なので、
会社にも住む場所にも縛られず自由に生きてます。

自分次第で収入を増やすこともできるし、
自動化してるので
働かずにお金稼ぐことも普通にやってます

もちろん、最初からネットだけで
生活できていたわけじゃないし、
最初はぜんぜん稼げなくて
毎日くやしくてないてた時期だってあります(笑)

しかも、借金が100万円近くあり、
銀行はすべてブラックで
会社の給料をすべて借金の返済にまわす。

という生活を送っていました。

 

高卒ですし、資格も持っていないので
就職できる会社や収入には限界があります。

更に、ニューハーフなので、
それを理由に就職が難しい部分もありました。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、
住む場所や会社に縛られない
自由な人生を手に入れました。

「雪が見たいな〜」と思ったら
雪国の北陸に行ってスノボしたり。

「海が見たいなー」と思ったら
沖縄や奄美に行って海を眺めてみたり。

「友達と遊びたいなー」と思ったら
名古屋や東京に行ってサバゲーしたり。

とにかく自由になって人生が超楽しくなりました。

 

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。

日々コツコツやること

そして、学ぶこと。

この重要性を知ってから
一人で稼げるようになりました。

同じようにやれば誰だってできる
単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私が、
ネットで稼ぐまでの話の詳細は
こちらの記事で公開しています。

これを読んだら
あなたもネットで稼ぐ方法がわかるかも!

スザみーの自己紹介

=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<


メルマガ登録よろしくです


私はインターネットだけで収入を稼ぎ生活しています。
なので、会社にも住む場所にも縛られず自由に生きてます。

自分次第で収入を増やすこともできるし、自動化してるので働かずにお金稼ぐことも普通にやってます

もちろん、最初からネットだけで生活できていたわけじゃないし、
最初はぜんぜん稼げなくて毎日くやしくてないてた時期だってあります(笑)

しかも、借金が100万円近くあり、銀行はすべてブラックで会社の給料をすべて借金の返済にまわす生活を送っていました。

そんな私ですけど、ネットを活用することで、住む場所や会社に縛られない自由な人生を手に入れ人生が超楽しくなりました。

やってることは日々覚えたことの積み重ねです。

日々コツコツやること。そして、学ぶこと。
この重要性を知ってから一人で稼げるようになりました。

同じようにやれば誰だってできる単純でシンプルなことです

借金苦で明日を生きるのもヤバかった私が、ネットで稼ぐまでの話の詳細はプロフィール記事で公開しています。

これを読んだらあなたもネットで稼ぐ方法がわかるかも!
=====================

【下の画像をクリックして借金苦だった私が何をやったのか?覗いてみる】


2 件のコメント

  • これはいわゆるS社事件ですね。伏せ字にしてますが地図屋の昭文社。じつは昨年私も会社相手に訴えを起こしたんですが、そのときにもこの判例使わせて頂きました。私の場合は解雇までは行ってなくて要求したのは女性装を認めさせることと、(できれば)セクハラ、パワハラをされた上長の謝罪要求でしたが。その過程でわかったんですが、客観的にこちらが有利だと言える事例でも会社側はいろんな手を使って裁判をあらぬ方向に持って行こうとします。セクハラ発言など証拠がなければ完全否認、期日に反論を出さず、次回に伸ばしますし、すぐにバレる嘘も平気でつきます。会社との関係がうまくいっていない場合は、その時点で訴える予定がないとしても、録音や日時や内容など事実関係の記録を欠かさないようにしたほうがいいです。

    • 実体験に基づく役立つコメントありがとうございます。

      弁護士さんのHPでも似たようなこと書いてありましたが、裁判は戦いなので、いかに相手を打ち負かすかって姿勢で争われるみたいですね。

      証拠は裁判時の武器になるので、たくさんあったほうがいいんですね。
      これから裁判を考えている人にとっても、かなり参考になる情報ありがとうございました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2011年からGID-MTF向けに性別変更情報とサポートをしています。今まで性別変更された方は数十名、手術をした方々は合計120名を越えました。おかげさまで「女性として生活できるようになりました!」との意見もたくさんもらえています。女性で生きるだけではなく、人生を楽しく豊かに生きるための情報も発信中です。ご連絡はお気軽に。スザンヌみさきへの連絡フォーム